小次郎講師のトレードラジオ講座~金利の種類 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第2期 ]
2019/09/24(火) 23:08


皆さんこんばんは、野中ななみです。

 

今回からトレードラジオ講座は金利のお話に入りました。

今月行われたECB理事会やFOMCで政策金利が引き下げられましたし、アメリカの長期金利の下落や長短の金利差が逆転するという事態も発生し、今まさに金利に注目が集まっていますね。

 

投資の勉強を始めたばかりの頃は、FOMCなど各国の金融政策決定会合で金利を決めているにも関わらず毎日のように金利が上がった下がったという話が出てくるのは何故なのか、とても不思議に思っていました。

 

金利には沢山の種類があるんですね。

 

まず一番大切なのは先ほども出てきた「政策金利」ですね。

これは中央銀行が一般の銀行に貸し出す時の金利を指します。

 

アメリカではFOMC、ヨーロッパではECB理事会、日本では日銀の金融政策決定会合で金利を上げるのか下げるのか現状維持なのかが話し合われています。

 

 

私たちに直接関係があるのが「銀行金利」。

銀行に預けた預金に対して利息がついたり、ローンを組むときに金利がついたりします。

預けたお金に対してつく金利は「利息」、借りているお金に対してつく金利は「利子」と呼び方が変わるんですね。

 

(ゆうちょ銀行では預金に対してつくお金でも「利子」と呼ぶそうです。)

 

 

続いて「国債金利」。

国債が市場で売買される事により、金利が変動します。

 

 

これらはバラバラに上がったり下がったりする訳ではなく、連動しているという事も学びました。

 

 

為替の取引では、基本的に金利が高い国の通貨が買われやすく金利の低い国の通貨が売られやすいです。

金利の差によりスワップポイントというお金が貰えたり引かれたりするので、為替を取引している方は特に金利の事は理解していないといけないんですね。

 

為替は株やコモディティなどにも影響するので、投資家にとって金利は必須科目だそうです。

 

 

金利とインフレ率の関係や、金利と利回りの違いについても教えて頂いているので、是非ラジコやポッドキャストで小次郎講師の解説をお聴きください!

 

 

 

TOCOM投資スクールでは大阪取引所で検討されている祝日取引に注目しました!

 

2021年の秋に導入される新システムにあわせて検討されているそうで、夜間取引やオプションの時間延長も検討されています。

 

 

今までは、株と為替やコモディティその他の大きな違いとして「取引時間」がありました。

為替やコモディティその他は24時間取引時間が基本なのに対し、株は9時から15時までと短いですしお昼休みもあります。

夜間取引が可能になれば日中仕事をしている方も取引しやすくなりますよね!ニューヨーク時間の変動にも対応ができます。

 

 

日本は祝日が月曜日に移動され3連休がとても多いので、祝日に取引可能になるのもとても大きいです。

 

 

今はまだ検討の段階ですが、本当に実施されると嬉しいですね。

 

 

そして、為替相場の変化にも注目しました。

9月に入り円安方向に転換しかけていた相場が、今また円高に動いてきました。

 

帯に跳ね返されて上昇に転じるのか、また円高相場が再燃するのか、今が運命の分かれ目です。

 

クロス円の通貨の中にも動きが早い物と遅い物があるので、どの通貨が先行して全体の動きを引っ張っていくのか、注目です!

 

 

今週も沢山のご参加ありがとうございました!

また来週お会いしましょう!

今週の予定(9月23日~9月27日) [今週の放送予定]
2019/09/22(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

各国の政策金利の発表weekだった先週ですが、
NYゴールドは1500ドルを挟んだ値動きとなりました。

サウジアラビアの石油施設が攻撃されたことを受けて、
週前半に暴騰した原油価格も落ち着きを取り戻しています。
原油が高すぎると物価があがり、FRBには利上げの必要が?などとささやかれていますが、
一時的なものとなりました。
(ドローン攻撃をまたいつ仕掛けられるかはわかりませんが)
高くても安くてもいけない原油価格、心地よい水準にとどまれるでしょうか?

さて今週末はついにコモフェス開催!
私も取材にいきます、みなさんよろしくお願いします!

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

9月23日(月)

 

秋分の日のため、番組はお休みです。

 

 

9月24日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第2期

第7回「金利の種類」

 

 

9月25日(水)

 

山内弘史さん (エネルギー情報ネットワーク 共同代表)

「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

 

 

9月26日(木)

 

林知久さん (投資日報社)

「サイクルとアストロロジーで読む通貨・株式・商品」

 

 

9月27日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 


ーーーーーーーーーーーーーーー

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


FOMCはどう解釈?クロス円の動きに注目。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/09/20(金) 23:30

こんばんは、辻留奈です。
涼しくなりましたね~

今週のドル/円は、107.49~108.47で動きました。
サウジアラビアの石油施設攻撃を受けて、
週明けのドル/円は窓をあけ下落し、今週の下値107.49をつけました。
また今週一番注目されたイベント、FOMCは0.25%の利下げとなりました。
これに為替市場はドル買いで反応し、今週の高値108.47をつけました。

もう一つの注目イベント、日銀会合は据え置きとなりました。
結果発表前から円高が進み、108円を割り込む場面がありました。
発表後もやや円高に進みましたが、大きな影響なく通過できました。
きっと日銀もホッと胸をなでおろしているのでは?


それでは今週は、FOMCの結果を紐解きます!

FOMCは7対3で、0.25%の追加利下げを決定。

「今後はFOMCとして適切に行動する」とし、
今回の利下げを「リスクへの保険的利下げ」と位置付けました。


FOMCメンバーの中でも意見は割れました。
〇据え置き主張:ローゼングレン総裁・ジョージ総裁
〇0.5%利下げ:ブラード総裁

2019年中のシナリオでは
1回の追加利下げ見込みが7人、現状維持が5人、ほかの5人は利上げの要求。
追加利下げ派は貿易戦争への懸念、利下げ慎重派は米国経済の底堅さを主張。

たしかにどちらもありますね...受け取る側の私たちも困惑します。
そこで、岡安さんは今回の結果をどのように受け止めたのでしょうか?

岡安さんは「年内もう1度利下げがある」と考えています。
現在、再び逆イールド状態になりそうなためです。
景気が悪化してからの利下げは間に合わないので、
「予防的」とするならば先にやることに意味があるといいます。
マーケットは利下げを織り込みすぎているため、
あと1度利下げするとちょうどバランスがとれると話していました。

来週のドル/円を展望するには、クロス円の動きに注目したいと岡安さん。

テクニカルでみると...
ポンド/円(ポンド/ドルも)は、日足でダブルボトムをつけて、
下落前のレベルまで戻り、上抜けしてきました。

一方、NZ/円・豪ドル/円ともに下げてきています。

となると、クロス円は本当に抜けたのか、わからないところです。

果たしてこのような状況で、岡安さんの来週のドル/円の予想レンジは?
続きはradikoタイムフリーかPodcastでお聴きください。
(Spotifyでも聴けます!)

それではまた来週!

-----------------------------------------
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。




サウジ石油施設攻撃の衝撃~原油高常態化の可能性 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/09/19(木) 19:49

9月FOMCでは市場の予想通り0.25%の利下げが決められましたが、FOMCボードメンバーらのドットチャート、そしてパウエルFRB議長のコメントから利下げ打ち止め感
が。FRBはあくまで予防的、保険的利下げであることを強調していますが、米経済の現状は?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエコノミスト・為替ストラテジストのエミンユルマズしをお迎えし
米経済と緊張高まる中東、原油価格の行方についてお話を伺いました。

ISM米製造業景況感指数が分水嶺である50を下回ったことは懸念材料だが
中国やドイツなどと比べ米国にとって製造業はそれほど存在感は大きくないとエミン氏。
製造業の悪化は中国、ドイツ、日本ときて米国が最も遅行しているのでは、
と解説くださいましたが、米製造業の悪化は米中貿易摩擦の影響が顕著。


今年はリセッションのシグナルとされる
米長期債と短期債の利回りが逆転する逆イールドが発生したことも
マーケットの関心を集めていますが、来年大統領選挙を迎える
トランプ大統領にとって、リセッション入りは何としても回避したいところ。
大統領選に向け米中の歩み寄り、妥協点を探しての合意の可能性もありそうです。


またサウジアラビアの石油施設の攻撃による原油の急騰ですが、
エミン氏は原油が高止まりする可能性に言及。
最悪のシナリオでは第3次オイルショックもあり得るとし
今後向かえる最悪のシナリオに備えて世界がオイルの確保に動く
(ヘッジとしての原油買い)だろうと指摘。

何より重大なのが、1期160万円程度の小さなドローン10機による
攻撃を事前に防ぐことができず、世界の原油供給の5%が止まってしまった事実。

フーシ派による犯行声明が出されましたが、
サウジアラビアと米国はイランの関与に言及。
対イラン制裁の強化を発表すると表明しました。

報復には報復を。

攻撃が1度きりで終わる保証はどこにもありません。

ということでトレーダーらは原油ショートしにくくなりました。

WTI70ドル程度までなら原油高でも米経済は耐えうるとしながらも
需要増ではなく、供給不安による原油高はあまりよくないとエミン氏は
お話くださいました。

詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信でエミン氏の解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

電力先物取引スタート~石油施設攻撃で原油乱高下 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/09/18(水) 20:09

9月17日火曜日、TOCOM東京商品取引所は、国内発の電力先物を上場しました。電力の自由化で、多用な業者が料金/サービスを競争するようになました。異業種から新たに電気事業へ参入した企業を「新電力」と呼びますが、電力調達をスポット市場に頼る新電力事業者が増えています。在庫を持てない電力は気温などで需給がぶれ、スポット価格は乱高下しがちで経営の安定化が難しいのですが、将来の電力を先物価格で売買しておくことで、安価で安定した電力供給のヘッジとなることが期待されます。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケット・エッジ代表取締役 小菅努氏をお迎えし
注目されるTOCOMの電力先物市場と、サウジ石油施設攻撃で乱高下する
原油価格動向についてお話しを伺いました。

今回上場された電力先物は4種。
需要の多い平日の日中の電力を対象とした「日中ロード電力」
休日分を含めたまる1日分を取引する「ベースロード電力」
それぞれ関東と関西エリアにわけ上場されました。

いずれも1カ月分の電力を取引。現物の受け渡しはなく、
決済月のスポット価格の月間平均との差額を決済します。


発電能力を持たない新電力は、あらかじめ安価な先物を買っておくことで、
天候要因などで高値でスポット市場から電力を調達しなければならなくなっても、
先物で利益が出すことが出来ます。

大手電力会社にもメリットがあります。
太陽光発電の普及で、スポット市場での電力売却時に値下がりするリスクを
先物を売っておくことで不需要期の販売価格を固定することが可能となります。


安価で安定した電力供給の実現に寄与できれば
今後、液化天然ガス(LNG)や石炭の上場の道も開けると小菅氏。
3年間の試験上場中に、取引実績が積み上がれば本上場へと移行されます。


さて、14日サウジアラビアの重要な石油関連施設が攻撃されたことで急騰した原油価格。
攻撃により日量570万バレルの減産となるとみられることがわかると
WTI原油価格は15%、ブレント原油は19%もの急騰となりました。
570万バレルはサウジ産の58%、世界の5%に相当します。

復旧見通しに様々な憶測が流れる中、
サウジのアブドルアジズ・エネルギー相が17日
サウジアラビアの石油生産は2~3週間以内に通常に戻り
9月の石油輸出は落ち込むことがないだろうとの見通しを示しことで
原油価格は急反落となっています。


そもそも、サウジアラビアの国内備蓄(1億9,000万バレル程度)や
トランプ大統領によって発表された米国のSPR戦略石油備蓄の放出を考えれば
喫緊に需給がひっ迫する事態ではなかったのですが、
有事の懸念が週明けの原油市場の急騰をもたらしたということでしょうか。


小菅氏は、いざとなれば、OPEC臨時総会で緊急的な増産対応の可能性もあり、
IEAによる備蓄放出という手段もないわけではないと解説くださいました。
OECD在庫は政府で32日、民間で61日分をカバーできるとか。

ただし、攻撃が1度で終わるかどうかわかりません。
今後警戒されるシナリオとして、米国とイランの軍事衝突があげられます。
攻撃直後はフーシ派による犯行声明が出されましたが
ポンぺオ米国務長官はイランの関与に言及。
トランプ大統領は、サウジの報告を待って対応するとしており
軍事行動の準備はできているとまで発言しています。


ということはサウジアラビアの報告が鍵を握っている?!


サウジアラムコIPOは年内予定、サウジアラビアは原油高を望んでいたことから
自作自演説の陰謀論も渦巻いていますが、生産障害を抱える企業のIPOが
成功するはずもなく、これに小菅氏は否定的見解。
むしろ、早期に生産を復旧させることでアラムコの存在感を
示し、IPO延期との見方を払しょくし、予定通り上場を目指すのでは?!とのこと。


ボルトン大統領補佐官解任でイランとの歩み寄りへの期待が高まったところへの
石油施設攻撃。地政学リスクが原油価格を高騰させましたが
需要増での原油高ではありません。
第2弾の石油施設攻撃がなく、イランと米国の対立の激化がみられなければ
地政学プレミアムの剥落から原油価格は緩やかに下落していくのではと小菅氏。


詳しくはSpotifyのポッドキャスト配信で小菅氏の解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月28日(土)東京で開催!
竹中平蔵さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの
小次郎講師・江守哲さん・松本英毅さん・小菅努さん・大場紀章さんらが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

全25件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]