貴金属市場の動向と今後の見通し [大橋ひろこコラム]
2019/10/31(木) 20:33

金相場は、今年6月初旬まで1266~1,346ドルのレンジ相場を形成していましたが6月19日FOMCでの声明文が利下げを示唆するハト派の内容であったことからドルの先安感が強まりレンジをブレイク。その後、米中通商交渉への不透明感から9月4日に1,556.65ドルの高値を示現、現在は1500ドルを挟む攻防で再び膠着相場に入っています。

昨日10月30日のFOMCでは今年3回目となる利下げが発表されるも、予防的利下げの終了が示唆されたことから、金相場には大きな材料とはなっていません。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品投資部門アナリスト森成俊さんをお迎えしお話を伺いました。

米10年債の利回りは2018年10月には3・2%台まで上昇していましたが、
1年後となる今年10月は1.80%台での推移。
昨年10月は株式市場が大きく崩れましたが、
今年は低金利環境がリスクテイク相場を演出しているようです。

低金利は金市場にとってポジティブですが、
同時に株式市場にとっても支援材料であり、
株も金も高値圏での推移となっています。


NY金先物市場では大口投機家のポジションの買い越しは、
9月24時時点で31万2,444枚まで拡大しました。
現在では、中東情勢の落ち着きから25万枚台にまで縮小していますが
まだ買い越し幅は大きいですね。

金ETFであるSPDRの金保有高は10月30日時点で915.5トンまで増加。
機関投資家らは、金市場へと資金をシフトしている傾向が見て取れます。

GFMSが5月1日に発表したゴールド・サーベイ2019によると、
昨年の各国中央銀行など公的部門での金の需要は536トンとなで、
2017年の366トンから大幅に増加。
2012年に544トンを記録して以来の高水準となりました。
地金、金貨の投資需要が2017年の1,031トンから923トンに減少した分を
補う恰好となっています。


プラチナですが今年3月上旬から4月上旬にかけて南アの鉱山スト、
電力不足による減産など上昇基調となり、
4月8日には昨年5月以来の高値となる915ドル台に上昇しましたが
上昇は長続きしませんでした。
プラチナは中国の景気動向、自動車販売台数がカギを握る側面が大きいのですが
2019年1-9月の中国の新車販売の累計販売台数は10.3%減の1,837.1万台。
減少率は縮小しているが、通年で前年比2ケタ減となる不安があります。

プラチナETFの現物保有量は28日時点でNYが24.34トン、南アが31.70トンです。
6月のFOMC前の6月17日はNYが21.16トン、南アが31.62トン。
金のETF現物保有量が大幅増となったのに対し、プラチナは微増。

プラチナ相場の今後は?!
詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で森さんの解説をお聞きくださいね。

中東情勢の緊迫化とOPEC総会 [大橋ひろこコラム]
2019/10/30(水) 20:11

9月14日サウジの重要原油生産設備へのドローン、ミサイル攻撃で、一時的にサウジの原油生産が日量570万バレル停止したことで急騰した原油価格。ところが、高値は続かず原油価格はレンジ内で膠着気味です。


イエメンのフーシー派が犯行声明を出していますが、実際のところ誰が攻撃したかは不明。国連調査団も調査中だがまだ結論は見えていません。地政学リスクは原油価格の押し上げ要因となりますが、サウジの生産回復が早かったことで、足元では需給が相場のテーマとなっているようです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト 藤沢治氏にお話を伺いました。

10月11日には、サウジのジェッダ沖合の紅海でイラン所有のタンカーが
攻撃されて爆発するというニュースがありましたが、
これに原油市場は反応せず。
WTIは$52-57のボックス圏推移しています。

全面戦争はどの国も望んでいないと思われることで地政学リスクが
マーケットに及ぼす影響は限定的とみられることや
世界景気後退への懸念から、世界の石油需要の伸びの鈍化が
原油価格の上値を抑えてしまっているのです。

足下ではOPECプラスが12月5-6日のOPEC総会で
現在の減産枠をさらに強化するとの期待が下値を支えていますが、
加盟国が足並みを揃えられるかは疑問。
藤沢さんは、価格を押し上げるためには
更に日量50万-70バレルの減産が必要だと解説くださいました。

しかし、OPECプラスが減産を継続しても米国の原油生産は増加の一途を辿っています。
8月中旬に新しいパイプラインがパーミアンからテキサスへのパイプラインが操業開始。
年末までにあと2本のパイプライン敷設が完工し操業を開始する予定です。
これによってボトルネックが解消、
生産した原油はどんどん輸出に回すことが可能となっているということです。


OPECプラスの減産、米国のイラン、ベネズエラ制裁の生産減があっても、
米国の原油生産は増加することが、原油の上値を抑えている側面も。

EIAの週間統計では、米国のお原油生産量は日量1,260万バレルで過去最高水準。
石油掘削リグの減少があっても、リグあたりの生産量が増加しているため
原油生産は増加基調にあり、現在では掘削リグ数は生産量との相関性はありません。


ではここからの原油価格展望は?!


詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~信用取引とは? [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第2期 ]
2019/10/29(火) 23:37


皆さまこんにちは。野中ななみです。

先週は即位礼正殿の儀のためお休みでしたので、2週間ぶりのトレードラジオ講座とTOCOM投資スクールでした。

 

この2週間で急に冷え込みましたが、お風邪など引かれていないですか?

 
TOCOMスクエアは南瓜が飾られてハロウィン仕様になっていました♪

 

今回のトレードラジオ講座では、信用取引について教えていただきました!

信用取引を使えば投資資金の3.3の取引ができますし、売りの取引もできるようになるので絶対に知っていなければいけない知識だなと感じました。

 

出てくる用語が難しいのですが、買いのみ・現物取引のみという場合よりも何倍もチャンスが広がりますよね。

 

 

信用取引のメリットのひとつに空売りが出来るという点があります。売りから始める取引で価格が下がれば利益が出るのですが、株を持っていないにも関わらず売るというのがどうも難しく感じていました。

 

その点を詳しく教えていただいて、長年の疑問が解決しました!

 

 

空売りをする時には日本証券金融、通称日証金から株をお借りするそうです。

株価が現在2,000円の銘柄を100株借りたとすると、2,000円×100株で20万円。

借りてきた株を売る事でこの20万円のお金が手に入ります。

 

その後株価が1,000円に下落したとします。

 

今度は1,000円で100株買うと、1000円×100株で10万円がかかります。

 

ここで買った100株を、お借りしていた日証金にお返しします。これで返済は完了です。

20万円のうち10万円を使ったので、残りの10万円が利益として手元に残る

 

これが空売りで利益を出す仕組みだったのです!

 

 

とっても分かりやすい。

 

信用取引のメリット・デメリットについて詳しく教えていただいているので、是非放送で小次郎講師の解説をお聴きください。

ラジコやポッドキャストから聴く事ができます。

 

 

 

 

TOCOM投資スクールではこの2週間で変化が生まれた相場を詳しく見ていきました。

 

アメリカ500社の平均株価S&P500は遂に史上最高値を更新しましたね!

 

 

 

ナスダック市場やNYダウも史上最高値更新まであと僅かとなっています!

 

そして私が注目しているのはアメリカの10年債の金利チャート。

 

 

昨年11月からずっと下落していた10年債の金利が、数日前に第1ステージになりました!

 

これまでも一時的な戻しの上昇は数回ありましたが、第1ステージまで戻ったのは今回の下降トレンド発生以来はじての事です。

 

 

アメリカ市場だけでなく日経平均も現在強いですが、世界経済の見通しを表す世界の実質GDPは、3%とリーマンショック以来の悪い数字が出ているそうです。

ここから年末にかけて、どんな動きになっていくのでしょうか!

 

 

今回のクイズは全問正解の方がとても沢山いらっしゃいました!おめでとうございます!!

 

 

これからどんどん寒くなるので、皆さま体調を崩されないようどうぞお気をつけください♪

 

来週の火曜日、そして3日日曜日にはマーケット・トレンドの公開収録イベントもありますので、またTOCOMスクエアでお会い致しましょう。

 

野中ななみ

原油相場どこまで下落?
2019/10/28(月) 23:54
一番の9月14日にサウジアラビアの石油施設が無人機攻撃を受けて一時パニック状態になり原油相場は高騰しましたが、それも一日だけのこと。
その後すぐに下げて10月頭には2か月ぶりの安値と、無人機攻撃以前の水準になってしまいました。
米国の原油先物WTI期近で50ドル台。欧州ブレントでも56ドル台。
以降、そこからは下げ渋っているものの安値傾向が続いています。

本日のコメンテーター、日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんは
サウジアラビアが大規模な攻撃を受けたことで、スペアキャパシティ(生産余力)が一時マイナス(能力不足)となったことは、需給統計が整った2000年以降では初めてのこと。
歴史的な出来事だとお話しされていました。
今後、再び、サウジアラビアが同様の攻撃されたり、軍事衝突などでホルムズ海峡が緊張するようなことがあれば、原油価格が上昇する展開も考えられますが、全体としては弱い基調続くと考えられるそうです。

その一番の原因は、世界景気の減速感の強まり。
米原油先物の前年比の変化率は、米国のISM製造業景況感指数の動きと連動しています。
直近9月のISM指数は10年ぶりの低水準を記録しています。
原油の前年比変化は直近で、20%の下落率。
去年の原油価格は10月頭に高根をつけその後急落を始めているので、
このままの景況感でこのままの下落率で行けば、35ドルを辺りまで下がるという計算になるのです。
さらにそれより売り込まれる可能性も。
そしてその先は?
反転するとしたら?

志田さんの解説は、ラジコのタイムフリー、あるいはポッドキャストでお聴きくださいね。

今週の予定(10月28日~11月1日) [今週の放送予定]
2019/10/27(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

TOCOMでは、和風ハロウィン!
お盆にコロンコロンしているカボチャたち。
山本かおるキャスターのセンスです♪
ぜひ皆さんTOCOMスクエアに遊びにきてくださいね。

今日はコモディティでも為替でもなく、
連日、わずかながら年初来高値を更新し続けている日本株についてのメモです。

毎日ほんのわずか上げて引ける毎日に、
「これまでの売り物の買戻しであって、新規の買いが入っているのではない」
という声も聞かれましたが、

10月第3週 外国人投資家は現物・先物あわせて
なんと1兆2000億円ちかくも日本株を買い越していました。

年初来高値はこの第3週から始まっていますので...
過熱感はないようにもみえるものの、
外国人的には日本株に先高感があるということなのでしょうか?
ここから半導体関連以外にも波及していくのか、気になりますね。

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

10月28日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「原油相場どこまで下落?」

 

 

10月29日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期

第11回「信用取引とは?」

 

 

10月30日(水)

 

藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

 

 

10月31日(木)

 

森 成俊さん (みんかぶ 商品調査部門アナリスト)

「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」

 

 

11月1日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

・・・・・・・・・・・・・・・・

全26件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]