中東異変にも上値重い原油 [日経新聞編集委員]
2019/06/24(月) 22:02
毎月最終月曜は、日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんに
国際商品に関して伺っています。

本日のテーマは「中東異変にも上値重い原油」
中東異変とは、主にイランの核開発をめぐる、米国とイランの対立。
6月13日、ホルムズ海峡で日本とノルウェーの船籍が襲撃
6月20日、米国の偵察機が撃墜
このところますます緊張感が高まっています。
ホルムズ海峡は原油・石油製品・LNGを積んだタンカーが頻繁に通過する原油輸送の要衝。
1800万バレル/日と、世界の2割、日本では9割の原油がここから調達されています。

当然供給減が懸念され、買い圧力が強まりそうなものですが
米国の原油先物の売買動向を見てみると、そこまでのムードになっていません。
6月11までの7週連続、買い残高が縮小しており、その中身を見ると
売り仕掛けが増えて買い残高が減っている状態。それにより買い越していくというパターン。
そしてこの週末は、売り残高は減っていますが、売りポジションの巻き戻しは起きているけれど、買い残は更に減っているという形です。
そこから、決して原油市場に対する弱気な見方は変わっていないということが分かります。
原油相場は、上昇していることは間違いないけれども、リスクオンで買っているのではなく
売りに傾いていた修正で買っているのに過ぎないということです。

また、米国のWTI原油は5月末から先週末まで7%ほど上昇。これは大体、ダウ平均株価の上昇と同じくらいの上昇率ですが
欧州の北海ブレントは、この期間で1%しか上がっていません。
ここから、ヨーロッパに対する景気の見方が、米国よりももっと弱気であることが分かります。

米中貿易摩擦による世界景気の減速で、原油だけでなく商品全体が弱気なトーンで覆われています。
原油も例外ではありません。
しかしこれだけショートが溜まっている状態ということは、相場の上昇を加速させる地合いが出来上がっているということに注意が必要です。
現実にホルムズ海峡が封鎖されるようなことがあると、ショートが一気に巻き戻される可能性もあるということ。
一方、原油が跳ね上がった場合、世界景気にマイナス要因にも繋がります。
弱気感がさらに強まって、原油だけが巻き戻しが起きる。金が更に買い進まれるパターンも考えられます。
弱気に傾いているだけに、逆に傾きすぎることのリスクを抱えていると、志田さんは指摘しています。

前半では、金の高騰についてお話頂いています。
是非、radikoのタイムフリー、またはSpotifyでお聴きくださいね!
今週の予定(6月24日~28日) [今週の放送予定]
2019/06/23(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

利下げを示唆したFOMCを終えて、コモディティ市場も動き出しました。
米金利は2%を割り込むまで低下、
それを好感し株高となり、S&Pは史上最高値更新、
ダウもあとほんのわずかで史上最高値。(終値ベース)

金利のつかないゴールドは大台の1400ドルにのせました。(TOCOM金も年初来高値を更新)

株高、ゴールド高、
は教科書的には両立しませんが、
リスクオン相場なのか?リスクオフ相場なのか?
一体どちらが続くのでしょうか?

そして原油は、イラン革命防衛隊が米国のドローンを撃墜したこととと
株高から57ドル台へと上伸。
悪天候からシカゴ大豆・コーンも5年ぶりの高値をつけています。

今週末はもう一つのイベント、G20が待っています。


では、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーー

6月24日(月)

 

志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)

「中東異変にも上値重い原油」

 

 

6月25日(火)

 

小次郎講師こと手塚宏二さん

『小次郎講師のトレードラジオ講座』2019年度第1期

第12回「トレードルール作り」

 

 

6月26日(水)

 

藤澤 治さん(オイルエコノミスト)

「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

 

 

6月27日(木)

 

小山 堅さん (日本エネルギー経済研究所 常務理事 首席研究員)

「2019年原油市場、ここからの価格変動要因」

 

 

6月28日(金)

 

岡安盛男さん (FXアナリスト)

「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

フラッシュクラッシュ後の安値を切り下げたドル/円の行方は?! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/06/21(金) 20:50

こんばんは、辻留奈です。
明日は夏至ということで、写真の背景をご覧ください!
18:20でもこんなに外が明るいなんて!幸せだ~遊びにいきたくなっちゃいます~

今週のドル/円は、107.05~108.72で動きました。
先週のレンジから、安値も高値も切り下げています。
「G20にむけて米中電話会談」報道で、ドル/円が上昇したのもつかの間、
FOMCでは利下げが示唆され、米金利は2%を下回り、
あっという間にあわや107円割れ寸前。

フラッシュクラッシュ後の安値(107円ミドル)を割り込んだことから
いよいよドル/円は円高方向に動き出したのでしょうか?


注目されたFOMCは、人によって、受け取り方が異なったのではないでしょうか?
「利下げが示唆された」と伝えるものが多いですが、
本当のところはパウエル議長も迷い気味だったのかもしれません。

次の行動様式として
「辛抱強くなる(patient)」の文言が削除され、
「適切に行動する(appropriate)」へと変化。
ドットチャートの中央値自体は2.25-2.50%と変わらなかったものの、
年内に金融緩和へ転じる可能性が示され、7月の利下げは100%とも言われています。


しかしS&Pは史上最高値を更新、ダウもあと75ドルあまりで史上最高値。
本当に利下げがふさわしい環境なのでしょうか?

金利がさがる、株は上昇、ゴールドも1400ドルに上昇と
教科書的ではない動きをみせています。
この違和感はすべて、
「米中貿易問題の先行きが見通せない不安感」に帰結すると岡安さん。

世界の中央銀行が利下げ方向である理由も貿易問題が根底にあるといいます。

FOMC前日には、ドラギ総裁から
「ECBは追加緩和できる」発言がありユーロが急落しました。
これに対して、後日トランプ大統領が通貨安誘導だとかみついていましたが
何より注目するべきは、トランプ大統領の他国の為替への言及回数が増えていることです。

岡安さんは、これらのトランプ発言は、G20前の「とあること」への布石だと話していました。
果たしてそれは?

ドル/円はフラッシュクラッシュ後の安値を完全に割り込んでしまいました。
岡安さんは、下値のターゲットをどこまで切り下げたのでしょうか?

来週のドル/円の予想レンジは?
radikoタイムフリーからどうぞ!
(Spotifyでも聴けるようになりました!)


それではまた来週!


米長期金利2%割れでゴールド急騰 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2019/06/20(木) 22:17

6月FOMCでは年内利下げが示唆され、米長期金利は2%の大台割れ。ドル安が進行したことで、金価格は大きく上昇し、長らく抵抗となってきた1350ドルの節目を突破、1390ドルまで吹き上がりました。

米株市場も大きく上昇しており史上最高値まで1%足らずの水準にまで到達。株高、金高はインフレ時にみられる値動きですが、インフレ期待がなく、景気後退が懸念される中での資産価格上昇にリスクはないのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットアナリスト菊川弘之氏をお迎えしお話を伺いました。

インフレ期待がない中での金融相場の様相を呈し始めましたが、
金高・株高は教科書的にはインフレ時代の資産上昇期の値動きです。

どちらかが間違っている、、、?!

また、これまで株式と原油の相関性が高かったのですが、
この金融相場では原油の需給が緩いことが価格の上値を抑えており
原油価格はあまり大きく上昇していません。

菊川さんは、需給のタイト感がない原油相場まで
利下げ期待に反応して大きく上昇するようなら今後のリスクが大きくなると指摘。

利下げ見通しは、インフレ期待が大きくないことが前提。
物価が上昇しインフレの兆候が出てくると利下げができなくなります。

利下げ期待であまりに上昇してしまうと、利下げがしにくくなるという
リスクが増大するとは、、、、。


その時にもヘッジとなるのがゴールドです。

金融相場で水準が切り上がっていますが、
仮に、利下げができないという金融政策への失望から株が大きく
崩れることがあれば、これもまたゴールド市場にとってはプラス材料です。

また、菊川さんは小麦をきっかけにした穀物価格の高騰が
引き起こしたアラブの春2012年相場に酷似していることが気がかりだと指摘。
中東リスクにも警戒しておく必要があるようです。

スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

FOMC直前、金と原油の相場展望 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/06/19(水) 20:04


今夜の6月FOMCではどのようなスタンスが示されるでしょうか。

さすがに今回の利下げは市場に織り込まれていませんが、2018年末時点では2019年3回の利上げが見通されていたことを考えれば、現状の市場の利下げ期待は異常事態。FRBの政策転換はマーケットに大きなインパクトとなります。ドル安となれば株式、コモディティ市況にはプラスとなりますが、これはあくまで教科書的な見方であり、それほどまでに景気が悪いのか、と市場に嫌気されリスク資産が大きく下落するリスクがないとは言えないのです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は三菱UFJリサーチ&コンサルティング 主任研究員 芥田知至氏をお迎えし
コモディティ市況のここからを展望いただきました。

まずは今夜のFOMC。

金融要因による金利、ドルの動向が国際商品の価格動向を大きく動かします。
教科書的には
金利低下、ドル安ならコモディティ高。
金利上昇、ドル高ならコモディティ安。



金価格は市場の利下げ期待を織り込み、6月14日には1,350ドルを上回り、
2018年4月以来の高値をつける局面もありました。


また、米中貿易交渉の不透明感や中東の緊張の高まりも金市場にとっては
下支え要因です。地政学リスクによる投機筋の金買いは一時的なボラ上昇を促し
直ぐに鎮静化する傾向が強いのですが、水面下で進められる新興国中央銀行の
金買いは長いトレンドとなっています。


新興国は米国による制裁リスクを伴うため、ドル資産の圧縮を進めているとみられ
米国債などのドル資産が粛々と金などの別資産にシフトする動きが確認されています。

ここからの展望を芥田さんに伺いました。

また、4月下旬をピークに下落傾向で推移していた原油相場は、
下げ止まったようには見えるもの上値が重く、底這いに近い状態。


来週25日がOPEC定例総会の予定でしたが
どうやら7月10~12日頃の開催に延期されたようです。

しかし、現時点ですでにサウジが産油国による協調減産の継続に向けた
動きが進んでいると示唆しており、非OPECとの協調減産継続が
下値を支えていくものと思われます。


5月にはUAEのフジャイラ沖でのサウジの石油タンカー等への攻撃や、
サウジの石油パイプラインに対するドローンによる攻撃、
6月13日にもオマーン湾で日本籍タンカーなど2隻が攻撃されるなど、
中東の地政学リスクの高まりも、原油相場の押し上げ要因。
足下では高水準の原油在庫が原油市況の上値を重くしていますが
米国は、ガソリンの需要期に入りつつあります。
ガソリン在庫は低水準で推移しているため、需要期によって需要が伸びるここから
原油から製品への精製活動が活発になり、高水準にある原油在庫が
減少に転じる可能性が期待されています。

ここからの見通しは?!
スポティファイでのポッドキャスト配信もスタートしました。
詳しくはポッドキャストでお聞きくださいね。
https://open.spotify.com/show/230k9NexbGZ5g1h4uBShSk

全25件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]