ご活躍です!高橋大樹さんと石川久美子さん [大橋ひろこコラム]
2009/07/08(水) 09:14 大橋ひろこ

原油相場は今年35ドルを割り込むところまで下落していましたが3月から6月にかけての3ヶ月で倍の70ドル台まで上昇。ゴールドマンサックスが85ドルなんて目標数字を出したものだから、どこまで上がるのかしら?と不安にもなりましたが、やはりこのプチバブルそろそろ息切れのようです。先週の雇用統計の数字が悪かったことから大きく下落し始めました。

原油相場って原油の需給を見ていればわかるってものじゃない。
投機資金が商品市場に流れ込むようになってからは、株価にも相関性が生まれ、
雇用統計などの指標にも大きく反応するようになりました。
マーケットというのは時代とともにその変動要因が
大きく変わって来るものですが、今、原油取引をするなら、
是非この本を手にとって見てください。

今年の3月までマーケットトレンドに原油相場についての分析、解説で
ご出演いただいていた高橋大樹氏がこの6月に上梓されたもので、
原油市場を取り巻く様々な要因は勿論、テクニカル分析についてや
相場観の養い方などを解りやすく、そして緻密に紹介されています。
特に原油、ガソリン、灯油などのエネルギー銘柄を使った
クラックスプレッドなどいろいろな鞘取引についても
その手法が解説されていますし、
TOCOMの新システムについての解説などもあって大変読み応えがあります。
これからエネルギー銘柄の取引をするなら必読の書ですよ。

ご活躍されているのは高橋さんだけではありません。
今週、おそらく世界初であろう外国為替専門のシンクタンク
「外為どっとコム総合研究所」の設立記者発表に出席してきたのですが、
この外為どっとコム総合研究所に、
この3月までマーケットトレンドに貴金属相場の分析、解説で
ご出演いただいていました石川久美子氏が研究員として入られました。
今後シンクタンクが発表する外為白書、リポートなどに
石川さんの文章が掲載されるかと思うと楽しみですね。

さて、今日の番組は
「原油市場の動向と今後の分析」
オーバルネクストアナリストの佐藤昌彦さんにお話を伺います。
また夕方にお会いしましょう。


コメント