8月のリスク、何故リスク回避でゴールドは買われないのか [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2018/08/15(水) 20:19

1971年ニクソンショック、90年クェート侵攻、91年旧ソ連クーデター、98年ロシア債務不履行、2007年パリバショック、11年米国債格下げショック、15年チャイナショック、、、すべて8月に起こった事柄です。そして2018年はトルコリラショックでしょうか。8月は欧米勢のサマーバケーション、日本勢のお盆が休暇で商い
が薄くなることから、値が飛びやすくなる傾向が強いのですが、今年はリラ下落がユーロ下落を誘引しドル高が進行する展開となっています。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットアナリスト 菊川弘之氏をお迎えしお話を伺いました。


トルコリラが下落したことで、トルコ向け債権のエクスポージャーの高い
欧州への不安が高まり、ユーロドル相場が1.150ドルのレンジ下限を下抜けて下落。
ドル高が加速したことで、ゴールド価格が1200ドルの大台を割り込んでしまっています。

ユーロドルとゴールド、原油相場の相関は高く、ユーロが下げ止まって反発しないことには
ゴールドの底入れ確認とはならないと菊川さん。


リスク回避で資金の受け皿とされるゴールドですが、今回のリスクは米株が大きく崩れると
いうところまで波及しておらず、まだ本格的な金融危機というムードではありません。
現状では、リスク回避の側面よりも、ドル高という金融要因に相関しているようです。
ただし、リーマンショック時がそうであったように、大きな危機が訪れた場合には
株もコモディティも何もかも売られるのですが、最初に立ち上がったのがゴールド。
トルコショックが本格的金融危機を引き起こすとなれば、様相は変わってくるかもしれません。


また、ユーロドル下落にも高値圏を維持しているのが原油相場。
好景気による旺盛な需要とOPECと非OPECによる減産で需給の引き締まりが
価格を押し上げてきましたが、上昇力は落ちてきています。


11月の米国の中間選挙、イランへの制裁などを巡って原油価格を動かすニュースが
色々出てきそうですが、季節要因的にはガソリン需要と灯油需要の端境期に入る秋口は
原油価格が軟化するサイクルにあり、WTI65ドルの下値サポートが決壊すれば
200SMA付近までの下落がありそう、、、。

詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。