中間選挙、3つのシナリオのどれに落ち着く? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/11/02(金) 19:40


こんばんは、辻留奈です。


いよいよ来週6日は、米中間選挙。
翌日7日の東京市場で結果が明らかになります。


岡安さんは3つのシナリオを解説しましたが、
この中で岡安さんが最も濃厚と感じているものは?
音声で聴いてくださいね。


1 上院下院 共和党が過半数
「ドル/円 上昇」


2 上院は共和党 下院は民主党
「やや売りも、大きな下落はなく、むしろ買いのチャンス?」


3 上院下院 民主党
「ドル安円高 110円割れも?ひいては大統領の弾劾、罷免?」


ポジションの注意点も話しています。


そしてポンドにも注目!
ポンド/ドルは、1.27ではね返され、
1.27を背に現在1.30台まで急上昇。


11月21日までにブレグジット合意か?と憶測記事が
発表されたのを皮切りに、
EU離脱しても金融アクセスは可能にするなど
真実は未だ定かではありませんがポンド上昇に弾みをつけました。


ダブルトップを形成後に、ダブルボトムを完成、
ネックライン1.29も抜けて上昇基調に見えますが、何せポンド。
ブレグジット合意なら、買いのエネルギーは十分、
さらに上昇するということでしたが
ポンドの動きの速さと突発的なヘッドラインニュースには要注意。

中間選挙の前にまずは雇用統計ですね。

聞き逃した方はポッドキャスト音声からどうぞ!


それでは、また来週!