国際原油市場の構造変化と米国の実力 [大橋ひろこコラム]
2019/07/31(水) 20:11

2018年の米国の原油生産量は日量1,096万㌭、2019年は1,236万㌭に、2020年には 1,326万㌭にも増える見込みです。ちなみに1970年の970万㌭を上回って過去最高の生産を更新し続ける見通しです。

サウジアラビアの原油生産量は2018年1,038万㌭,ロシアは1,040万㌭ですので、サウジ、ロシアをも上回る世界一の原油生産国へと躍り出ています。

 
皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギー情報ネットワーク 山内 弘史氏をお迎えし
「国際原油市場の構造変化と米国の実力」をテーマにお話しを伺いました。

原油だけではありません。

石油生産量についても 2018年:米国が1,531万㌭,サウジ1,358万㌭,ロシア1,155万㌭
となっており、米国が世界一。

NGL生産量も、2018年:米国は435万㌭。2019年1~7月19日462万㌭,7月第3週479万㌭
と年々伸びています。

※地下から採取されたままの状態のものは「原油」ですが
原油を精製して製品化したものを「石油製品」といいます。


米国の産油量の大増産につれて国際石油市場で何が起きているでしょうか。

米国で生産された原油やその他石油製品は海外に輸出されています。
米国は、原油・石油製品・ガスのすべてが輸入国であると同時に輸出国でもあります。
この関係が、この数年で劇的に変わったのが原油で
2018年は日量200万㌭の輸出量でしたが、2019年1~7月19日には日量288万㌭に。
6月21日の週には377万㌭もの原油が米国から海外へ輸出されています。
米国2020年には石油純輸出国になると山内さんは指摘。


OPECが非OPEC協調国と日量120万㌭の原油減産を実施していますが
超過減産しても33%,160万㌭程度。
米国は日量300万㌭超の原油輸出量を誇る輸出国となるとみられ、
米国の原油増産・輸出増加を何とかカバーするだけで精一杯です。

原油だけではなく、石油製品輸出も大きく伸びています。
2019年1~7月19日には日量508万㌭にも上ります。
ここでもOPECは市場を奪われているのが実情。

一方で、米国の原油輸入は同期706万㌭で前年比11.7%も減少しています。
OPECからの対米国輸出が減少しているのです。

 

これでは原油価格はあがりません。
OPECプラスの減産が効果を現すためには何が必要でしょうか。

山内さんはイランとベネズエラの減産・輸出減が数字上必要だとお話しくださいました。

昨年今頃には270万㌭だったイラン原油輸出量は75万㌭に減少しているほか、
2016年には270万㌭/日だったベネズエラの原油生産量は80万㌭に落ち込んでいます。

OPECプラス160万㌭の超過減産とイランの150万㌭減産があって初めて
米国の増産・輸出増とイーブン。
しかし,米国の原油輸入減・石油製品輸出増までは現状では賄えない状況です。

したがって,価格は世界的な石油需要の成長鈍化には敏感に反応し
上値が重いのが現在の原油市況なのです。

ここからの原油価格の見通しなど詳しくは
ポッドキャスト配信で山内さんの解説をお聞きくださいね。

https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

小次郎講師のトレードラジオ講座~複利の光と影 [「小次郎講師のトレードラジオ講座2019~中級編」第1期 (~19年8月)]
2019/07/30(火) 23:02


皆さまこんにちは!野中ななみです。

梅雨明けして毎日暑さが厳しいですね。

湿度が高くムシムシしていて、外に出るのが嫌になってしまいます。

そんな中、マーケットトレンド公開生放送とTOCOM投資スクールに足を運んで頂きありがとうございます!

今回のトレードラジオ講座は「複利の光と影」というテーマでしたね。

複利の影については、計算結果にすごく驚きました。影の部分を知らなければ、大変な事になってしまいますね。

ぜひまだお聴きでない方にはラジコやポッドキャストで放送をお聴き頂きたいです!



私は投資の勉強をするまで複利が何なのか知りませんでした。

複利と比較されるのは単利ですが、2つの違いもはじめは分からなかったです。



ここで、100万円を元手に毎年10%の金利が貰えるという運用をするとします。

単利と複利、どちらかを選ぶとしたらどちらを選びますか?



計算してみましょう!

100万円の10%10万円ですよね。

単利で運用する場合、毎年10万円が貰えるので10年後には金利が100万円、元本と合わせて200万円になります。



複利ではどうでしょう。

複利は最初の年に110万円になったら、翌年は最初の100万円ではなく、110万円に対して10%の金利がつきます。

翌年には121万円、その翌年は1331,000円になります。

そして10年後にはなんと、2593,742になります!

10年で約59万円の差があるんですね!

これを知っていたら絶対に複利の運用を選びます。



投資においては複利「的」運用、と「的」の文字が入ります。

というのも、100万円で投資を始めて1年目でもし10%負けて90万円に減ってしまったら、翌年は90万円を元手に運用するしかないですよね。
増えるだけでなく、減る事もある場合は複利的運用と呼ばれます。

減ってしまった90万円は10%増やすだけでは99万円にしかならず、元の100万円に戻すには約11.1%増やさなければならないのです...

複利的運用では「毎年利益を出し続けること」大切になってくるんですね。



とっさの暗算が苦手で放送では間違いを連発してしまいました。お恥ずかしいです。

頭では分かっていたはずなのに脳と口の神経が繋がっていないみたいです。

計算練習に励みたいと思います。泣



TOCOM投資スクールの今回のニューフェイスは西山康平さんでした!

賑やかな音楽が溢れた1時間になりましたね(^ ^)

7月の重要スケジュールのうち、

ECB理事会と日銀の金融政策決定会合が終わりましたね!

どちらも利下げは行われませんでしたが、

ECB理事会では「少なくとも2020年の半ばまでは金利を現行かあるいは更に低い水準にする」という声明が発表され、9月の利下げが有力となっています。

日銀の金融政策決定会合では事前予想通り利下げは行われず、公表文には「物価上昇目標への勢いが損なわれる恐れが高まる場合、躊躇なく、追加的な金融緩和措置を講じる」との文言が盛り込まれました。

何度も書きますが、これから始まるアメリカのFOMC10年振りの利下げがどうなるのかというのが最大の注目点になります!



0.25%の利下げは既に100%織り込み済みになっています。

0.5%の利下げが行われればポジティブサプライズ、利下げが行われなければネガティブサプライズとなりますね。

クイズでは今年の利下げ回数についても学びました。

市場が読んでいる今年の利下げ回数は、今回を含めて3です。

今年のFOMCは今回の他に9月、10月、12月に開催される予定です。

4回のうち3回の利下げ。

どのFOMCで実施されるのでしょうか。

今回のクイズ、何と全問正解した方はいらっしゃいませんでした!

難問でしたね!

難問ですがとても大事な問題ばかりです。

しっかり頭に入れたいと思います!

それではまた来週お会いしましょう!

上値の重い原油、基調強める金 [日経新聞編集委員]
2019/07/29(月) 23:26
ホルムズ海峡を中心とする中東不安に
OPECの減産、米株高...。
本来ならば原油の価格が上昇する材料が整っているのですが
原油の価格が思うように上がりません。
ブレントで今月の高値は65ドル、直近63ドル近辺。
去年の高値の86ドルと比べてみても

反応の鈍さが気になります。


もし、去年秋にこの中東情勢であれば、原油価格は100ドルを抜けていたかもしれない
マーケットが、今、中東情勢よりも景気の情勢の悪さを重く見ている...と
今日のコメンテーター、日本経済新聞社 編集委員の 志田富雄さん。

確かに今、OPECは減産していますが、逆にそれは、生産余力があるということ。
そこが、去年と今との大きな違いと志田さんは指摘します。

一方、需要の予測は減少。
IEAの月報の需要見通しでは月を追うごとに減少しており
1-3月期は日量72万バレル
4-6月期は日量80万バレル、下方修正されています。
7-9月も下方修正される可能性があり
今の減産度合いでは過剰在庫の解消が遅れてしまいます。

今月に入ってからも米国株の主要指標であるダウ平均株価とS&P500株価指数が史上最高値を更新。
本来ならこれだけ株が上がっていれば市場はリスクオンに傾くはずなのですが
実体経済の悪さがそれを阻んでいるのです。

それと対照的に金は強さを増してきました。
詳しい志田さんの解説はポッドキャストでお聴きくださいね。



今週の予定(7月29日~8月2日) [今週の放送予定]
2019/07/28(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

先週のNY金は、1420ドル台前後で推移しました。

さて先週はショック時は「金より日本円が有利」という
ゴールドマンサックスのレポートが話題になりました。
6年ぶりの高値圏にある金に対して、円は相対的に割安だと指摘するレポートです。

ボリス・ジョンソン新首相の誕生や
中東リスク、米国の利下げなどが
引き続き金価格を下支えする要因となりそうですが、
値ごろ感だけでみるとここから買いあがるのも怖いかも...という声も。

来週は日銀会合と、長らく相場材料とされていたFOMCがあります。
Sell the rumor, buy the fact
0.25%の利下げなら、ドル高の可能性も?

円・ゴールドは果たしてどのように反応するでしょうか。


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

7月29日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「上値の重い原油、基調強める金」

 

 

7月30日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第16回「複利の光と影」

 

 

7月31日(水)

 

山内弘史さん (エネルギー情報ネットワーク 共同代表)

「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

 

 

8月1日(木)

 

小針秀夫さん (トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)

「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

8月2日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」


 ーーーーーーーーーーーーーーー
FOMCは利下げ幅に限らずドル高か?1.11を死守したユーロ/ドルはどうなる? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/07/26(金) 21:00

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、107.60~108.75のレンジで動きました。

昨日のECBの結果を受けて、ユーロ/ドルの動きにひきづられる形で
ドル/円は上昇しました。

今週の為替の主役はドル/円ではなく、ユーロ/ドル。
ECBは、正常化を探る→利下げ時期を探る方向へと転換しました。
「大規模な金融緩和が必要」
「金利は2020年半ばまで現行か下回る水準」
としながらも、今回で利下げの協議はなかったということで、
政策金利発表後は、かろうじて1.1101を死守したユーロ/ドル(年初来安値)は
その後切り返しました。まさにBuy The Fact。

【2020年半ばまで現行か】
岡安さんはこの部分をハト派と受け止めました。

世界的に緩和方向に進む中、可能なら利下げはしないでおきたい
と一石投じるような文言だったと受け止めました。
欧州は「9月に利下げをしない」可能性が残るといいます。

今日はECBを受けての、ユーロ/ドルとドル/円の動きについて
ラジオネーム:まりもっち さんから質問を頂きました。

岡安さんにファンダメンタル・テクニカル両面から解説して頂きましたので
詳しくは音声でお聴きください!

ここまで今週のECBや、ボリスジョンソン首相誕生時のポンド/ドルなどを見ていると
すべて噂で売って、事実で買う動きに。

来週のFOMCでは0.25%利下げが確実視されていますが、
岡安さんは
●0.25%なら失望のドル買、
●0.5%なら今後の利下げが当分ないとドル買
どちらにしろドル買いになると予想しています。

マーケットが先食いしている状態の
今週のBuy The Factの流れを引き継ぐなら、ドル買の可能性があるでしょうか?

そうなるとドル高ユーロ安になりユーロ/ドルは、再び1.11割れをトライする展開も?

来週の日銀会合~FOMCの流れのなかで、ドル/円・ユーロ/ドルの動きを
岡安さんはどう見ているのでしょうか?


ドル/円の予想レンジなど、この続きはradikoタイムフリーからどうぞ。
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


全26件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]