ボラティリティ指数で読む貴金属市況 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2020/03/18(水) 20:19

有事の金と呼ばれ、リスク回避時に資金の受け皿とされるゴールド。

しかし、リーマンショック時も、そして今回のコロナショックでも売り込まれる事態に。NY金は年初1,521.00ドルから、新型コロナウイルスによるリスクの高まりで3/9には1,704.30ドルまで急伸しました。しかし、3月12日から一転売りこまれ3月16日には1,500ドル割れの急落地合に見舞われています。年初からの上昇を失ってしまいました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットエッジ(株)代表取締役 小菅努氏を
お迎えしお話しを伺いました。

急落に見舞われているのはゴールドだけではありません。
NY銀~1オンス18ドル水準での揉み合いから12ドル台まで急落
・GSR(金銀比価)は年初の85倍から120倍超えまで急伸。
世界同時金融危機でも85倍程度でしたので、異常事態です。


NY白金は年初の972.00ドルから1,000ドル台回復まで上昇していましたが
3/16は一時500ドル割れまで売り込まれました。半値です。

NYパラジウム。10年供給不足が続いており、現物不足から上昇が続いており
年初1,912.30ドルでスタートしたものが2月22日には2,789.80ドルまで上昇。
しかしながら、これも1,500ドル割れまで暴落しています。

1月中旬から新型コロナウイルス(COVID-19)が懸念されて
むしろ貴金属市場は強気を維持していました。

それがなぜ大きく崩れてしまったのでしょうか。

変化を促がしたのは、ボラティリティ環境だと小菅氏。
3月9日にVIX指数は50ポイント突破、3月18日には84まで急騰。
リーマンショックを超えています。

これを受けて、あらゆる投資家がポジションをクローズ。
つまり換金売りに一斉に動きました。
予想不可能な相場環境では「Cash is King」現金化が進むのです。 

一般的には、高ボラティリティ環境は金価格にポジティブなのですが
過度の高ボラティリティ環境では、
金でさえもポジションを維持できなくなるということでしょうか。

VIX80超は歴史上2回だけです。
過去には世界同時金融危機下で示現しましたが
この時もやはり金は売らました。

VIX20超えは「危機」のフェーズ、
30ポイント超えは「投資不可」のフェーズ、
80ポイント超は「何も分からない」フェーズだと小菅氏。


第一フェーズでは株価急落で発生した損失カバーの売り、
マージンコール対応で、含み益のある資産売却が起こります。

第二フェーズではリスク・パリティ・ファンドの
ポートフォリオ・リバランスが本格化。
リスクオン(低ボラティティ)で株買い・債券売りに動く彼らは
リスクオフ(高ボラティリティ)では株売り・債券買いに動きます。

そして第三フェーズでは運用資産全体の規模縮小、
全てのリスク資産売りが起こるのです。
足下で米債利回りが急反発していることが気がかりですね。


現状では、金先物はもちろん、金ETFも売られており
金先物市場の投機買い残高は依然として膨大であるため、
振るい落としで急落する余地は残っています。

小菅氏は2008年の経験から2008/10/24 VIXのピーク日が
金相場のボトム日となっていたことを解説。
今回も、おそらくVIXのピークアウトと金相場の底入れが
前後するものの一致する可能性が高いと指摘されています。

(この時、株価の底入れは2009/03/06 VIXピークアウトの4か月後でした)


株価の底入れではなく、ボラティリティ環境の正常化に向かうプロセスでは
金価格が敏感に上昇する可能性が高いことを覚えておくといいでしょう。

ちなみに白金相場の底入れは2008/10/27。
これもVIXピークアウトとほぼ一致しています。


詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で

小菅さんの解説をお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

小次郎講師のトレードラジオ講座~小次郎講師の教え10か条(前編) [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第3期]
2020/03/17(火) 22:17

皆さまこんにちは。陽和ななみです。

 

実は3月17日は私の誕生日でして、TOCOMスクエアに行くと大橋ひろこさんと山本郁さんから素敵な誕生日プレゼントを頂きました!!

 

かっこいい和紙の一輪挿しと、素敵な口紅とグロスを頂きました♪

ありがとうございます!!大切に使います!!

 

これからもステップアップしていけるよう頑張りますので宜しくお願い致します!


 

 

さて、小次郎講師のトレードラジオ講座では、第3期の大詰めに入ってきました。

小次郎講師が皆さんに伝えたい事10か条。今回は前半のその5までを教えて頂きました。

 

その1、投資に必勝法はない!

「簡単に儲かる」「勝率90%以上の売買サイン」「年間何百%の利益確実」などの言葉を世の中で目にする事がありますが、全部嘘だという事でしたね。

 

投資に必勝法はなく、楽して簡単に利益を出せる物ではないんですね。

 

 

その2、勉強して鍛錬してようやく勝てる!

スポーツや語学と同じように、勉強した後に沢山の練習をする事で技術が身につきます。

 

楽して簡単に儲ける事は出来ませんが、練習は裏切りません。勉強と練習を怠らなければ投資で資産を作っていく道はどなたも選ぶ事ができる物だと感じています。

 

 

その3、予想はよそう!

小次郎講師がよく仰っている名言ですね。

一目均衡表を作った一目山人氏やタートルズも同じことを仰っているそうです。

将来株が上がるか下がるか、為替がどこまで動くのか、分かる人はいません。

予想で売買していると、ただの勘に頼ったギャンブルのような投資になってしまいます。

 

 

その4、トレードを確率のビジネスと心得よ!

確率のビジネスという言葉がちょっと難しいですね。

 

皆さんはサイコロを振る「大数の法則」の実験をした事がありますか?

サイコロの1の面が出る確率は、6面あるので6分の1です。
ですが、たった6回振っただけでは1が出ない事もありますし偶然何回か出る事もあります。
サイコロを振る回数を60回、600回、6,000回と増やしていくと1の目が出る確率は段々と6分の1に近づいていくのです。

 

これが大数の法則です。

 

投資ではこの考え方を使って、自分に(確率的に)有利な局面で仕掛け続け、1回1回は勝ったり負けたりしますが1年などのスパンでは必ず安定的に勝っているという状況を作っていくのです。

 

一般のお仕事では市場調査や営業戦略、販売管理や決算書作成が必要なように、投資においてもビジネスと捉えてチャートを分析しトレードをルール化し、結果を分析するという作業が必要です。

 

 

その5、大数の法則で勝て!

 

大数の法則、先に書いてしまいました!汗

 

大数の法則だけが数学的に証明された唯一間違い無いと言える物だそうです。

是非サイコロを振って実験してみてくださいね!

 

私もやってみた事がありますが、用意するサイコロが1つだけだと振り続けるのがそれはもう大変ですので10個くらい同時に振るのがオススメです!

 

 

ななみんクエスチョンのコーナーでは大数の法則の逆?である「少数の法則」について質問していますので、是非放送で解説をお聴きください!

 

それではまた来週お会い致しましょう!

陽和ななみ

セキュリティー関連企業 [東洋経済新報社 田宮寛之さん]
2020/03/16(月) 23:01
本日のコメンテーター 東洋経済新報社の田宮寛之さんには
田宮さんの著書「2020年以降の業界地図 東京五輪後でもぐんぐん伸びるニッポン企業」から
田宮さんが取材したこれから業績の伸びが期待できる企業をご紹介頂いています。

今回は「セキュリティー関連企業」に注目しました。
世の中がグローバル化して、海外からもたくさんの人が日本に訪れるようになりました。
そうなるとどうしても事件・事故は起こりやすくなるもの。
それを防ぐための企業です。

本の第3章104ページから115ページの間に掲載されている企業の中から6社選んで6ご紹介頂きました。

「NEC(6701)」
顔認証技術世界一。東京五輪、ブラジル国内の14の国際空港、セブンイレブンのオーナーPCにも採用
指紋認証技術、サンフランシスコ市警で採用

「池上通信機(6771)」
監視カメラ技術。一度に144台繋げて監視システムを構築できる
パチンコ店などで採用

「ディー・ディー・エス(3782)」
指紋認証技術+指の汗の穴の配置で本人確認
写真にも写らない、偽造が出来ない

「アイホン(6718)」
不在時に不審者が来ると光で撃退し、不審者を撮影してPCやスマホに送信
米国の学校で採用

「CSP(9740)」
JR東日本関連会社で、Suicaを活用した子どもの見守り事業
子どもが通学等で駅の改札を通過すると親の携帯に報告

「オムロン(6645)」
顔認証の解析技術に優れている
正面からでなくとも、暗くとも解析できる

詳しくは、田宮さんの解説、田宮さんの著書でご確認下さいね。

今週の予定(3月9日~13日) [今週の放送予定]
2020/03/15(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

マーケットは歴史的転換点を迎えたのかもしれません。

コロナを震源とした世界同時株安に、
WTI原油価格急落が相場混乱に拍車をかけ、
これをきっかけにクレジット市場に深刻なショックをもたらすと
指摘する声も多く聞こえるようになりました。

ついには
安全資産であるはずのゴールドが買われずに、売られ
ゴールドを現金化する動きとなりました。

金曜日の日本市場は、
株売り、円売り、債券売りの「全部売り」となりました。

ショック相場に入り、落ち着きを取り戻せていないマーケットですが、
売買高をともなっての急落でもあるため、
これをセリングクライマックスと捉えていいのでしょうか?
それともまだまだこれから...なのでしょうか?

マーケットトレンドではコモディティの動きから読み解きます!

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

3月16日(月)

 

田宮寛之さん (東洋経済新報社 編集局 編集委員)

「セキュリティ関連企業」

 

 

3月17日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期

第11回「小次郎講師の教え10か条」

 

 

3月18日(水)

 

小菅 努さん(マーケットエッジ 代表取締役)

「専門家の目~今注目すべきコモディティは?」

 

 

3月19日(木)

 

亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)

「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

 

 

3月20日(金)

 

番組はお休み

 

ーーーーーーーーーーーーーー

日本株・円・債券・NYゴールド全部売り!ドル/円上昇は有事のドル買い? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2020/03/13(金) 20:30

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、101.10台前半~106.56で動きました。
(相当なボラティリティですので、ブログを読む時間によってはどうなっていることやら...)

米株・日本株ともに1000ドルを超える乱高下が常態化し、
各国でサーキットブレーカーが発動しました。
NYダウは2352ドル安と過去最大の下げとなりました。

危機が高まるなかでのゴールド売り(=現金化)
今日の日本市場では、株・円・債券のすべてが売られる全部売りの状態となりました。


日経平均が1800円超下げるなかで、ドル/円が106円まで上昇していく動きは
従来の「リスク回避の円高」では説明できない現象です。

一体何が起こっているのでしょうか?
まさか日本売りの円売り?
岡安さんによると「有事のドル買」の動きだと解説していました。


各国中銀も強調緩和に動きました。
・英は全会一致で0.5%の緊急利下げ・300憶ポンドの景気刺激策
・ECBは金利すえおきでQE(量的緩和)
・米は4月13日まで1.5兆ドルのレポオペ
 ⇒国債買い入れは600億ドル短期債に加え、中長期債まで拡充

コロナに対して金融緩和が効果がないとしても、中銀は何かしらやらざるを得ない状況です。
といっても、金利を下げるより、お金をばらまく(QE)のほうが効果的で、
リバーサルレート(金利の下げすぎが金融機関を弱体化させてしまう)を気にするECBが
金利を据え置いてQEのみを選択したことは良い選択だと岡安さんは話していました。

欧州株・米株は(20時現在)プラス圏で推移するなか、
日経CFDだけが売られています。これは一体何を意味するのでしょうか...?
オリンピック中止リスク?日銀に手立てがないから?

歴史的な動きのなか、わからないことばかりですが、
トレードをいったんお休みする方もそうでない方も
radikoタイムフリーかPodcastでぜひお聴きください。
(Spotifyでも聞けます)

それではまた♪

全25件中 11件〜15件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]