ユーロトレンド発生! [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/08/24(金) 21:10



こんばんは、辻留奈です。


トランプ大統領「FRBの利上げ、気に入らない」発言を受けて、
一時109.75をつけたドル円は、1日で行って来いとなり、
24日には110円台半ばまでドル高が進みました。

ドル円はリスクオンに傾きはじめたとみて良いのでしょうか?
それとも、このままドル円は8月1日につけた112.14を抜けないまま、
月足陰線となるのでしょうか?

岡安さんの解説とドル円の予想レンジはオンデマンドでどうぞ。


何より今週、顕著だったのは「ユーロの強さ」
気づけばユーロ円は125円台から、オンエア後には129円台まで上昇、
ユーロドルも1.15の節目を抜けて、上昇トレンドが発生しているようにも見えます。

ユーロの強さは、いくつか理由があると岡安さんは解説。
①トランプ大統領のEUへの為替言及によって売られた、ユーロの買戻し
②トルコの休場 
③米金利の下落
④ユーロポンドの上昇

岡安さんが注目通貨として取り上げた「ユーロポンド」は、
ハードブレグジッド懸念から、今年の最高値圏にあります。
放送終了後も、さらに上昇しています。

こうしてみると、ユーロ単体の理由というより、外部要因によるところが大きいのですね。

果たして、このままユーロの上昇は続くのでしょうか?
ユーロ円で、目先のターゲットを岡安さんに伺っています。
こちらもオンデマンドからお確かめください。

それではまた来週!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!
竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。