史上最高のゴールドショート、ドル高いつまで?! [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2018/09/06(木) 21:04

2018年前半は新興国通貨安が、トルコリラは年初を100とすると8月10日▲82%下落し、8月16日▲55.5%まで回復、その後再び8月30日▲77.4%まで下落しています。アルゼンチンペソも下落し、アルゼンチン中央銀行は政策金利を45%から+15%引き上げて60%とするなど混乱しています。南アランドは8月30日年初から▲19.5%下落し、2四半期連続マイナス成長に陥っています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今回は、コモディティーインテリジェンス代表取締役社長の近藤雅世氏をお迎えしお話を伺いました。


これもすべてドル高に起因しています。
米国の景気は良く、2009年3月以来過去最長の好景気を保っており
米国は2015年12月からすでに7回利上げをしました。

米国金利上昇で世界の資金がドルに回帰しており新興国から
資金が流出しているのです。

IMM通貨先物ポジションを見ると4月からドルインデックスは
買いが続いており一人勝ちの様相。

一方で、ゴールドは売り込まれています。
ドル高の影響でゴールドはネットショートとなったことが話題ですが、
過去最大となっていたゴールドのショートは、8月21日の21万6,317枚。

どこまで売りが積み上がるかが注目されていましたが
翌週8月28日は初めて▲5,180枚減少して、21万1,137枚となっています。
近藤さんは誰かが買い戻せば、ファンドは次々と金を買い戻すのではないか、
として、ファンドのポジションに注目しています。

そのためにはドル安となることが必要ですが、9月は織り込み度が100%に近く
利上げは確実も、12月は70%程度、2019年になると利上げ織り込みが
ガクンと下がっていることがFedウォッチから確認できます。

9月のFOMC後の声明、会見が注目でしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で近藤さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。