ドルと円、どちらも安全通貨ゆえドル円はレンジ。 [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/08/31(金) 21:30
こんばんは、辻留奈です。
毎回同じ時間に写真を撮っているのですが、ずいぶん日が短くなってきました。


「インフレは2%を超えて加熱する様子はない」
ジャクソンホールでのパウエル議長の発言は、ややハト派と捉えられ
利上げの打ち止めも意識されたのですが・・・

昨日発表されたPCEデフレーターは2.3%

あ、あれ?パウエル議長、インフレ加熱してませんか?

トランプ大統領を意識してか(?)マーケットに加熱感を持たせないためにも
利上げに対してのパウエル議長のトーンはやや落とし気味かもと岡安さん。


そんたく?


また本日8月31日中に、米国とカナダの話し合いが決着する予定のNAFTA。
岡安さんは、メキシコが合意した「自動車の数量規制」に注目。
9月に開かれるFFRで、日本にもこの条件を出す可能性があるとのこと。
しかし単純にこれで円高というわけでもないんだとか。


そして今週も新興国通貨の下落がとまりません。
アルゼンチンの政策金利は60%
ここまで金利をあげても、海外資金が集まるのか疑問が残ります。
そもそもこんなに金利が高くて借金を返せるはずがない!?


トルコやアルゼンチンをはじめとした新興国通貨の下落は、米金利の上昇というより、
債務残高の高さや政治など、その国自体に原因があると岡安さんは解説。


一方この新興国通貨の下落の動きに対して、動かないのがドル円。
今週もみごとなレンジ相場です。


これはドルも円もどちらも【安全資産】として意識され、
リスク回避の「円高、ドル高」の綱引きとなっていることが理由だということでした。

そのドル円の予想レンジ、オンデマンドからご確認ください。


それではまた来週!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コモディティ投資をじっくり学べる一日。
毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!
竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!
詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

貴金属市場の現状と今後のポイント [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/08/30(木) 20:03

ドル高が顕著となった8月16日、ドル建て金価格は1,160ドルに接近する下落となり2017年1月以来の安値に沈みました。リスク資産は金市場から流出し米国株、米国ドルへとシフトする流れが続いています。ドル高となると国際商品価格は下落します。米金利先高感からドルに資金が集中する中、米中貿易摩擦問題も需要の減退を連想させるため、商品価格の上値を抑えてしまっています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊さんをお迎えし
貴金属市場の動向と今後の見通しを伺いました。


24日、ジャクソンホール会合でのパウエルFRB議長の講演が
「インフレ過熱感がない」とややハト派的であったことから
長期金利が低下、ドル安となったことをきっかけにゴールドは反騰。
1,200ドル台を回復していますが、これが本格上昇ののろしとなったのでしょうか。


NY金先物市場では大口投機家の買い越しが6月12日には
12万0,240枚まで増加したもののその後、一貫して減少が続き、
8月14日にはとうとう3,688枚の売り越しに転換。
現状までで2週連続の売り越し状態となっています。
先物市場でのゴールドネットショートは16年ぶりのこと。


また、SPDRゴールドETFの金保有高は8月29日現在、759.87トンとなり、
6月末の819.04トンから54.46トン減少(約7%減)。
ETF市場からの資金流出も続いています。

また、金とプラチナ価格の逆転現象が長期化しており、
現在金が1,206ドル水準で推移しているのに対し、プラチナは796ドル台で推移。
プラチナは金に対し、410ドルの下ザヤとなっています。

プラチナ市場の今後は・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。



***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

イラン制裁のリスクプレミアムで高止まりの原油市場 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/08/29(水) 19:36

7月の原油市場は、月間平均では、WTIは$70.58/バレルで6月平均より$3.25高となった一方、ブレントは$74.95/バレルで6月平均より$1.09安となりました。米国の需要は好調でしたが、ブレントの先物は7月23日には従来のバックワーデーションから期近物が期先物より安いコンタンゴに変化。欧州では、米国原油の輸入が増え、西アフリカ原油や北海原油が押し出されて供給過剰状態になったためとみられます。

8月のWTIの平均価格は、$67-68/バレルで7月より$2-3安。ブレントも$73-74/バレル程度で、7月より$2-3安になるものと思われます。上値が切り下がってきましたが、ここからのポイントは...?!

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治氏をお迎えし原油相場の現状と
今後の見通しをお伺いしました。

米国のイラン制裁の影響は常に市場を支える要因とされており、
イランの原油輸出量を日量100万バレル減少させるとの指摘もあります。
しかし、思惑通りにイランの輸出を日量100万バレル減少させることは可能でしょうか。


米国との貿易戦争の最中にある中国やトルコがイランからの原油輸入を増やす
との見方もあるようです。実際に中国は7月、6月の日量66万バレルより多い
日量77万バレルのイラン原油を積んだと報道されていいます。
6月、中国は米国産原油を日量約45万バレル輸入しましたが、
貿易戦争の展開で米国からの輸入を減らし、イランに切り替えている?!


また、米国は戦略備蓄(SPR)を1,100万バレル(2ヶ月間:日量18万バレル)の
放出を決めたましたが、今後も国内のガソリン価格の上昇を抑制すべく、
OPECに増産要求を続けるとみられます。


欧州の需給は緩和気味で、約1,400万バレルが洋上在庫となっているとか。
原油の現物需給は逼迫していないのが現状です。


強弱の材料が混在していますが、藤沢さんは現物需給のタイト感はなく、
リスクプレミアムが剥落する過程で原油価格は緩やかに下落していくのでは?
とお話くださいました。その背景について詳しくはオンデマンド放送で
藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

小次郎講師のトレードラジオ講座~ローソク足の型 [大橋ひろこコラム]
2018/08/28(火) 23:02

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいます.


今回から第2期新シリーズスタートです。
第2期テキストはこちらからからDLできます。(有料)
https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=133955786

詳しいカリキュラムとオンデマンド等のアーカイブは
こちらのページをご覧ください。
http://blog.radionikkei.jp/trend/2018_12.html


放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから
公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はLesson4「ローソク足の型」です。

ローソク足は日々の4本値を元にローソク状に描いたチャートです。

始値と終値でローソクの実体部分を描き、
高値や安値は実体部分から線を伸ばして描きます。
この高値安値の線を『影』または『ひげ』と呼びます。

この「実体」部分の大きさが相場の勢いを象徴しています。
大きな陽線は買い方の勢いが強いことを
大きな陰線は売り方の勢いが強いことを表しています。

そしてひげは、買い方と売り方の勢力争の激しさを象徴するもの。
場中に付けた高値、安値ですが、終値ではその高値、安値が維持できなかった、
ということですので、争いの跡ということでしょうか。

まずは大陽線、第陰線を見つけることから始めよう、と小次郎講師。
エネルギーが大きなろうそく足を見つけることが重要です。
相場の流れが大きく変わる可能性を秘めた予兆となることが多いのです。

***************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。


詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

売り越しに転じたNY金 [日経新聞編集委員]
2018/08/27(月) 22:18
本日のコメンテーター 日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さん
この一か月、貴金属市場でびっくりすることが二つあったそうです。

一つはプラチナ相場がNY市場先物期近で768.7ドルとザラバで約10年ぶりの安値をつけたこと。
リーマンショック後の2008年10月の安値761.8ドルにあと少し。
もう少し遡ると2004年5月の安値にも迫っています。約14年ぶりの安値水準に届くほど下げ圧力が強まっていることが分かります。

もう一つは、NY金先物がついに売り越しに転じたこと。
CFTC(米商品先物取引委員会)が先々週に発表した建玉報告で、NY金先物取引のネットポジションが
16年ぶり(2002年8月13日以来)に売り越しに転じたことが分かりました。
当時と比較して見ると
当時の売りポジションは26,100枚 → 今は222,000枚 
当時の買いポジションは25,000枚 → 今、213,500枚
この16年間で大きなマネーが入るようになり市場が構造的に変化してしているのが分かります。
また相場で見ても
当時(2002年8月)の月間のNY先物期近で、高値は318ドル、安値は298ドルと
300ドルを挟んでの攻防でした。
2001年に255ドルの安値を付け、そこから上昇していった過程ですが
2002年に300ドル、2003年11月に400ドル、2005年11月に500ドル。
2002年の売り越しと同水準の売り越しに転じても、今、1,200ドルの水準にあるということは
それだけマネーが膨張して、不安感が溜まっているという裏返しの証拠とも言えます。

これだけ売り圧力が強まった背景として、一番に挙げられるのはドル高。
しかし、空前の規模ということは、買い戻し戻しも起こりやすいということです。
何かきっかけがあると。
先週のジャクソンホールでのパウエル議長の利上げはこの先は急がないといった趣旨の発言のあと
ドルインデックスは95まで戻って、金が1,200ドルに戻しています...。
詳しくはオンデマンド放送でお聴きくださいね。

****************************************************************

コモディティ投資をじっくり学べる一日。


毎秋恒例の「コモディティフェスティバル」

今年は、9月8日(土)大阪、9月22日(土)東京で開催!

竹中平蔵さん・真壁昭夫さんの基調講演をはじめ、

当番組コメンテーターでもお馴染みの小次郎講師・小菅努さん・江守哲さんが、
ファンダメンタルズ・テクニカルの両面からじっくりと解説します!

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)。

全30件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]