米国利下げ織り込み進行~英国ブレグジットとポンド [投資α情報(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2019/06/12(水) 20:00

2019年も中間地点。上半期は米中貿易問題に振り回されたマーケットですが6月下旬の大阪G20で歩み寄りは見られるでしょうか。昨年末時点で、米国の金融政策は2019年3回の利上げ見通しでしたが、足元では利上げどころか年内3回の利下げを織り込む催促相場の様相を呈しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

金利先物市場では年内3回、来年1回と4回の利下げを織り込んでおり
米長期金利は2.1%をも割り込むレベルまで低下する局面も。


以前からトランプ大統領からの利下げ圧力はありましたが
貿易問題がもたらす景況感の悪化、先行き不透明感から
FRBは年内いずれかの時点で利下げに転じるだろうというのが市場のコンセンサス。

来週の6月の利下げはさすがに織り込みは低いのですが
7月FOMCで70%程度、9月になると90%を超える利下げ織り込みとなっています。

しかしながら、ドルは意外と底堅い。
利下げ期待が株式市場を支えることで、特にドル円相場は
株高を好感した円安に動くため動きにくい相場展開となっていると石川さん。

また、ECBは6月理事会でコンセンサス通り金利据え置きも
金利のフォワードガイダンス変更。
利上げ見通しをこれまでの2019年末から2020年上半期まで延長しました。


またRBA豪州準備銀行も3年ぶりに利下げに踏み切るなど
世界は再び緩和方向へ転換し始めたようです。

ここからの主要通貨の見通しは?!
石川さんに詳しく解説いただいています。


また、ブレグジットに揺れる英国についてもお話いただきました。
7月22日には新党首選出となりますが、
もっとも人気がボリス・ジョンソン氏。
合意なき離脱も辞さない強硬派ですが、党首選の行方は
ポンド相場にどのような影響を及ぼすでしょうか。

スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk