今週の注目~FOMCの動向 [鎌田伸一記者]
2019/03/18(月) 23:01
今、残念ながら世界の投資家の間では、日本株を欲しい...とは思われていません。
世界の株式市場で米国株が強くなるという中で、日本株は出遅れ株として見られています。
そのような状況で今週のマーケット、どこに注目すれば良いのでしょうか?
ラジオNIKKEI鎌田伸一記者に、伺いました。

鎌田さんが今週まず注目するのは、3月20日27時に行われるFOMC政策金利発表。
昨年クリスマスに株価は大きく下落。年明けにアップルショックがありましたが
その後はまずまず堅調に株価は上がって来たと考えられます。
その背景は、パウエル議長が1月のFOMCの声明文に示唆しているように
FRBが利上げを一旦停止する...という、株式市場にとっては有利な金融政策を行うという見通しが原動力となっています。
市場では、今年の利上げはない...と織り込んでいるわけですが
果たして今回のFOMCのメンバーの金利見通しは、それに沿った内容になるのでしょうか。

昨年12月の段階では、昨年末のFFレート2.5%に対し、0.25%の利上げを1回と考えた場合、
今年末のレートについて、上限3.25%...3回利上げと見ていた人が17人中6人
上限3.0%...2回利上げと見ていた人が5人
上限2.75%...1回利上げと見ていた人が4人、という状況でした。

それから現在まで、経済市況はそんなに悪くはないのですが
クリスマスにかけて株価の下落が大きかったこと
アップルが異例の業績下方修正を発表したことなど米中貿易摩擦がマーケットに与えてきた影響を鑑みて、利上げ停止...となったわけですが
12月の段階で利上げ3回と考えていた6人が、果たして2段階も引き下げて利上げ1回とするのか?
もし、利上げ2回が6人となった場合、市場との乖離にネガティブな見方が広まるのではないか?
このような点が注目されます。

また、3月21日21時30分のフィラデルフィア連銀景況指数発表も注目だそうです。
先週末にNY連銀の同様の製造業アンケート調査の結果が発表されたのですが
その中に、鎌田さんが気になることがあったのだそうです。
それは、労働者の割合は大幅に増えているのに、労働時間は大幅に減っているということ。
事業者は雇用を増やそうと一生懸命に取り組んでいるのに、仕事の量自体が減って来ているのではないかと懸念されるというのです。
フィラデルフィア連銀の発表でも確認してみるそうです。

その他、ナイキの決算発表が今週21日に行われる予定ですが、アジア全般の消費の需要の状況を考える上で大きなポイントになるので注目とのこと。
日本は21日は春分の日でマーケットは休みですが、マーケットの材料は満載なので
その状況を受けて今週後半以降の日本株、世界のマーケットどんな動きになるのか期末の大きなポイントです。

鎌田さんの解説、オンデマンド放送でお聴きくださいね。

今週の予定(3月18日~3月22日) [今週の放送予定]
2019/03/17(日) 12:00
こんにちは、辻留奈です。

【2月の商品概況】

パラジウムは上場来高値を更新。
一方プラチナはディーゼル車の需要減少に伴い、3000円を割りこむ水準に落ちこみました。
個人投資家の間では値ごろ感から、プラチナ現物の受け渡しが増えました。
プラチナが3000枚の受け渡しを超えたのは、1992年以来ということでした。

プラチナの指輪、宝飾品狙うなら今?

マーケットトレンドでも、池水雄一さんが
プラチナとパラジウムの価格逆転の話題をよくとりあげていますが、
このトレンドはまだまだ長く続きそうですね。


それでは、今週の予定です!
ーーーーーーーーーーーーーーーー


3月18日(月)
鎌田伸一 (ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

 

 

3月19日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第3期
Lesson14「増し玉の仕方」

 

 

3月20日(水)
森田隆大さん (森田アソシエイツ 代表)
「2018年の金の需要動向とトピックス」

 

 

3月21日(木)
春分の日のため、番組はお休み

 

 

3月22日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

雇用統計2万人は忘却の相場、ポンド中心も既に材料難か? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2019/03/15(金) 21:30

こんばんは、辻留奈です。

今週のドル/円は、110.74~111.89で動きました。
雇用統計の結果が2万人で驚いたことなんて、
すっかり忘れるほどポンド中心となった1週間でした。

ポンド/円は1週間で上下に5円も動き、
5分足でも100pips以上変動するほど乱高下しました。

もう二転三転のイギリスのニュースを追うのに疲れたというアナタに
15日付のイギリスの状況をまとめました。

===イギリスまとめ===

①EU離脱修正案は否決 

現状のバックストップ案だと(アイルランドの国境復活を防ぐための安全策として、
良い案がみつかるまで一時的にイギリス全土をEU関税同盟に残す)

一時的ではなく、無期限にEUの関税同盟に残るリスクがあるから、
それは嫌だ~!!!と英議会。

メイ首相がEUと、無期限に残り続けることにならないように
「法的拘束力のある形で合意してきた」と言っても、、、
英議会は「NO!!!!」と答えをだしました。


②合意なしの離脱回避案は可決。 

 =ハードブレグジッドの可能性は(ほぼ)なくなった。
  ひとまず良かった!ただし、ヒヤッとするほどのわずかな票差でした。


③EU離脱延期可決。 

→まずは、20日までに①で否決した離脱協定案を英議会で承認するのがメイ首相の仕事。
 そのうえで、3月末の期限を6月末に変えてもらいます!
 しかもEUの全会一致が条件。

 来週の焦点:
 2度も否決された離脱案、メイ首相は今度こそ上手にまとめられるのでしょうか?

===============

もっとも危惧していたハードブレグジッドは回避、ということは
今後ポンドを買ってもいいのでしょうか?

テクニカル的には、ポンド/ドル(日足)は
1.33ミドル付近を頭にしたダブルトップをつけています。
今後下げてきたときに、1.31付近で下げ止まれるかどうかが、
ポイントになりそうです。

そんなイギリスですが来週はBOE、
そしてドットチャートがなくなるという話もでているFOMCがあります。

とはいっても、
ドルを動かしているのはポンドだけ。ドル/円は動かずという相場。


そろそろマーケットもブレグジッドの話題に飽き、
材料難となりつつある雰囲気。
ドル/円の膠着状態は続くのでしょうか?

予想レンジは、radikoタイムフリーからどうぞ!


それではまた来週!


買い材料乏しい中、原油上昇へ?! [大橋ひろこコラム]
2019/03/14(木) 19:46

13日発表のAPI米石油週間在庫統計の結果を受けWTI原油が足元のレンジを上放れして上昇してきました。中国景気失速、米国の景気にも懐疑的ムードが芽生える中、原油価格は2018年秋から大きく下落を強いられてきましたが、足下では反発基調を強めています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はトーキョー・トレーダーズタイムズ代表 小針秀夫氏をお迎えし
コモディティ市況の現状を今後についてお話を伺いました。

英国石油開発企業大手のBPが2月14日発表した
2019年版の「BPエネルギーアウトルック」

世界の1次エネルギー消費は、中国、インドをはじめアジア全域での生活水準向上により、
2017年の135億1,100万トン(石油換算)から2040年には178億6,600万トンへ32%増加するものの、
年平均の伸び率は、1995~2017年までの約20年間の年平均伸び率2.1%から、
2017~2040年の次の約20年間では1.2%へと大きく減速するとしています。


※1次エネルギー源別内訳では、2017~2040年には石油の比率が34%から27%へと減少する一方、
価格が安く二酸化炭素排出量が少ない天然ガスの比率が23%から26%へ上昇し、
ガスへの転換がさらに進むとされています。

長期ファンダメンタルズ要因には不安材料が多いのですが
原油価格は上昇基調を強めているのは何故でしょうか。

テクニカル要因もあるようです。
逆三尊を形成しているように見えますね。
また、株式市場が堅調に戻りを入れる中、相関性の強い原油価格もこれにつれ高と
なっています。ボーイングの墜落事故でダウ平均はボーイング株に足を引っ張られていますが
Nasdaq総合指数やS&P500などは年初来の高値を更新してきています。

そして、ゴム市況。

◆中国政府による自動車購入支援策や米中貿易摩擦の沈静化観測
◆世界最大の天然ゴム産地タイの減産期入り
◆国際3カ国協議会(ITRC) で天然ゴムの輸出削減策が合意

2月20~21日に開催された国際3カ国協議会(ITRC)では
インドネシアの提案で、「天然ゴム30万トンの輸出削減策」が話し合われ、
5月20日から9月19日までの4カ月間、輸出削減することで合意しました。

タイ 12万6000トン(月間3万1,500トン)
インドネシア 9万8000トン(月間2万4500トン)
マレーシア 1万6000トン(月間4000トン)

総合計は24万トン


ただし、これは減産ではなく輸出削減であることから、
輸出を減らす分は在庫化されて、のちのちの供給増の問題につながることは必至です。

また、天然ゴム生産国連合(ANRPC)は、
2018年の世界の天然ゴム生産量を1396万トン、消費量を1401万7000トンで、
差し引き5万7000トンの供給不足としていますが、ここからンポイントは?

小針氏に伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。

英国は本当にEUを出るのか?!ポンドの行方 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2019/03/13(水) 20:04


英国のブレグジット期限が3月29日に迫る中、英国議会はまだメイ首相がまとめたEUとのブレグジット案を承認していません。


12日の下院投票でもメイ首相がEUとの間で取り纏めたブレグジット修正案を再び否決しました。それでも、足下ポンド相場は上昇基調にあり、大きく崩れていません。ここからのスケジュール、そしてポンド相場の行方は?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 石川久美子氏にお話しを伺いました。

今日13日には、合意なき離脱(ノーディールブレグジット)を問う下院投票があります。
合意なき離脱は誰もが避けたい最悪シナリオです。順当に考えれば否決されます。
BOE,イングランド銀行は合意なき離脱となった場合、
英国経済は1年以内に8%縮小、ポンドは25%下落して米ドルと等価になる
などと警鐘を鳴らしています。

そして、明日14日には離脱期限の延期を問う下院投票。
合意なき離脱が否決されたなら、今月29日までの離脱協定案を作成するには
どう考えても時間がないことは明らかなので、可決されるはず、、、。


ということで、マーケットはブレグジット期限は延期されることを織り込んでいるようです。

また、通貨ポンドが戻りを試す相場になっている背景として
どうやら、英国は2回目の国民投票を実施するのではないかとの観測も。


2/18に野党労働党の7議員が離党、その後も離党者が出て「9議員が離党」する事態に。
コービン労働党党首が「再国民投票」を支持する側に転向しました。
この頃からポンド上昇に弾みがついています。


ここからのポイントは?!

石川さんに伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で石川さんの解説をお聞きくださいね。

全25件中 11件〜15件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]