経験則が通じない歴史的相場で、ドル/円は何に相関するのか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2020/03/27(金) 21:00

こんばんは、辻留奈です。
「岡安盛男のFXトレンド」最終回となりました。
岡安さんがマーケット・トレンドで為替の解説をして6年!
私はそのうちの2年半ご一緒しましたが、
岡安さん本当にありがとうございました!お疲れさまでした!


コロナショックを受けて、株も為替もボラティリティの高い歴史的相場が続いています。

今週の注目点は、先週までの金・債券・株の「全部売り」
ドル一強(とにかく現金化)の流れが収まったことです。
有事の金買い、円買いの流れが戻ってきています。

しかしドル/円はこれまでの経験則が通じません。
米金利や株との相関性が薄れ、
何を頼りに為替取引をすればいいのかわからない状況です。

米国の新規失業保険申請件数は328万件と
リーマンショックの10倍の数値となっても
ドル/円は「知っていました」という織り込み済みの反応でほとんど動きませんでした。

経済指標に反応するような、マーケットの正常化には
「WTI原油価格が45ドル付近(急落する前の水準)に戻ることが条件」
と岡安さんは話していました。


また週明けに無制限QE(量的緩和)を打ち出したFRBですが、気になるのはその行方。
世界中から金利が消え、QEで完全に緩和競争へ。
金融緩和の出口が見えなくなっているという指摘もあります。

そんななか岡安さんはFRBパウエル議長の
「新型肺炎問題がなければ、本来米国経済は強い」という発言に注目しています。
新型肺炎問題が落ち着いてくる頃には
「米国は早期の利上げを視野にいれているのではないか」と話していました。
米国が利上げをすれば、追随する国もでてくるでしょう。
ただし今回のコロナショックを受けて、新興国に体力があるかは疑問が残ります。

FRBの総資産は5兆ドルと過去最高水準。
FRBの無制限QEは、新型肺炎が終息したときに、緩和しすぎた副作用がでてくるのか、
あるいはこれだけ緩和してもまだ足りないのか。

この番組では見届けることができませんが、
ドルを歴史的な水準で供給し、量的緩和をしている以上、
「巻き戻し」や「逆回転」の動きへの警戒感が必要ですね。

「ドル/円を取引する上での新しいセオリーとして、どんなものがでてくるのか」
転換点にいる今、この答えを番組で見届けられないのが残念です(涙)


最終回、岡安さんのメッセージは
radikoタイムフリー・Podcast・Spotifyからもお聴き頂けます。


長らくお聴き頂きまして、本当にありがとうございました♪

サイクル・アストロロジーから読むNYダウとゴールド [投資α情報(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2020/03/27(金) 00:23

NYダウの年初来高値は2月12日。その後1本調子で歴史的な下落となっていますが、NY金の高値は3月9日。換金売りで急落しましたが、足下では急反騰。米国FRBの無制限QEがトリガーとなりましたが、金は強気転換でいいのでしょうか?!そして株式市場の今後は・・・・。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社 林知久氏をお迎えし
サイクル、アストロロジー、テクニカル分析から
株式、ゴールド市場の今後を展望いただきました。


米国株ダウ平均はサイクルの観点から
15年8月の安値を起点とする4年サイクルが
今月ないし来月までにボトムをつける、あるいは23日につけた可能性があり、
そうであれば今後の2~5週間は反騰局面となると林氏。

テクニカル的には22,000~23,000㌦付近に上値抵抗が重複。
来月中旬までにこの値位置を突破出来るかどうかがカギになりますが
突破出来た場合、米国株式は5~6月まで上昇基調が続く可能性も。

ただし、ダウの長期相場サイクルにはもう一つ
「6.5年サイクル」が存在しており
月足では既に2月高値でこのサイクルが天井をつけた事が確認されています。
仮に大きく戻しても26,000㌦、2月に発生した28,402~28,892のギャップを
埋めに行くのは難しいと考えられます。
今年の反騰が終わると、相場は来年から再来年に向けた
更に大きな下降局面が始まると思われる、と解説くださいました。



アストロロジーの観点からは水星逆行とヘリオ射手座ファクターの影響が
来週3月30~31日にかけて完全に終わります。
日本時間4月5日は「フォーキャスト2020」や
昨年末のメリマンスペシャルの中でも注目ポイントになっていた
木星・冥王星コンジャンクション(0度)の1回目が発生するため
今から来週一週間までの時間帯は相場の反転ポイントとして非常に重要です。


木星の影響が強い時間帯は株式にポジティブ、
一方で金にネガティブな動きを見せやすいのが特徴です。


次に反転ポイントとして重要になる時間帯は5月13日~6月25日の金星逆行。
ここ数年、フォーキャストブックでメリマン氏が指摘していた
「ザ・グレートリセット」が「山羊座のステリウム」の中で
ついに始まった印象があると林氏。


ここからの注目は存外、穀物ではないか?!とのこと。
その売買手法、そして目標価格など
詳しくはオンデマンド配信で林氏の解説を聞きくださいね。

http://podcasting.radionikkei.jp/podcasting/trend/trend-200326.mp3