英国は本当にEUを出るのか?!ポンドの行方 [投資α情報(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2019/03/13(水) 20:04


英国のブレグジット期限が3月29日に迫る中、英国議会はまだメイ首相がまとめたEUとのブレグジット案を承認していません。


12日の下院投票でもメイ首相がEUとの間で取り纏めたブレグジット修正案を再び否決しました。それでも、足下ポンド相場は上昇基調にあり、大きく崩れていません。ここからのスケジュール、そしてポンド相場の行方は?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 石川久美子氏にお話しを伺いました。

今日13日には、合意なき離脱(ノーディールブレグジット)を問う下院投票があります。
合意なき離脱は誰もが避けたい最悪シナリオです。順当に考えれば否決されます。
BOE,イングランド銀行は合意なき離脱となった場合、
英国経済は1年以内に8%縮小、ポンドは25%下落して米ドルと等価になる
などと警鐘を鳴らしています。

そして、明日14日には離脱期限の延期を問う下院投票。
合意なき離脱が否決されたなら、今月29日までの離脱協定案を作成するには
どう考えても時間がないことは明らかなので、可決されるはず、、、。


ということで、マーケットはブレグジット期限は延期されることを織り込んでいるようです。

また、通貨ポンドが戻りを試す相場になっている背景として
どうやら、英国は2回目の国民投票を実施するのではないかとの観測も。


2/18に野党労働党の7議員が離党、その後も離党者が出て「9議員が離党」する事態に。
コービン労働党党首が「再国民投票」を支持する側に転向しました。
この頃からポンド上昇に弾みがついています。


ここからのポイントは?!

石川さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。