生育順調、通商問題も重なり暴落した大豆、今後の見通し [コモディティの見通し(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2018/07/11(水) 19:44

米国産穀物、特にトウモロコシは受粉期を迎え、天候相場真っただ中です。

5月に当限つなぎ足価格で410セントを超える高値があったシカゴコーンですが、
6月下旬に向けて338セントまで大きく下落。

足下では戻りを入れるかに見えますが、上値が重い展開が続いています。

大豆価格は米中貿易摩擦への懸念も大きく3月には同1082セントの高値がありましたが足下では837セントまで下落。高値から20%を超える大きな下落となっています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はコンチネンタルライス代表 茅野信行氏にお話しを伺いました。


米国穀倉地帯はこのところ高温乾燥が続いており、
短期的にはコーンの受粉に悪影響も懸念され、
シカゴコーンは買い戻される局面もありましたが、
現在までのところ、大きな波乱はないようです。

高温乾燥が続いているにも関わらず、生育状況は依然として良好なのです。

授粉期のトウモロコシ進捗率は37%(5年平均18%)、
大豆の開花率が47%(27%)と生育はかなり順調。

現時点では、今年も豊作の見込み、となれば、
7年連続の豊作となります。天候相場に波乱なし、豊作の見込みで
米中貿易摩擦懸念がなくても、価格下落は免れなかったとみられます。

トランプ米大統領が中国製品340億ドル相当に関税を賦課したことへの報復として、
中国は幅広い米農産品に対する追加関税を7月6日から適用するとしています。

しかしながら、中国は食用油需要の増大や豚肉などの飼料としての大豆輸入が年々増大しています。
中国の大豆の総需要はは2017年で9700万トン程度。
中国は国内でも大豆生産を行っていますが、需要を賄いきれる生産量ではありません。
およそ7900万トンを輸入に頼っており、うち6000万トン近くを米国から輸入しているのです。
南米産は2000万ドン弱程度とみられます。

米国から輸入せざるを得ないというのが実情。

関税などかけても自分の首を絞めるだけのことですが、
中国が結局輸入を継続することが確認できれば、過剰に売られ過ぎた大豆価格は
修正されるものと思われます。

茅野さんは豊作織り込みで安値は9ドル程度。
足下で8ドル50セントを割り込む下落はやりすぎだと指摘。

ただし、すぐに反発できるセンチメントではなさそう。
日柄が必要でしょうか。。。

詳しくはオンデマンド放送で茅野さんの解説をお聞きくださいね。