小次郎講師のトレードラジオ講座~ローソク足の型 [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2018/08/28(火) 23:02

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


今回から第2期新シリーズスタートです。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson4「ローソク足の型」です。

ローソク足は日々の4本値を元にローソク状に描いたチャートです。

始値と終値でローソクの実体部分を描き、
高値や安値は実体部分から線を伸ばして描きます。
この高値安値の線を『影』または『ひげ』と呼びます。

この「実体」部分の大きさが相場の勢いを象徴しています。
大きな陽線は買い方の勢いが強いことを
大きな陰線は売り方の勢いが強いことを表しています。

そしてひげは、買い方と売り方の勢力争の激しさを象徴するもの。
場中に付けた高値、安値ですが、終値ではその高値、安値が維持できなかった、
ということですので、争いの跡ということでしょうか。

まずは大陽線、第陰線を見つけることから始めよう、と小次郎講師。
エネルギーが大きなろうそく足を見つけることが重要です。
相場の流れが大きく変わる可能性を秘めた予兆となることが多いのです。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。