次の注目は米利下げ幅、0.25%か0.5%か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2019/07/12(金) 21:10

こんばんは、辻留奈です。
7月だというのにずいぶん涼しい日が多いですね~

今週のドル/円は、107.86~108.98のレンジで動きました。

今週の注目はなんといっても、パウエル議長の議会証言。
それまでに109円を何度か試すも、109円突破ならず。

パウエル議長の発言は利下げを示唆するハト派のものとなりました。
一報が伝わると、ドル/円は一気に40銭ほどドル安に動きました。
翌日の東京市場では今週のドル/円の安値、107.86をつけました。
米金利低下、米株高で反応しました。

ここからしばらくイベントがなく、FOMC待ちになりますが
それまでは109円が重たく、108-109円のレンジ相場が続くのでしょうか?


焦点は、次回の米利下げ幅へ。

25bp(0.25%)の利下げは確実とされていますが、
果たして50bp(0.5%)となる可能性はあるのでしょうか?
市場予想では、50bpが30%程度となっていますが...


ずばり、岡安さんに伺いました!


「予防的利下げとするならば25bpだ」と岡安さん。


その理由は、現在は既に
マーケットが先走り、利下げを催促する「催促相場」になっているため、
もし50bpの利下げをしてしまうと、その次に利下げするべきでないのに
市場に催促された場合に手立てがなくなってしまうためだといいます。

50bpだと株がバブルになってしまうのでは?と
岡安さんは話していましたが、既に米株3指数は今週最高値を更新しています。
果たして利下げ自体必要なのでしょうか...????

米だけでなく世界的に金融緩和の方向ですが、
カナダやユーロなどは後から利下げに追随していく可能性が高いため、
その頃には相対的に再びドルが高くなっていると岡安さんは話していました。

このほか来週のドル/円の予想レンジのほかにも、
注目通貨をあげていますので、続きはradikoタイムフリーからどうぞ。

(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!