香港人権法案サインもドル/円は行って来い、リスクオン継続か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2019/11/29(金) 23:10

こんばんは、辻留奈です。
だしたてホヤホヤのクリスマスツリー、TOCOMスクエアに見に来てくださいね。

今週のドル/円は、108.50付近~109.61で動きました。

週明け、注目されていた香港区議会選では民主派が圧勝し、
中国に対して国際的に改めて逆風が吹く結果が出ました。
その後、好調な米の経済指標や連日の米株3指数最高値更新で、
リスクオンムードに包まれ109.61をつけました。
しかし翌日、トランプ大統領が香港人権法案にサインし、
いったんリスクオフに転換...したように見えましたが、
一夜あけると再び109.60をつけ、ドル/円は行ってこいとなりました。


ユーロ/ドルは「1.10の攻防」の1週間、
1.10を割り込む場面はあったものの下値追いとはなりませんでした。


今日は岡安さんに、3点聞いてみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①香港人権法案サインのタイミングが意味するものと今後への影響は?

②ドル/円 109.61は5月下旬くらいの水準、
 5月下旬の米金利は2.2%に対し、現在の米金利は1.7%、この差から今のドル/円をどうみる?

③中国経済への懸念もあるなか、利下げ観測のある来週のRBAは?
 豪ドルの見通しは?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ドル/円は日足でみると、長らく200日線が一番上を走っていたのですが、
25日線がようやく200日線を上抜きそうなところにきています。
このまま一気に勢いがつくのでしょうか?

3つの質問に対する岡安さんの答え、そしてドル/円の予想レンジは?

詳しくはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!