金価格史上最高値更新! [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2009/10/07(水) 18:23 大橋ひろこ

東海林勇行さん 雨の中スタジオにお越しいただきました。台風が迫っています。

金が史上最高値更新しています。1000ドル台達成での高値更新、、、未踏の領域に入っています。
何故ここにきて金が買われているのか。

今日はオーバルネクストアナリスト東海林勇行さんに金市場を取り巻く材料についてお話を伺いました。

まずは為替市場。
昨年までの円に変わって昨今のトレンドはドルキャリートレード。
ドル売りがマーケットのトレンドとなっています。
ドル安は金のみならずドル建て商品価格の上昇要因。
今日夕方の一段の円高は野村證券の公募増資実施に伴う
海外投資家の円買いといった需給が背景にあるようですが、
昨日出てきたガルフ湾岸諸国と、中国、日本、ロシアなどが
原油取引の決済通貨をドルから新たなバスケット通貨で行う
計画を秘密裏に検討しいているというニュース。
これについては関係各国から否定のコメントが
相次いで出されていますが、心理的ドル売り要因であることには
違いなく、ドル安、金高が一段と進行する流れとなっています。

さらに、このバスケット通貨の中に、
通貨ではない「金」が組み入れられているという内容で
これがさらに金の価値を高めるものとして
強気されていると見られます。

今年はインドからの買いが殆ど入っていなかったらしいのですが、
インドの婚礼需要期終盤にはいって、
突然インドも買いに動き出したという話もあります。

ETF残高も再び増加傾向にありますし、
短期的には調整があるにしても
長期的には金は更なる価値を高めていくものと思われます。

、、、が。

東京工業品取引所の金価格はレンジの域を出ないんですよねぇ。
犯人は円高。
NYが史上最高値更新でも為替市場が88円台の円高では
頭が重いもの仕方がないか、、、。
今日3000円を越えられないというのにはジレンマもありますよね。

昨日のオーストラリアのサプライズ利上げの話や
今後の展望なども伺っています。

詳しくはオンデマンド放送を聞いてくださいね。


コメント