メキシコ関税であっけなく108円台。ユーロ/ドルは下降チャネル、1.10射程圏内か。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2019/05/31(金) 20:15

こんばんは、辻留奈です。
うっかり先週土日に霞が関付近を歩いてしまい、警備の厳重さに驚きました...
トランプ大統領へのおもてなしがフィーチャーされましたね。

今週のドル/円は、108.70台 ~109.92のレンジで動きました。
中国が米国に対して「レアアース輸出を規制する!」と社説で反撃しても、
109円の底堅さ、110円の上値の重さ!を確認できていたはずが...はずが...、
トランプ大統領が今朝、8:30頃にメキシコに関税をかけると表明したことで
14時頃には、あんなに堅かった109円をあっけなくわりこんでしまいました。


ユーロも伊の財政規律懸念を受けて軟調な展開です。
ユーロ/ドルはいよいよ1.10が射程圏内に。
ユーロ/ドルは、綺麗に下降チャネルラインを引くことができる状態です。
チャネルをブレイクするまでは、ユーロ売りということでしょうか。


昨日までのドル/円は、ドル高・円高、ポンド安・ユーロ安のなか、
クロス/円に買いが入っていたため、意外と底堅く推移していました。

しかし今朝のメキシコへの5%関税報道で
ユーロ/円、NZ/円も、フラッシュクラッシュ後の安値を確実に下抜け、売りがでてきています。
クロス/円に買いが入るのか、投げられてしまうのかが、来週のドル/円の鍵となりそうです。


果たして、岡安さんのドル/円の予想レンジは?
詳しくは、ポッドキャストもしくはradikoのタイムフリーでお聴きください。


それではまた来週!