日経・東工取商品指数 限月取引スタート!豪華リスナープレゼントも [大橋ひろこコラム]
2011/05/02(月) 18:54 大橋ひろこ

リスナープレゼント!!金インゴットUSB

本日5月2日から日経・東工取商品指数の限月取引が開始されました。
今日取引がスタートしたのは3月限。記念すべき寄り付きは326.6pでした!!
原油や金高でインフレが懸念されますが、さて今後の推移は?!

皆さんご機嫌いかがでしょう、大橋ひろこです。
今日はTOCOM東京工業品取引所 執行役 小野里光博さんにお越しいただき「日経・東工取商品指数の限月取引」について詳しく伺いました。

今日は取引スタートを記念してTOCOMから番組をお聞きの皆様に
プレゼントをご用意いただきました。
写真をご覧ください~♪見事な金のインゴット!
手にした私も満面の笑み♪幸せな気分になりますね。
実はこれUSBメモリ。なんと本物の金箔が施されています。
I-O DATAと金沢「箔一」のジョイントで完成した
「GOLD INGOT USB MEMORY」です。
抽選で3名様にプレゼントいたします。
写真では重そうに見えますが、とても軽いので持ち運びもご心配なく。
これ、木製なんですよ。金箔を施すのには木が適している
ということのようです。そしてとても大きく見えますが遠近法(笑)
USBサイズですのでがっかりなさいませんように。

他にもメモパッドを10名様に。
是非、番組の感想をお書きの上、専用申し込みページから
どしどしお申し込みくださいね。



東京工業品取引所 執行役 小野里光博さんと

さて、本題です。
TOCOM小野里さんのお話をQ&Aスタイルでご紹介しましょう。

■そもそも日経・東工取商品指数とは?

日本経済新聞社と東工取が共同で運営する指数で、
東京工業品取引所に上場されている貴金属、石油、ゴム市場の
原則として全商品の価格を用いて算出されます。
東京工業品取引所市場全体の価格水準を総合的に表すものとして
高いインフレ相関、物価に先行する指数として各構成銘柄ごとの
「サブ指数」に連動したETFなども出ています。

■これまでの限日取引から限月取引になるということですが、
 どう違うのでしょう?

①限月制の導入
 これまでは取引期限のない限日取引
 5/2から限月制を導入。
 まずは2012年3月限の取引を開始し最終的には、
 3月限と6月限とか、6月限と9月限、といったように
 6ヵ月以内の期近2限月を常時取引できるような形に。
(導入時2012年3月限だけは少し長めの取引期間で、
 12月30日に2012年6月限が発会するまで1つの限月となる)
 
②最終決済価格(理論値)での決済
限日取引では、実質的に期限のない取引でしたが、
限月制の取引には、最終決済日、最終決済価格がある。

③取引単位の変更
現在は約定数値の5,000倍(1.0ポイント=5000円)だったが
これを2倍の1万倍(1.0ポイント=1万円)に拡大。

④レバレッジの向上による投資妙味の向上
倍率を2倍の1万倍(1ティック1000円の差損益)とする。

■個人投資家が取引する場合は、どうすればいいの?

・取引できる窓口
   20数社の商品先物取引業者に口座を開いて取引を行える。
   取扱業者はTOCOMのHPトップからTOCOM NEXT特設ページでご確認ください。

・必要証拠金 
 現時点では 11万円 

・取引可能な時間帯
   9:00-15:30(日中立会)、17:00-翌朝4:00

そして、今後セミナーなどの開催を通じて広くお知らせしていきます。

まずは来週13日の金曜日に東京都港区六本木の投資家が集まるカフェ
「ワールドインベスターズトラベルカフェ」でウェブ動画生放送を行います。

「コモディティ調査室」私がなんと司会ではなくてパネラー?!
コモディティのお悩み何でも相談企画となるそうです。
こちらも是非ご期待ください。

さて、お待たせいたしました。番組プレゼントのお申し込み先です。
申し込みは→コチラ!!
どしどしお申し込みくださいね。


コメント