今晩ブラード総裁発言に注意「ウィリアムズ発言下げて、ブラード発言で反発?」 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/07/19(金) 20:25

こんばんは、辻留奈です。
もう7月も半ば。
岡安さん、このあとビールだそうです~でも雨が・・・

今週のドル/円は、107.21~108.37のレンジで動きました。

ウィリアムズ総裁の発言で、50bp利下げへの市場期待が高まり、
一気に107.21までドル売りが進みました。
しかしその後、ウィリアムズ総裁の発言は、
学術的な見解であって、金融政策には関係ないと否定があり、
ドル/円は107ミドルまで持ち直しました。

しかしFOMC前のブラックアウト期間を前に、
あえてこの発言をこのタイミングで行った意味はあるのでしょうか?
ただ市場が利下げを催促し、過剰に反応しただけと捉えればいいのでしょうか?

岡安さんは、これは催促相場に陥っているマーケットが過剰に反応しただけで、
FRBが50bp(0.5%)の利下げを表明しているのではないと捉えています。

ウィリアムズ発言によって、0.5%の利下げ確立が60%近くまで上昇し、
かなり利下げを織り込んだ状態になってきました。

しかしこうなると利下げ幅が

025%なら→ドル買い戻しに
0.5%なら→このあと当分利下げはないだろう→ドル買

どちらにしろ最終的にドル買いなってしまうという
FRBにとって苦しい展開が待っている可能性が高いと岡安さん。

うっかり岡安さんも私も、肝心なことを放送で言いそびれてしまったのですが
(ごめんなさい!)
今晩、ハト派のブラード総裁の発言があるということで
それによっては「ドル/円反発の可能性がある」ということでした。
ウィリアムズ発言でさげて、ブラード発言で反発に要注意です。


また、どの国も米国に遅れまいと利下げに動いています。
韓国、南アフリカの利下げに続いて、来週はECBがあります。
ECBもインフレ目標の修正があるのではないかとささやかれていますが...

年初来安値を更新したポンド/ドルの今後についても伺いました!

ドル/円の予想レンジなど、この続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)



それではまた来週!


パラジウムとプラチナ、異なる需給バランス [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/07/18(木) 19:57

パラジウムは3月に1600ドルをつけてから投資家の利食い売りにより1300ドルまで下落し、レンジ相場となっていましたが、再び上昇し始めました。パラジウムは過去9年間、供給不足が続いており、供給不足幅は年々増加しています。これは一重に自動車触媒の増加によるものです。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダードバンク東京支店長 池水雄一氏をお迎えしPGM市況の現状と今後の展望を伺いました。


パラジウムは供給がほぼ安定的で増えることもありません。
一方、需要は年々確実に増加しているのですが
特に自動車触媒全需要のほぼ8割を占めており、
過去10年間で110トンもの大幅増。


2018年はパラジウムの触媒が使われるガソリン車の売上げは
約1%の減少になりましたが、中国そして欧州では、
近い将来に排ガス規制がより厳しくなり、
より多くのパラジウム(+ロジウム)を使う必要が出てきました。
これに対応すべく事前調達の動きも出ているようです。
車の台数よりも一台に使われるメタル量が増えていると池水氏。


この排ガス規制ですが、より厳しく複雑になっているようです。
そのスピードは技術の進化をはるかに超えるペースだとか。
規制当局はこれまで排ガスの排出量を減らすことをターゲットに
規制強化してきましたが、現在規制当局は、自動車の排ガス「試験」を
厳しくすることに重点を置き、これまでよりもより厳しいテストを
行うようになっています。これはフォルクスワーゲンをきっかけにした
ディーゼル車の排ガス不正が次々と発覚したことに起因しているものと思われます。
厳しいテストを通すために、より多くのPGMが必要だということです。

では、価格が低迷しているプラチナによる代替は何故起きないのでしょうか。
池水氏に詳しく教えていただきました。

解説は是非音声でお聞きください。

Spotifyでのオンデマンド放送はこちらから
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk
TOCOM濵田氏に聞く「世界経済と金、原油」 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/07/17(水) 19:42
米中貿易摩擦の影響がジワリ世界経済に波及する中、米国の主要株価指数は軒並み史上最高値を更新。労働市場も堅調ですがFRBは7月のFOMCで「予防的利下げ」に踏み切るとみられています。日本経済は秋からの消費増税を前に株価も冴えない展開が続いていますが、市場で話題となっているMMT理論とは?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は予定を変更し東京商品取引所 代表執行役社長 濵田 隆道氏に「どうなる世界経済と金・原油」をテーマにお話を伺いました。



現代貨幣理論(現代金融理論)と訳されるMMT。
自国通貨の発行権を持つ政府が財政破綻することはないとして
財政赤字は脅威ではないとする理論ですが、
なぜいま日本で議論が活発化しているのでしょうか。

利下げという緩和カードがある米国と違って
日銀の金融緩和策に期待できるカードはほとんど残されていません。

金融ではなく、財政拡大によって景気を下支えしなくてはならない時が来るのでしょうか。
濵田氏に解説いただいています。

また、金利が付かない資産であるゴールドは、米国の利下げによって
そのデメリットが薄れると考えられますが、
ゴールドは6月に急騰し、長かったレンジ相場の上限をブレイクしましたが、
原油価格は上値が重い展開が続いています。


OPECプラスは減産延長で合意しましたが、
米シェール増産が減産効果を打ち消しているだけでなく
米中貿易摩擦の影響で世界のエネルギー需要が鈍化することも懸念されています。

ここからのゴールド、原油の見通しもお伺いしました。

何故中東産原油がWTI原油価格より高い状態が続いているのか、などなど
詳しくは濵田氏の解説をお聞きください。

Spotifyでのオンデマンド放送はこちらから
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール作り10の掟③ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019/07/16(火) 23:32


皆さまこんにちは、野中ななみです!

今年は梅雨らしい梅雨で雨が続いていますね。

今回のトレードラジオ講座で、トレードルール作りの10の掟を全て教えて頂きました!

皆さま、ロスカット注文は毎回必ず注文確定してすぐに入れていますか?

塩漬け株を作らない為にもロスカット注文は必ず入れる必要があると小次郎講師が仰っていましたね!

でも、ロスカットラインってどこに設定すれば良いのか...

「正しく設定するべし」と言われると更に難しく思ってしまいますが、実際はあまり難しくありませんでした!

基本的にはATR1日の平均的な値動き)の2倍逆方向に動いたところに設定すれば良いのだそうです。


トヨタの株を買うと仮定して、実際に計算してみました!

この時にトヨタの株を終値の6,417円で買ったとします。

この日のATR75円なので2倍すると150円です!

6,417円ー150円=6,267

ロスカットラインは6,267円になります!


ATR
が分かれば出てくる計算はとても簡単なので、慣れればすぐに出来そうです!

2ATRは基本的な数字なので、慣れてきたらその銘柄の過去の動きを参考にロスカットラインの幅を微調整していくそうです。

ロスカットラインは普段の押し目や戻しにはかかって欲しくないのでその銘柄の動きの癖を分析するんですね。

はじめは「2ATR」と覚えれば大丈夫だそうです!

仕掛けや手仕じまいのルール、ポジションを追加するときのルール、取引する銘柄や市場選択のルールについても教えて頂きました!

個別株は銘柄選びが全てだと思っている方が多いそうですが、それは間違っているんだそうです。

大切なのは「大化けしそうな銘柄を探す」ことではなく、「トレンドが分かりやすい」こと。

トレンドが長続きしやすく分かりやすい銘柄を探していく事が大切です!

まずは分からない部分があってもトレードルールを作ってみて、そしてトレードの記録をつけて検証して、自分にとってベストな物に近づけていく。

教わったルールをそのまま自分の物にするのではなく、少しずつ自分に一番合ったルールを見つけていくんですね!

トレード記録のつけ方についても教えてもらいましたので、詳しくはぜひラジコのタイムフリー再生や、ポッドキャスト配信で小次郎講師の解説をお聴きください♪

今回のTOCOM投資スクールのアシスタントはゆきちゃん(佐々木ゆきちゃん)でした!

身長168cmの女優さんです!背が高いです♪


NY
ダウがついに明確に史上最高値を更新しました。

今月末に開催されるFOMCでの利下げ期待でどんどん株価が上昇しています。

アメリカの利下げについては、チャート分析とクイズコーナーの両方でしっかりと見ていきましたよ!

2007年に5.25%だったアメリカの政策金利はリーマンショックをきっかけに0.25%まで利下げされました。

その後2016年から0.25%ずつ利上げを行い、現在2.5%となっています。

これまでの利上げと同じ幅で0.25%の利下げが行われるという市場予想が71%、それよりも大きく0.5%の利下げが行われるという予想が29%。
合わせて100%になります。

利下げが行われるという事は100%織り込み済みで、何%利下げされるかという問題になっているんですね。

でも先ほど書いたようにNYダウは史上最高値を更新している訳ですから、政策金利が5.25%だった頃よりも今の方が株価は高いです。NYダウだけではなく主要3指数と言われるS&P500もナスダックも同じく史上最高値を更新しています。

そんな中、利下げは本当に行われるのでしょうか?

100%織り込まれている事が不思議に思えてしまいます。



今回のクイズは3名の方が全問正解でした!おめでとうございます!

ゆきちゃんは最後の一問で外してしまい全問正解ならず。

小次郎講師からのご褒美を最初にゲットするのは誰なのでしょうか!

今月25日にはECB理事会、2930日には日銀の金融政策決定会合、3031日にはアメリカのFOMCと、注目イベントが続いていきます!

ぜひ毎週火曜日はTOCOMスクエアで小次郎講師の生の解説をお聞きください♪

今週の予定(7月15日~19日) [今週の放送予定]
2019/07/14(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

<6月TOCOM概況>
金の取引が1年半ぶりの水準まで増えました。
先月初旬は1300ドル台前半で推移していましたが、
前月後半にはイランへの追加制裁で
1418ドルと5年10か月ぶりの高値をつけました。

パウエル証言待ちと言われた先週ですが、
利下げを示唆する発言で、ゴールド価格を支えました。
先週は1400ドル近辺での動きとなっています。

そんななかで先週の米株は3指数最高値更新、
ゴールドとともに米金利も上昇しています。
引き続き教科書的ではない動きとなっています。

では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

7月15日(月)

 

海の日のため、番組はお休み

 

 

7月16日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第15回 続編「トレードルール作り10の掟③」

 

 

7月17日(水)

 

エミン ユルマズさん (エコノミスト・為替ストラテジスト)

「金と原油の展望」

 

 

7月18日(木)

 

池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)

「専門家の目~世界の金の動き」

 

 

7月12日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」





 ーーーーーーーーーーーーーーー
全26件中 11件〜15件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]