動意づいてきたプラチナ相場、上昇の裏に、、、 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/09/05(木) 19:47

プラチナ相場が騰勢を強めています。東京プラチナ先限は、9月4日夜間取引で3372円まで上昇を強めています。今年6月の直近安値2770円を起点として600円を超える上げ幅を示現。その上昇率は22%にもなります。2018年3月以来18カ月ぶりの高値となっていますが、何が背景にあるのでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョートレーダーズタイムズ代表小針秀夫氏を
お迎えしお話を伺いました。

金や銀、パラジウムが大きく上昇する中、プラチナは
長らく安値に放置されていました。

また、ニッケル相場が5年ぶり高値を示現していることも
少なからず影響しているのではないかと小針氏。

ニッケル相場の高騰は、主要生産国のインドネシアが
2020年1月から鉱石の輸出を禁止すると表明したことで
供給懸念が強まったためですが、実はプラチナは無関係ではありません。


ロシア、カナダ、アメリカのプラチナ生産者は
ニッケル、銅鉱石等からのバイプロ生産(副産物)がほとんどであり、
ニッケル、銅生産の状況により生産量が左右されることがある
という特徴を持ちます。
※南アフリカのプラチナは鉱石からのプライマリー生産。
この連想がショートカバーを呼び込んだ可能性も。


また、小針氏にはゴム相場についてもお話を伺いました。


中国の7月の新車販売台数は前年同月比4.3%減の181万台となり、
2018年7月から、13カ月連続で前年実績を下回っています。

自動車に必要なタイヤが天然ゴムの需要トップですが
2018年の中国の年間の天然ゴム消費は550万トンで、1-7月は320万トン。
これに新車販売台数が重なると仮定した場合の今年2019年の
中国の天然ゴム消費の減少は35万トンとなる計算です。


需要増加は見込めない状況にあるなか、
生産国の価格支援策であった輸出削減策も終了、
さらにはこれから生産国の増産期にはいるということで
需給のタイト感は見られません。

逆鞘も解消した今、ゴム相場に強気材料は・・・?!

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で
小針さんの解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

進化するコモディティAIトレーディング [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/09/04(水) 21:06

コモディティ取引ではAIトレーディング(自動取引)化が遅れているとされてきましたが、近年比較的に進んでいるようです。

2019年3月にCMEが、CME銘柄のトレーディング状況を公表したレポートによると、2013年と2018年比で通貨先物市場は75%→90%に、株や国債市場は、75%→80%へと自動取引化が進んだことが確認されましたが、目を見張る自動化が進んだ分野がコモディティ市場。エネルギー取引が2013年時点では60%程度だったのですが、2018年には80%が自動取引化されました。穀物市場においては同50%が80%となっており、株や債券市場と並ぶAIトレーディング化の実態が明らかとなったのです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏をお迎えし
「進化するコモディティAIトレーディング」をテーマにお話を伺いました。


コモディテイの変動要因とされる需給ですが、
需給状況のデーター、材料は即時性がありません。
米国の石油在庫も週に1度ですし、OPECなどの産油国の生産状況も
月に1度程度しか出てきません。穀物需給も然り、です。

材料に乏しく、データーに先行性がないことが一つの障壁でしたが
エネルギー、貴金属、穀物といった商品セクター毎に情報が
縦割りとなっており、情報共有があまりなされてこなかったために
コモディティ市場の自動取引化が進まなかったという事情もあるようです。


一概にAIトレーディングと呼んでいますが、この言葉の裏には二つのアプローチが。

①取引の機械化、自動化(アルゴリズム)
②相場の先読みをAIが行う

自動化という意味では、人間が裁量で取引するシェアは10~20%にまで低下、
あらゆるアセットクラスでのAI化が進みましたが、
②の相場の先読みに関しても目覚ましい進化がみられます。


過去の価格推移と膨大な変動要因となった材料、いわゆるビッグデーターを
AIに解析させて先行きを予測するケースだけではないようです。
大場さんによると、従来の材料ではない新たな材料が
AI予測に組み込まれるようになってきているとか。

気象レーダーによる5分毎の降水強度分布観測と、
5分毎の60分先までの降水強度分布予測を連続的に表示するナウキャスト。
これは気象予想のモデルですが、Tradingの世界でも
人工衛星の映像を使ったりするのだとか。


港湾の石油タンカーの増減、煙突から製油所の稼働率を予測するなど
衛星データ-からは様々な情報を読み取ることができるようです。

こうした情報を収集し解析するベンチャー企業が
英国、イスラエルには多いようですが、
こうなってくると人間の相場予測など必要なくなってしまうのでは、
と心配になりますが、大場氏は
短期ディーリングの世界では裁量取引はAIのスピードに適わないとしながらも、
中央銀行の金融政策変更や、政治リスクなどは人間の決定、関与によるものだとして
人間の関与が未来を変えていく世界である長期トレンドの未来予想は
まだまだAIには難しいのではないか、とお話しくださいました。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で
大場さんの解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk


本日ご出演の大場紀章氏にもご登壇いただくコモディティフェスティバル。

大場氏には新テクノロジー次世代自動車を切り口にコモディティ展望をいただきます。

是非ご参加ください ↓

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~逆指値注文を制する [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第2期 ]
2019/09/03(火) 22:45


皆さまこんにちは。野中ななみです。

9月になりましたね。朝晩は涼しくなり段々と秋の始まりを感じます。

 

 

今回のトレードラジオ講座は、「逆指値注文を制する者がトレードを制する」という事で、逆指値注文について小次郎講師に詳しく教えて頂きました。

 

 

逆指値注文は指値注文の逆、という認識では浅い!」「逆指値注文は本来存在しない」という衝撃の事実から始まりましたね。

 

先週も書いたように私は仕掛けでも手仕舞いでもよく逆指値注文を使うのですが、それが存在しないとは一体どういう事なのでしょうか!?

 

 

実は、取引所には成行注文と指値注文の2種類しか存在していないそうです。

 

ですが損切りの注文や、高値更新などのタイミングでエントリーしたいという、○円以上で買いたい・○円以下で売りたいという注文のニーズはあります。

 

そこで生み出されたのが、「トリガー注文」という方法。トリガーというのは銃の引き金という意味ですね。

 

引き金となる価格を決めて、指値注文と成行注文を組み合わせることで逆指値注文の効果を作り出すんだそうです。

 

 

例えば1000円という価格をトリガーに設定したとすると、価格が1000円になった瞬間に注文が発動します。

その時に、成行注文を選べば一番早く成立する価格で約定し、指値注文を選べば板にその注文が出されるという仕組みです。

 

900円でロスカットしたいけれどあまりに安い価格でロスカットされるのも困るという場合に、900円をトリガーに「850円以上の指値売り注文」を出すという使い方ができます。

 

 

この注文方法では、

・トリガー注文の価格をいくらに設定するか

・トリガー注文が入った後に指値を使う場合はその価格をいくらにするのか

 

という2つの価格を決めなければいけないので、単純に「逆指値注文は指値注文の逆だ」と思っていたら、2つ目に設定しなければならない価格が出てきた時に戸惑ってしまいますね。

 

 

私は逆指値注文を使いこなせていると思っていましたが大きな勘違いをしていた事が今回分かりました。

 

 

ななみんクエスチョンのコーナーでは、注文の時間優価格優先について教えていただきました!

 

逆指値注文では、トリガーとなる価格がついて市場に注文が出た瞬間が注文時間になるため、指値注文より順番が遅くなるという注意ポイントもありましたね。詳しくはぜひラジコやポッドキャストで小次郎講師の解説をお聴きください。

 

逆指値注文を制して、トレードを制すべく、これからも頑張ります!

 

 

TOCOM投資スクールでは約2ヶ月ぶりに松岡さんが出演でした。

 

9月1日には中国とアメリカが互いにかけた報復関税が発動され、有事の円買い金買いなどのリスクオフの動きが続いています。

 

金と共に、銀やプラチナなども買われています。

今回は、コモディティ全体の指数を表すチャートにも注目しました。

このチャートの右下、薄い赤色の物がそれですが、金・銀・プラチナがこれだけ大きく上昇する中こちらは第4ステージで下落しています。


コモディティ全体が大きく上昇しているときはインフレも考えられますが、今回のような動きの時には有事に対する資産を守るための動きだそうです。


 

 そしてクイズでは中国の景気停滞がある国の経済状況に大きく関わっている事も学びました。

 

その国とは、ドイツです。

 

ドイツは中国に自動車を輸出していますが、2019年1月-7月の前年同月比が12%も減少しているそうです。

製造業以外の商業やサービス業、建設業も大きく落ち込んでいます。

 

米中貿易摩擦にイギリスのEU離脱問題、香港の問題と世界経済には様々な問題が渦巻いていますね。

こうやって世界情勢に興味を持ったのも投資の勉強を始めてからなので、改めて投資の勉強をする意義を感じました。

 

 

マーケット・トレンド公開生放送もTOCOM投資スクールも参加費は無料で事前のお申込み不要ですので、ぜひTOCOMスクエアで一緒に勉強しましょう。

 

来週もお待ちしております!

時代に合ったディフェンシブ銘柄に注目 [ファイナンシャルリサーチ 野尻美江子さん]
2019/09/02(月) 23:34
ディフェンシブ銘柄...景気による影響を受けにくい銘柄です。
食品、電力やガス、鉄道などのインフラなどなど、生活の必需品のセクターが該当しますが
今日のコメンテーター ファイナンシャルプランナーの野尻美江子さんは
景気が後退する局面では、ディフェンシブ+αの魅力が乗っているセクターに注目したいということで
ズバリ、医薬品、もっと広く捉えると、ヘルスケア全体のセクターを挙げられました。
先進国の高齢化が進み、日本では団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者となる「2025年問題」もすぐそこに控えています。
最も影響を与えるのが医療・医薬の分野と言われています。

しかし、需要が伸びるからといって、単純に業績が伸びるとも言えません。
薬価の引き下げなどもあり、個別に手掛けるには難しい分野でもあります。
セクター全体で、グローバルで、という視点で、中長期で捉えると
ディフェンシブ かつ 成長が期待できるそうです。

それはどんなものなのか
具体例を挙げて説明して頂きました。
radikoのタイムフリーなどでお聴きくださいね。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


今週の予定(9月2日~9月6日) [今週の放送予定]
2019/09/01(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

ドル/円、日経平均株価、NYダウの週足はすべて陽線となりました。
チャートだけ見ていると、
米中対立に振り回されたこの1週間は何だったのだろう...
日計りでトレードしないでずっとロングしておけばよかった、なんて思ったり。
後から見ると簡単なことですが、やはり一番難しいのは
入るタイミングと出るタイミング、ですね。資金量も!
皆さんと一緒にたくさん経験を積んでいきたいと思います。


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

9月2日(月)

 

野尻美江子さん (ファイナンシャルプランナー)

「時代にあったディフェンシブ銘柄に注目!」

 

 

9月3日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期

第4回「逆指値注文を制する」

 

 

9月4日(水)

 

大場紀章さん (エネルギーアナリスト)

「専門家の目~コモディティをとりまく環境」

 

 

9月5日(木)

 

小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

9月6日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


全25件中 21件〜25件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 ]