供給不安後退、原油はトップアウトしたのか [大橋ひろこコラム]
2018/10/31(水) 19:39

10月 3日、WTI原油が76.90ドル、ブレント原油が86.74ドルと約4年ぶりの高値を示現。米国のイラン制裁の発動が11月5日に近づき、イランの原油輸出が日量100-150万バレル減少するとの観測が価格を押し上げましが、10日、米国の株式市場が暴落すると油価も下落し17日にはWTI価格は70ドルを割り込み下落基調を強めています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治氏をお迎えしてお話を伺いました。


カショギ記者の殺害の黒幕がサウジアラビアのムハンマド皇太子であるとの
疑惑が、米国による制裁につながるとして原油市場でも警戒が強まる瞬間が
ありましたが、サウジは原油を外交のカードには市内と表明、米国の要請に応え
増産するとも発言しており、足元ではサウジリスクは後退しています。
ただし、サウジの政治体制に国際的な批判が高まっており、
現在のサウジの王制維持への懸念は長期的に今後の中東リスクとなります。


米国のイラン制裁発動時期が迫っていますが、
中国、インド、トルコ等がイラン原油の輸入を継続しており、
イランからの原油輸出がどの程度減るのかが不透明になってきました。


制裁によりイランの原油輸出量が日量100万バレル減少するとして
10月初旬まで原油価格は上昇を続けましたが、その効果には懐疑的な見方も。
イランの国営タンカー公社は38隻の大型船を保有していますが
現在の自動認識装置(AIS)のスイッチを切りGPSでは追跡できないような
"幽霊タンカー"化しており、実際には、イランから原油が輸出されているようです。
一方で、米国も中国やインドには、イラン原油の輸入量の削減を条件にして、
制裁免除(Waiver)を認めるのではないかとも報道されており、
イラン制裁が原油価格の強気材料とするのはテーマとして古くなってきました。


供給不安が後退する中、需要の減退がテーマとなりつつあります。
EIAによれば2018年の生産量は、日量1,074万バレルと
前年対比日量約140万バレル増ですが
10月の短期エネルギー見通しでの2018-2019年の需給バランスでは、
来年の石油需要は日量約150万バレル増と予測するも、
供給は非OPECの生産量が日量約220万バレル増と
OPECの生産量は、2018年より減ると予想となっています。
つまり、景気に強気ではないということです。

IMFも世界の来年の経済成長率の予測値を下方修正していますが、
BPのCEOであるボブ・ダドリー氏は、来年は景気後退によって
原油価格が50-60ドルに下落する可能性もあると指摘しています。


まだ市場には100ドル超えの予想もありますが
WTI原油価格は10月20日にコンタンゴとなりました。
実際に需給は緩んできているのです。 
NYMEXのファンド筋の買い越し残高は、ここのところ減少していますね。

さて、ここからの原油価格予想は?!

詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線の基礎 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第2期]
2018/10/30(火) 23:03

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


現在、第2期を学んでいます。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson13「移動平均線の基礎」です。

チャートを学ぶ際に小次郎講師が徹底していることがあります。
一般的にテクニカル分析は売買サインばかりが注目されますが
何故それが買いなのか、売りなのか理解してトレードされている方は
あまり多くないと思われます。
小次郎講師は、その意味を知ることが重要だと説かれています。

小次郎講師流チャート分析マスターの5箇条!

① 計算式を覚える
② 計算式の意味を理解する
③ 計算式を元にその指標がどこを見ているのかを知る
④ 売買サインを学ぶ
⑤それが何故買いサインなのか、何故売りサインなのかを知る

どのテクニカルを学ぶ際もこれを忘れずに!

まず最初は、テクニカル分析の第1歩、移動平均線です。
1960年に発表された「グランビルの法則」から広まった移動平均線。
過去何日間かの終値の平均値を計算し、その値をつなげた線。

移動平均線の「移動」って何を意味するかご存知ですか?!

まずはここからです。

また、移動平均線は計算式も難しくありませんね。
では、移動平均線とろうそく足の位置から何が読み取れるでしょうか。
ゴールデンクロス、デッドクロスばかりが移動平均線ではありません。
買い方、売り方の力関係などさまざまなことが読み取れるのです。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

株式市場の今後の見通し [鎌田伸一記者]
2018/10/29(月) 22:49

東京株式市場は神経質な動きとなっています。
日経平均は今日も35円近い下げで、3日続落。売り圧力の強い状況になっています。
なかなか上がらない日本株。
本日のコメンテーター ラジオNIKKEI 鎌田伸一記者にその背景と今後について伺いました。

現在の世界的に株価が不安定な状況は、米国の株価下落に端を発したものです。
米国株、非常に強かったのが下落に転じ、そこに加えて今月は決算発表のシーズン。
その内容を見て更に株価が下がるという状況になっています。
例を挙げると
建設機械の「キャタピラー」が決算発表を行い、7-9月期に史上最高の一株利益(EPS)を記録することが明らかになって
その翌日、株価9%下落。
「Amazon」は、利益が、前年同期に比べ10倍になったのに、売り上げが未達ということで、株価が10%下落。
100兆円の時価総額の会社の株価が10%下落するということは、10兆円の時価総額がなくなるということ。
株式を保有していることに対して警戒感が出てきて、株式売却、株価全体が下がるという図式です。

結論として
これから先の「企業収益はかなり落ちる」ことを前提として、今の株価が形成されているので
「企業収益がさほど落ちない」という状況になれば、株価は落ちない...と鎌田さん。
さほど落ちない、だから日本株が下げたところで時期を分散して購入するという姿勢が良いのではないか...とのことです。

「ファナック」(6954)、「三菱電機」(6503)、「スタンレー電気」(6923)を例に挙げて解説して貰いました。
詳しい中身はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

今週の予定(10月29日~11月2日) [今週の放送予定]
2018/10/28(日) 12:00

こんにちは、辻留奈です。


先週はNYパラジウムが最高値を更新!
円建てのパラジウムも史上最高値更新。
米国が中距離核戦力(INF)条約を廃棄し、
パラジウムの主要産地であるロシアとの関係悪化が意識されたとのこと。

今年2月のVIXショック時には
「流動性の低いパラジウムが大台を割り込んだときは、株価が下がる予兆」
と言われ、たしかにそのタイミングでパラジウムは1000ドルをわりこんでいました。

しかし今月上旬の世界同時株安、そして今週の株安時には
パラジウムの価格は高値圏にありました。

それほど、ガソリン車触媒としてのパラジウムの価値や需給の方が
強く意識されているということなのでしょうか。

ーーーーーーーーーーーーーー
それでは今週の予定です!

10月29日(月)

鎌田伸一(ラジオNIKKEI 記者)
「株式市場の動向と今後の見通し」

 

 

10月30日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第2期
Lesson13「移動平均線の基礎」

 

 

10月31日(水)
藤澤治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

 

 

11月1日(木)
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し

 

 

11月2日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

 


それでは来週も聴いてくださいね~♪

 ーーーーーーーーーーーーーーーー

もしかして、株安の犯人は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/10/26(金) 21:15
こんばんは、辻留奈です。
目線の先には為替レートが映し出されているのですが
岡安さんはどの通貨ペアを見て渋い表情をしているのでしょうね~。

ダウは500ドル下げて、400ドル上げたかと思えば、600ドル安からの400ドル高。
日経平均株価は、600円安があったと思えば、また800円安。
なんとボラタイルな1週間だったのでしょう。


一方のドル円は、111.80~112.90と小幅な動き。
リスク回避の円買い・ドル買いの綱引きとなったと岡安さん。


今後の為替の動き左右するであろうこの株安ですが、株安の張本人とは一体?

岡安さんからは「サウジアラビア」というキーワードが出てきました。
オイルマネーがひいている?
たしかに原油価格も下げてきています。

詳しくはオンデマンドでどうぞ!



また先週、ダブルボトム完成間近だったユーロ/ドルとユーロ/円は
ダブルボトムを完成させることなく、節目の1.1430と128円台を下抜けしました。
ユーロ/ドルは、ここからもう一段の下落?
ファンダメンタル・テクニカル両面から解説を聞いてくださいね。


また来週のドル円の予想レンジとともに、注意したい価格帯もお伝えしました。
「111.50を下抜けると別世界へ」「112.90にはオプション絡みの売り」

聞き逃した方はオンデマンド音声でゆっくりお聴きください。

それではまた来週~!


全27件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]