小次郎講師のトレードラジオ講座~フィボナッチ [「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第2期(~18年12月)]
2018/10/02(火) 23:23

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


現在、第2期を学んでいます。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson9「フィボナッチ」です。

フィボナッチが人の名前だった、というのをご存知ですか?

レオナルド・ダ・ピサというイタリアの数学者の名前なんだそうです。
どこにもフィボナッチの要素がないじゃないか、と思うでしょ。
実は、「フィ」というのは息子のこと。

レオナルド・ダ・ピサのお父様の名前がボナッチさん。
「ボナッチ」さんの息子(フィ)ということでフィボナッチなんですって。
今日まで知りませんでした・・・!

さて。1、1、2、3、5、8、13、21、、、

この数列、次の数字は?!

「前の前の数」+「前の数」=「次の数」となっている法則に気が付きましたか?

これが相場を支配する基本数列フィボナッチです。
この世で最も美しいバランス、
最も調和の取れたもの=黄金分割(黄金比率)は
フィボナッチ数列から生まれたのです。

レオナルド・ダ・ビンチの人体構成図
パルテノン神殿
ミロのヴィーナス
ギザのピラミッド、、、

自然界にもフィボナッチ数列を見出すことができます。

巻貝の螺旋
ひまわりの種、松ぼっくり、、、

これが、相場にどのような意味をもたらすの?!

トレンドの押し目はフィボナッチになりやすいんです。
さて、これはどういうことでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

日銀の利上げを阻む"法則"とは? [日経新聞編集委員]
2018/10/01(月) 23:11


先月20日、自民党総裁選挙で3選を決めた安倍信三首相。
憲法改正と並んでデフレ脱却を政権のレガシー(遺産)にしたいと考えているようだ」...と本日のコメンテーター 日本経済新聞社 編集委員の 清水功也(いさや)
さん。
安倍首相は、総裁選の討論会で日銀の金融緩和の出口政策について「非常に良い形で経済が成長してきているなかで何とか(2021年9月までの)任期のうちにやり遂げたい」と強調。
選挙勝利後の記者会見でも「デフレ脱却の道筋を3年間でしっかりつけたい」と語っていました。

しかし、今、日銀の利上げを阻むのは、政権の反対ではなく、米国や世界経済の動向であると清水さんは指摘。

これまで日本の景気を引っ張ってきた海外経済は、米中貿易戦争の激化で下振れリスクが意識されやすくなってきています。
国際通貨基金(IMF)によると、米国発の貿易戦争で、米中の実質経済成長率は20
19年に最大0.9%程度下押しされ、世界経済の成長率も最大0.7%程度の押し下げられると見込んでいるのだそうです。

安倍首相の任期が切れる3年後までに、日銀をとりまく状況がどうなるか、清水さんの考察を伺いました。
日銀の利上げとFRBの動向には3つの法則があるのだそうです!?

詳しい解説はオンデマンド放送をお聴きください。

全27件中 26件〜27件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 6 ]