米中合意後の、金・原油相場 [日経新聞編集委員]
2019/12/30(月) 23:00
大納会。
TOCOMでも大納会式が行われ、だるまの目にも綺麗に墨が入りました。
TOCOMマーケットでは今日、金が上場来高値を更新しましたが
日経平均は、大納会としては29年ぶりの高値をつけましたね。
振り返ってみると、かなりリスクオンの一年でした。

足元では、12月13日、米中貿易協議「第一段階合意」が伝わると、
市場にはリスクオンの材料として捉えられました。

米原油先物の取り組みは、直近12月17日時点で、8か月ぶりの買い越し残高まで膨らんでいます。
9月半ばのサウジアラビアの石油施設攻撃の時でも、買い気になっていなかったのに
一気に買い越しが膨らんできたと
本日のコメンテーター日本経済新聞社 編集局 編集委員の志田富雄さん

米中合意は、これ以上の悪化は当面避けられたとの安心感をもたらし
リスクオンムードで、様々な商品の価格を上昇させましたが
非鉄相場を見てみると、景気実態そのものは決して良いとは言えないようです。

特に、世界経済一番敏感な銅相場、LME(ロンドン金属取引所)3か月先物を見てみると
今年一番の安値が、5,518ドル(2年ぶり安値)
去年の終値が、5,887ドル
直近終値で、6,200ドル台どまり。
金やプラチナなど

貴金属の上昇に比べると上げ幅はかなり小さいことが分かります。

これがモノから見た世界経済の実態。

金はというと
2つの側面で上昇いています。
安全資産としての側面が強く、リスクオンでは下落する金も
リスクオンムードに乗って、投資対象として買い進められています。
もちろん、安全資産としても買われています。
英国のEU離脱もまだ不透明感が残るし、米中問題も決して終わるわけではありません。

仮に、来年に入ってリスクオフになった時、金は
リスクオンでの上昇要素は剥落しますが、リスクオフで買い進められるので、
下げにくいことが予想されます。

詳しい、志田さんの解説は
radikoのタイムフリーか、Podcastでお聴きくださいね。

マーケット・トレンド、2019年の放送は今日が最後です。
2020年は1月6日(月)からです。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。
良いお年をお迎えください。

山本 郁


大納会
今週の予定(12月30日~1月10日) [今週の放送予定]
2019/12/29(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。


今年も1年間マーケット・トレンドをお聴き頂きまして、
ありがとうございました!!!
来年も引き続きご愛顧ください。
皆さんにとって、2020年もよい年になりますように☆


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

2019年12月30日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「米中合意後の金、原油相場」

 

 

12月31日(火)~1月3日(金)番組はお休み

 

 

2020年1月6日(月)

 

鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)

「株式市場の動向と今後の見通し」

 

 

1月7日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第3期

第2回「RSI研究(前編)」

 

 

1月8日(水)

 

新村直弘さん (マーケット・リスク・アドバイザリー 代表取締役)

「専門家の目~2020年のコモディティ展望」

 

 

1月9日(木)

 

小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

1月10日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

ーーーーーーーーーーーーーー

2020年に向けて金、原油 R・メリマンフォーキャスト [大橋ひろこコラム]
2019/12/26(木) 20:55

サイクルとアストロロジーで読む原油と金の動向

12月25日、レイモンド・メリマン氏の『フォーキャスト2020』の日本語版が発売されました。

また、26日、メリマン氏独占インタビューを交えた音声版フォーキャストも発売開始。

この番組でも触れましたが今年6月のNY金の上値抵抗突破はメリマン氏の2019年の予測が的中したうちの一つでした。9月にトップアウトし3か月に及ぶ調整を強いられていましたが、24日、再び1500ドル大台に回帰する大きな上昇を見せています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は投資日報社の林知久氏をお迎えしお話しを伺いました。

12月24日の上昇によって、11月の安値水準である1,450㌦、
更にここ数カ月の値動きから1,480㌦が目先のサポートとなってきます。

メリマン氏は『フォーキャスト2020』の中で
2019年12月±3カ月の何処かで「16カ月サイクル」のボトムをつけるとしています。
林氏も11月安値が16カ月サイクルボトムであった可能性を指摘しており
9月の高値水準である1,560㌦を目指すかこれを上回る展開が
来年の春ごろまでに出現すると解説くださいました。

逆にここから1,480㌦を割り込んだら見方を転換。
1,350㌦を目指すような弱気相場が最長来年3月まで続くとしています。


また、林氏は前回出演の9月26日に、原油相場について日柄と値幅の観点から
「遅くても10月下旬までに最悪50.00~50.50㌦付近でボトムをつけるだろう」
と解説くださいましたが、10月3日に50.99㌦を形成後に反発。
クリスマス直前に60㌦台を回復する上昇相場に転じています。

NY原油自体は15~23週間隔で安値をつける傾向があり、
12月第4週は10月安値から12週目。
現行相場は5~7週程度のサブサイクル3つで構成されており
11月20日の安値で最初のサブサイクルボトムをつけた公算が高いそうです。
12月第4週はそこから5週目なので、
日柄的には今後2週間以内に2番目のサブサイクルボトムが出現する公算。
11月安値が割り込まれる事がない限り、押し目買いポイントになります。
次は2018年10月の76.90㌦を試す可能性も。

目先想定される安値は57~58㌦。オーバーシュートで55㌦とのこと。


アストロロジーに関して、メリマン特番では土星を取り上げました。
来年1月13日の土星・冥王星コンジャンクション(0度)を含めた
「山羊座のステリウム」は超長期的な歴史の転換ポイント。


目先、ここ数カ月の相場と関連性がありそうな時間帯は
米国時間で2月16日~3月10日あたりまで続く水星逆行と、
3月21~31日に出現するヘリオ射手座ファクター。

どのようなことに注意が必要なのかについては
Spotifyのポッドキャスト配信で番組をお聞きいただくか

メリマンフォーキャストをお読みいただくか、
投資日報社のHP(https://www.toushinippou.co.jp/)をご覧ください。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「マーケット・トレンド」では、今年1年の感謝の気持ちを込めまして、
番組アンケートにお答えいただいたリスナーの皆様に抽選でプレゼントを実施します。


商品はこちら!
TOCOM投資手帳「CX FX STOCK DIARY 2020」(5名様)
ラジオNIKKEI・特製QUOカード500円分(5名様)

応募はこちらから

締め切りは12月27日金曜日です。
当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。
沢山のご応募お待ちしております!

門倉貴史氏に聞く2020年の世界経済 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/12/25(水) 20:09

メリークリスマス!

2018年のクリスマスは株式市場が暴落に見舞われ大荒れでしたが、2019年は静かにリスク選好相場のまま年末を迎えそうです。ダウ工業30種平均は連日のように過去最高値を更新していますが、株価が示すほどには実体経済がいいわけではなく、理論値と実績値に20%ほどの乖離がある?!2020年までこの相場続くでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエコノミスト・Brics経済研究所代表 門倉貴史氏をお迎えし
2020年のマーケット展望をいただきました。


米中貿易協議で第1段階の合意には達したものの
表面的・部分的で包括的な合意とはほど遠いのが実情です。
この問題はかなり長期間にわたってくすぶり続けることで
企業家の心理が悪化し新規の設備投資抑制、製造業の生産停滞により
景気は減速するリスクが大きいと門倉氏。


中国の景気も急激に悪化しており、昨年2018年はは6.6%成長で
28年ぶりの低成長でしたが、今年2019年は6%台前半まで低下する見込みです。
来年2020年はさらに5%台後半まで落ち込むとみられます。


これまで中国で活動していた企業が関税のかからない中国以外の国に
生産拠点をシフトする流れから、中国国内の雇用環境が悪化し、
消費も低迷しています。
国政府が発表している失業率の数字は5%程度ですが、
実態は15%を超えている可能性が大きいと解説くださいました。


そして20年東京オリンピックというビッグイベントを控える日本。
下支え要因としては事業規模26兆円の財政面からの景気刺激策が
あげられますが、この数字は民間資金も含めたもので、
政府の財政支出は4兆円程度。通常の補正予算規模とそれほど変わりません。
内容としては5Gの通信インフラ整備など中長期のプロジェクトが多く
即効性に疑問も。

また東京都の試算(2017年3月)によると、
今回の五輪開催で32・3兆円の経済効果が見込めるとの試算がありますが
これは2013年から2030年までの18年間の累計額。
1年あたりでみれば1.8兆円程度です。


そして一方、景気の下押し要因はやはり今年10月に始まった
消費税率の10%への引き上げ。
消費者は節約意識を強めてきており、東京オリンピックが終わった後に
景気が低迷する可能性は高いのですが、年前半は日本株が大きく上がる可能性に言及。

米国は今年利下げに踏み切りました。世界的な金融緩和局面が続くことから
過剰流動性マネーが出遅れていた日本株に向かう可能性もあると門倉氏。

ただし、それも年前半まで。
その後、ゴールドが魅力を増す可能性についても解説いただきました。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で門倉さんの解説をお聞きくださいね。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「マーケット・トレンド」では、今年1年の感謝の気持ちを込めまして、
番組アンケートにお答えいただいたリスナーの皆様に抽選でプレゼントを実施します。


商品はこちら!
TOCOM投資手帳「CX FX STOCK DIARY 2020」(5名様)
ラジオNIKKEI・特製QUOカード500円分(5名様)

応募はこちらから

締め切りは12月27日金曜日です。
当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。
沢山のご応募お待ちしております!



小次郎講師のトレードラジオ講座~平均足研究 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第3期]
2019/12/24(火) 23:16

皆さま、Merry X'mas ♪陽和ななみです!

 

クリスマスイブにも関わらず、TOCOMスクエアには今日も沢山の方にお越し頂きました!

いつもありがとうございます!初参加の方もいらっしゃって嬉しいです♪

 

番組スタッフさんがサンタ帽子を用意して下さっていたので、今日はお揃いサンタでお送りしました!

 

 

さて、今日からトレードラジオ講座は第3期に突入しました!3期ではテクニカル指標を使ったチャート分析を学んでいきます。

 

今日は平均足について教えて頂きました。

 

平均足もロウソク足と同様、日本で作られたものだそうです!上昇トレンドでは陽線が連続し下降トレンドでは陰線が連続するので見た目で分かりやすく、初心者の方にも使いやすいそう。

 

株式のチャートは窓を空けやすいというマイナス点がありますが、平均足は窓を空けないので、分かりにくい相場に出会ったら一度ロウソク足を平均足に変更してみると良いかもしれません!

 

 

平均足は、最初の1本目と2本目以降で計算式が違います

 

最初の1本は、前日の四本値を全部足して4で割ったものを始値、今日の四本値を全部足して4で割ったものを終値とし、高値と安値はそのまま今日の高値と安値を使います。

 

2日目以降は前日の平均足の始値と終値を足して2で割ったものが始値になるので、前の足のちょうど真ん中から次の足が始まります。

 

だから窓が空かないのですね!

 

始値以外の3つは1日目と同じ計算式で求められます。

 

 

少しだけ難しいのは「ヒゲ」についです。

ロウソク足と平均足では同じヒゲでも意味が全く違っていました。

詳しくはぜひ放送で小次郎講師の解説をお聴きください!

 

 

トレードラジオ講座もTOCOM投資スクールも今日は2019年最後のお届けでした。

1年経つのは本当に早いですね。

 

 

TOCOM投資スクールでは小次郎講師は衣装チェンジ♪トナカイ姿に変身されていました!

 

 

2019年は色んな投資商品が上がった年だったそうです。

クイズの1問目は、「今年のはじめから一番上昇したものは何か」という内容で、答えは「WTI原油」だったのですが、実はこのクイズ、引っ掛け問題だったのです。

 

原油のチャートを見る方はお分かりになると思うのですが、原油は今年前半上がったもののその後は下げてもみ合いになり、4月の高値を更新できないまま今に至ります。

 

実は、問題文の「今年のはじめから」という部分がひっかけなのです。

 

 

原油は2018年後半、76ドル近辺から42ドル辺りまで大きく下がりました。2019年は下落の底の部分から始まっているため、今年だけに注目すると大きく上がっているように見えるのですね。

 

実際には2018年後半の下げをまだ回復していない状態です。

 

株や原油が下がり始めた2018年の9月を基準に考えると原油は-16.9%と最下位。基準を変えるだけでこんなにも違うのですね。

 

 

 

もうすぐ始まる2020年は、アメリカ大統領選、東京オリンピック、参議院選も行われる可能性があり相場が大きく動くかもしれません!

 

大きく動くのは上か下か、リスクもたくさんあります。

 

米中貿易戦争にトランプ大統領の弾劾裁判、香港問題、北朝鮮問題、イギリスのEU離脱問題、サウジアラビア対イランの問題...多いですね。

 

今上がっている株が年末年始を挟んでどのように動き出すのか、大大大注目です。

 

 

例年大発会が行われるのは1月4日ですが、2020年の1月4日は土曜日です。そのため今年は大発会が6と、例年よりも遅いです。

世界の相場は2日から動き出しているので、かなり遅れを取ってしまいます。

 

 

そこで注目すべくは「くりっく株365

NYダウ、日経225、ドイツのDAX 、イギリスのFTSE100が1月2日から動き出します。

この動きをチェックしておけば6日の日経平均がどのような位置から始まるのか推測できるので、とても重要です!

 

 

次回のトレードラジオ講座とTOCOM投資スクールは大発会の翌日、1月7日です!

 

 

 

改めまして、本年もありがとうございました!

2020年もどうぞ宜しくお願い致します♪

 

陽和ななみ

 

 

全28件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]