2つのリスクがクリアに。明日ブレグジッド協定案は英議会採決なるか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2019/10/18(金) 20:00

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、108.29~108.93で動きました。

今週は2つのリスクが良い方向へ。
①米中通商協議「第1段階合意」
②EUと英がブレグジッド離脱条件で合意
 北アイルランドに税関を設けない
 北アイルランドはEU単一市場に部分的にとどまり、今後については4年後に判断

昨日、EUと英でブレグジッド協定案合意と伝わり、
ポンド/円は141.49  ポンド/ドルは1.2990まで急騰しました。

ポンド/円はこの1週間で6円も上昇し、凄まじい勢いで買い戻されましたが、注目は明日!
EUと合意したこのブレグジッド協定案を、今度は英議会で採決できるのか。
メイ首相もここで断念しました。

果たして、ポンドのショートカバーがはまだ続くのか?

岡安さんは
10月末ギリギリのサプライズ合意か、延期となる公算が大きく
「ポンドはロングしてみたい」と話していました。

合意なしで、ジョンソン首相が10月末にEU離脱する
最悪のシナリオとなる可能性は低いとみていて、下げ幅は限定的と考えています。

ただポンドは、動きが出てからトレンドに乗っても
充分間に合う通貨ということで、
いったんポジションを手仕舞ってから、トレンドに乗るのもよいということでした。


もうひとつのリスクであった米中通商協議で関税を延期できたことについて、
「もっとドル/円はリスクオンで反応してもよかった」と岡安さんは話していました。
また「香港人権法案」はそれほど気になる材料でもないと話していました。


ファンダメンタルズ的にはリスクオンムードなのですが、今週のドル/円はあまり動かず。
108.90付近まで上昇することは何度もありましたが、上抜けすることができませんでした。

この近辺にはボリンジャーバンド上限(2σ)や
フィボナッチ50%がひしめきあうため、システムトレードの影響もあると話していました。

さてこのムードのなか、岡安さんのドル/円の予想レンジは?

続きはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月3日日曜日午後2時30分から、東京・日本橋「TOCOMスクエア」で、「マーケット・トレンド」の公開録音イベントを開催します。
おなじみ小次郎講師こと手塚宏二さんと、今後の相場展望と投資戦略を考えていきます。
このイベントに、40名様を無料ご招待!
来場者全員にプレゼントをご用意するほか、素敵なプレゼントが当たるお楽しみ抽選会もご用意しております。
詳しくは下記リンクからご確認ください。
お申込み詳細はこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・