世界石油生産、OPECの存在感低下 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2020/01/16(木) 23:02

米国とイランの攻撃の応酬で波乱の幕開となった2020年。全面戦争は避けられたことと、次の焦点となっていた米中通商交渉も15日、第1段階の合意に署名がされたことから、米国株ダウ平均は再び史上最高値を更新する相場へと回帰しています。他方、供給リスク懸念から急騰した原油は大きく下落しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエモリキャピタルマネジメント代表 江守哲氏をお迎えし
2020年のマーケットを展望いただきました。

OPECプラスの協調減産が相場を支えているとはいえ、
米国の原油生産量は日量1300万バレルにも上っており、
原油需給がひっ迫するリスクは大きくありません。

地政学リスクが年初原油価格を急騰させましたが、
実際に供給障害が起こったわけではない中で、
本格的リスクへと発展しなかったことから
急騰分はきれいに剥落しました。

では需給の緩い原油はさえない展開が続くのでしょうか。

これまでOPECの石油生産量は世界シェア30%を超えていましたが
今月発表されたOPEC月報では29.4%にまで低下しています。

米国が世界一の原油生産大国へと躍り出た今、
OPECの減産が原油価格を押し上げる力には限界が。

しかしながら、米国のシェール生産もコストに見合わなければ
生産を停止してしまいます。
米国にも原油価格をコントロールする力があると見ることもできますが
今年は大統領選挙年。自動車社会である米国のガソリン高は選挙にも影響が。

ここからの原油見通しを江守氏に伺っています。

また、プラチナがいよいよ動き出した?!
1000ドル大台を固めることが出来るでしょうか。
プラチナ、パラジウム、ゴールドについても解説いただいています。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で江守氏の解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk