FOMC終えて、三角保ちあい収束から下方ブレイクしたドル/円 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/12/21(金) 22:10

こんばんは、辻留奈です。


なんだかマーケットのムードが一気に変わってしまいましたね。
今週はダウも、日経平均株価も、年初来安値を更新。
1年の終わりに今年の上昇ぶんを吐き出してしまいました。


注目された今年最後のFOMCはコンセンサスどおりの利上げ、
来年の利上げは、3回から2回へ引き下げ、
2010年の利上げ回数は1回の利上げ見通しとされましたが・・・

岡安さんが今回のFOMCで注目したのは、どの部分だったのでしょうか?


来年1回の利上げもあり得る(=利上げが来年で打ち止め)という声もあったところ、
「利上げは2010年まで」とされた点が好感されてもよかったのに、
ドルが買われることはなく、

むしろ長期見通しが3%→2.75%に引き下げられたという
景気減速の方にマーケットは反応してしまいました。


本来、利上げペースが遅くなることは、株にとってはプラスに働くのですが・・・?

米金利が急激に低下し、2.8%をわりこんだことは、逆イールド(景気後退)を意識させ
株価にマイナスに働きました。
さらにWTI原油価格が下げ止まらないことも、株価の底が見えない要因に。
先を見通せない様々な不安感は株価の頭をおさえ、センチメントを悪化させているといいます。


ドル/円は、短期的には三角保ちあいの収束を下抜け、110.81をつけました。
(※長期でみると、上昇トレンドはまだ続いている)

200日移動平均のところで、なんとか下げ止まっているドル/円ですが
来週はクリスマス休暇の薄商い、
110円という心理的節目の下抜けには注意したいところです。

岡安さんの予想レンジは、タイムフリーorポッドキャスト音声からどうぞ~


それではまた来週~!


低迷するゴム市況、現需給と今後の展望 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018/12/20(木) 20:40

2018年は天然ゴムの供給が豊富であったところに 米中貿易戦争の影響で中国製タイヤの米国向け輸出には、米国輸入時に25%の追加関税をかけることが決まり、ゴム市況には打撃となりました。


以降、米国向けのタイヤの輸出がほとんどなくなり、その分中国のタイヤ生産量が減少することに。さらに中国の自動車生産が9月以降前年同月比マイナスになり、国内の新車用タイヤ生産も落ちてきました。これで天然ゴムの成約量が減り、価格も一段安となっています。




皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は加藤事務所 代表取締役社長の加藤進一氏をお迎えし
世界のゴム需給動向と今後の展望を伺いました。



米国トランプ大統領が1月からの25%追加関税を
90日間猶予するとしたことで、天然ゴム相場価格が反発していますが、
今から天然ゴムを買ってタイヤを作り、
米国に持って行ってもすぐに3ヵ月かかってしまうため、
この価格上昇も限定的とみられます。



価格が低迷すると主要生産国らが価格支援策を打ち出すことで
価格を支えてきた歴史がありますがタイ・インドネシアでは
政府が輸出量を規制することをあきらめたようだ、と加藤氏。



タイ、インドネシア、マレーシア 3ヶ国だけの輸出規制しても
ベトナムや中国など生産国が多様化したことで
効果が極めて限定的なのだそうです。



来年はタイは選挙があるので、農民のために天然ゴムラテックスを買い上げ、
道路のアスファルトに混ぜて消費するとのことを始めているようですが、、、。



主要生産国であるタイ、インドネシア、ベトナムの人件費を考えると、
今の価格では農民の生活費が稼げず、赤字になりつつあります。
この状態が続くと生産者はゴム生産が続けられず、
2019年には供給がやや減る可能性も。

生産者らは米中貿易戦争が終わることを願っているのですが。

日産自動車の電気自動車戦略の今後と次世代自動車の未来 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018/12/19(水) 21:07

11月19日、カルロス・ゴーン氏が東京地検特捜部に逮捕されました。日本株全体のセンチメントも冴えない中、ゴーン氏逮捕以降日産自動車の株価は下落基調にあります。

仏ルノーが日産の電気自動車の技術を取り込むのを阻止するためだったのではないか、との憶測もありますが、電気自動車のコア技術であるオートモーティブエナジーサプライ(NECとの共同出資び電池事業会社)は中国系で再生可能エネルギー事業を手がけるエンビジョングループに譲渡することが決定しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏をお迎えし
「日産自動車の電気自動車戦略の今後と次世代自動車の未来」
をテーマにお話を伺いました。


フランスは黄色いベスト運動に揺れていますが、
日産自動車がバッテリー部門を中国に譲渡することが決定しており、
フランスは工場を国内に持ってくることで雇用を確保しようとしていたのではないか、
とも考えられますが、マクロン大統領の支持率は大きく低下し、
デモの影響はPMIの50割れをもたらしています。

デモのきっかけとなった燃料税の引き上げは、
元をたどればドイツのフォルクスワーゲン車のディーゼル車の排出規制不正問題。
これを機にそれまで優遇されていた軽油の税制の見直しが、
この騒動の引き金となっています。
マクロン大統領としては、EV化の流れを加速させ用途の思惑があり、
それが日産自動車の囲い込みにつながっていったものと推測できます。


今回の逮捕劇は、仮にゴーン氏が無罪を勝ち取ったとしても
ルノー、日産、三菱自動車の3社連合での事業展開には禍根を残すことになると思われ、
電気自動車戦略には急ブレーキがかかったといえましょう。

また日本の自動車メーカーの中でも日産は中国市場にも積極的に進出していましたが、
中国の景気減速も著しく、自動車販売台数の落ち込みは5カ月連続。
中国市場での販路拡大も見込み薄、、、。

ということで、バッテリー受注は停滞、リチウム、コバルト価格は大きく下落しています。

では、次世代自動車はどこがどのような形でシェアを獲得するのでしょうか。

大場さんは全個体電池の可能性について解説くださいました。
トヨタが2020年代前半には実用化できるとか?!

詳しくはオンデマンド放送で大場さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~トレードルール
2018/12/18(火) 23:56

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.
12月11日から第3期シリーズがスタートしています。

第3期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=137809743

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_14.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson2「何故トレードルールが 必要か?」です。

皆さんは投資(トレード)をする際にルールがありますか?

トレードをした瞬間に正しい判断が出来なくなるものです。
東大生のように優秀な人が高校生程度の判断力になってしまうとか。

安定投資家になるための方法論として
破産しない資金管理を覚える必要性と
エッジ(優位性)のある状況を見抜く手法の習得が求められますが
これらをもとに、自分のトレードルールを作ることが肝要なのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師のお話しをお聞きくださいね。

商品相場も激動の1年 [日経新聞編集委員]
2018/12/17(月) 23:02
石油輸出国機構(OPEC)は今月7日、ロシアなど非加盟の主要産油国との会合で
2019年1月から、合計で日量120万バレル減産することで合意しました。

本日のコメンテーターは日本経済新聞社 編集局 編集委員の志田富雄さんは
120万バレルという数字自体は、当初予想されていた100万バレル以上で、しっかり合意してきたなと評価していますが
その減産量の中身、OPECが日量80万バレル、非加盟国が日量40万バレルについては
非加盟国がそこまで減産できるのか懐疑的に受け止めているそうです。
相場自体も、下落の勢いは
止まったものの、まだ弱気のまま。
先週末発表された米商品先物取引委員会(CFTC)のNY原油の取り組みを見ても
売り残高が増えて、買い越しが2年ぶりの低水準まで減少。先安が見られているのではないかと。

下落要因はトランプ政権の対イラン制裁適用除外とシェールオイルの増産。
対イラン制裁はの適用除外は半年の期限なので来年5月になれば、また今年の10月と同じやり取りが行われ
そして5月は米国のドライブシーズン。ガソリン需要が盛り上がってくる時期なので
来年以降も神経質な展開が続くと考えているそうです。

後半は、志田さんの今年一年の商品相場振り返り。
相場自体も大きく動いた一年でしたが、志田さんはそれ以外にも"秩序"が大きく動いたと考えるそうです。

オンデマンド放送でお聴きください。


全25件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]