ゴールド急落もETF金保有残は増加、ここからのポイント [大橋ひろこコラム]
2016/10/20(木) 20:35 大橋ひろこ

金ドル建て現物価格は9月FOMCで米利上げが見送られドル安となったことで1,343ドルまで上昇するも1,350ドルを上抜ることができずに反落しています。

10月4日に1,300ドルの節目を、7日には1,250ドルの節目を割り込み、6月7日以来の安値となる1,241ドルまで下落しました。12月の米利上げの織り込みが始まりドル高基調となっていることが、金には圧迫要因となっています。

皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ調査部門商品アナリスト森成俊さんにお話をうかがいました。

森さんは、金価格動向は引き続き米金融政策がカギだと指摘。
12月12、13日開催のFOMCで米利上げがあるかが焦点です。
11月8日の大統領選を受けての為替動向にも注意が必要ですが
その前の10月28日に発表される第3四半期の米GDP速報値にまずは注目です。

金市場へ中期投資資金・金ETF市場への資金流入は増加しています。

ETFの金現物保有高10月19日現在、1,307.72トン。
10月3日(急落前時点)の1,288.46トンと比べても1.5%増となっています。
年初の974.68トンからは約34%増加ですので、中期マネーは金市場への投資を
緩めてはいないことがわかります。

一方でCOMEX先物の投機家の買い越しは11日時点のデータで19万5,219枚まで減少。
9月27日現在、29万1,904枚まで増加し、買い過剰感が台頭していましたが、
手じまい売りが進み、買い過剰感はかなり解消しました。
金急落の背景には彼ら投機家のポジション整理の影響が大きかったと思われます。

また、金とプラチナ価格の逆転現象が長期化の様相を呈しています。
20日には330ドル近くまで拡大しました。

ここからの展望は?
詳しくはオンデマンド配信で森さんの解説をお聞きくださいね。

10月19日、20日と2日間はべったら市。TOCOMでもギター生演奏や夫婦漫才などのライブでお祭りを盛り上げました。

たくさんの方がご来場くださいました。誠にありがとうございました。

コメント