TOCOM直接投資の金・白金ETF上場 [大橋ひろこコラム]
2010/01/27(水) 09:16 大橋ひろこ

NYの金や白金のETF市場はいまや金やプラチナの価格や
今後の動向を占うまでの存在に成長しています。
貴金属ETFはカルパースなどの年金基金等、
機関投資家などに注目される新たな投資先となっているのですが、
来月また世界の投資家の関心を集めるであろうETFが日本に誕生します。

大阪証券取引所は昨日、東京工業品取引所の金および白金の先物取引に
直接投資するETFを、2月15日に上場することを承認しました。
このETFは、国内の商品先物取引に直接投資する
国内籍ETFとしては第1号となります。
 
現在も金や白金価格に連動するETFは存在しますが、
このETFは東工取での値動きをリアルタイムで見ながら売買できるため、
機関投資家だけでなく個人投資家の利便性が高く、人気化しそうです!!
 
現在の金や白金の価格を適用すると、
いずれも3万円程度から投資できそうです。楽しみですね。

金ETFは、みずほ投信投資顧問が設定・運用を行う
「国内金先物価格連動型上場投信 受益証券(コード:1683)」で、
東工取の金先物の期先限月の清算値を対象指標とするものです。

また白金ETFは「NEXT FUNDS 
日経・東工取白金指数連動型上場投信 受益証券(コード:1682)」は、
日経・東工取白金指数を対象指標として、野村アセットマネジメント
株式会社が設定・運用を行うものです。

今日はオーバルネクストアナリスト小針秀夫さんにお話を聞きます。
このETFについても聞いてみますね。また夕方お会いしましょう。


コメント