小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り10の掟③ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)] [マーケット・トレンド]
2019/07/16(火) 23:32


皆さまこんにちは、野中ななみです!

今年は梅雨らしい梅雨で雨が続いていますね。

今回のトレードラジオ講座で、トレードルール作りの10の掟を全て教えて頂きました!

皆さま、ロスカット注文は毎回必ず注文確定してすぐに入れていますか?

塩漬け株を作らない為にもロスカット注文は必ず入れる必要があると小次郎講師が仰っていましたね!

でも、ロスカットラインってどこに設定すれば良いのか...

「正しく設定するべし」と言われると更に難しく思ってしまいますが、実際はあまり難しくありませんでした!

基本的にはATR1日の平均的な値動き)の2倍逆方向に動いたところに設定すれば良いのだそうです。


トヨタの株を買うと仮定して、実際に計算してみました!

この時にトヨタの株を終値の6,417円で買ったとします。

この日のATR75円なので2倍すると150円です!

6,417円ー150円=6,267

ロスカットラインは6,267円になります!


ATR
が分かれば出てくる計算はとても簡単なので、慣れればすぐに出来そうです!

2ATRは基本的な数字なので、慣れてきたらその銘柄の過去の動きを参考にロスカットラインの幅を微調整していくそうです。

ロスカットラインは普段の押し目や戻しにはかかって欲しくないのでその銘柄の動きの癖を分析するんですね。

はじめは「2ATR」と覚えれば大丈夫だそうです!

仕掛けや手仕じまいのルール、ポジションを追加するときのルール、取引する銘柄や市場選択のルールについても教えて頂きました!

個別株は銘柄選びが全てだと思っている方が多いそうですが、それは間違っているんだそうです。

大切なのは「大化けしそうな銘柄を探す」ことではなく、「トレンドが分かりやすい」こと。

トレンドが長続きしやすく分かりやすい銘柄を探していく事が大切です!

まずは分からない部分があってもトレードルールを作ってみて、そしてトレードの記録をつけて検証して、自分にとってベストな物に近づけていく。

教わったルールをそのまま自分の物にするのではなく、少しずつ自分に一番合ったルールを見つけていくんですね!

トレード記録のつけ方についても教えてもらいましたので、詳しくはぜひラジコのタイムフリー再生や、ポッドキャスト配信で小次郎講師の解説をお聴きください♪

今回のTOCOM投資スクールのアシスタントはゆきちゃん(佐々木ゆきちゃん)でした!

身長168cmの女優さんです!背が高いです♪


NY
ダウがついに明確に史上最高値を更新しました。

今月末に開催されるFOMCでの利下げ期待でどんどん株価が上昇しています。

アメリカの利下げについては、チャート分析とクイズコーナーの両方でしっかりと見ていきましたよ!

2007年に5.25%だったアメリカの政策金利はリーマンショックをきっかけに0.25%まで利下げされました。

その後2016年から0.25%ずつ利上げを行い、現在2.5%となっています。

これまでの利上げと同じ幅で0.25%の利下げが行われるという市場予想が71%、それよりも大きく0.5%の利下げが行われるという予想が29%。
合わせて100%になります。

利下げが行われるという事は100%織り込み済みで、何%利下げされるかという問題になっているんですね。

でも先ほど書いたようにNYダウは史上最高値を更新している訳ですから、政策金利が5.25%だった頃よりも今の方が株価は高いです。NYダウだけではなく主要3指数と言われるS&P500もナスダックも同じく史上最高値を更新しています。

そんな中、利下げは本当に行われるのでしょうか?

100%織り込まれている事が不思議に思えてしまいます。



今回のクイズは3名の方が全問正解でした!おめでとうございます!

ゆきちゃんは最後の一問で外してしまい全問正解ならず。

小次郎講師からのご褒美を最初にゲットするのは誰なのでしょうか!

今月25日にはECB理事会、2930日には日銀の金融政策決定会合、3031日にはアメリカのFOMCと、注目イベントが続いていきます!

ぜひ毎週火曜日はTOCOMスクエアで小次郎講師の生の解説をお聞きください♪