今年も8月は円高か? [日経新聞編集委員] [マーケット・トレンド]
2018/07/02(月) 22:37


為替のアノマリーに「8月は円高になりやすい」というものがあります。
過去20年間、ドル・円相場が7月末から8月末にかけてどう動いたかを調べてみると
円高方向だった年は
14回と約7割、年間の相場が円高・ドル安になったのは11回にとどまっていることから考えると
やはり8月には円買い圧力がかかりやすいといえそうです。

本日のコメンテーターの、日本経済新聞社 編集委員の清水功也さんによると、その理由はいくつかあって
夏休みに入る前に日本の輸出企業が為替予約(先物のドル売り)を増やすという説。
8月には米国債の利払いがあり、機関投資家がそれを円に替えることが関係しているという説など。
いずれにしても、皆が「8月は円高が進みやすい」と思うと、実際の相場もその方向に向かいやすくなるものです。

そこに加えて
、今年の夏は日米通商問題の季節になる可能性があるわけです。
まず7月に日米間の新しい協議「FFR」が開かれる予定。
安全保障を理由に鉄鋼・アルミニウムの輸入制限を発動した米国は、自動車への適用も検討しています。
貿易政策面で中国への強硬姿勢が目立ってきたトランプ政権。秋の議会中間選挙に向けて成果を必要としているためですが
巨額の対米貿易黒字を抱える日本への態度も厳しくなってくる可能性があります。

自動車の輸入制限に関して、取り沙汰されているのは25%もの追加関税を課す案。
商務省が調査をしたうえで大統領に報告書を提出し、トランプ氏が判断を下す流れになります。
ロス商務長官は7月末か8月には調査を終えたい意向と報じられており、その、調査の中身に市場の関心が強まります。

このように日米通商問題に注目が集まると、必然と円買い圧力が強まりやすくなります。
米側は対日貿易赤字を減らすため円高を促す為替カードも使う...という思惑が広がるためです。
自動車関税引き上げを見送る代わりに為替をからめた別の要求をしてくる可能性もあります。
こうしたシナリオにマーケットが神経質になっても不思議はありません。

この夏は、もうひとつ見落とせない要素があります。それは日銀の動き。
金融政策による需要刺激だけでは物価押し上げに限界があるとして、追加緩和と距離を置くスタンスを印象付ける可能性があります。
日銀が追加緩和に消極的な姿勢を示した場合、円売りが出にくくなる可能性があるのです。
実は、過去5年間に限ると、「8月の円高」が起きる確率は4割に下がっていました。
これは背景に異次元緩和の円安効果があったからと考えられるのですが、その効果が弱まるなら状況は元に戻るかもしれないのです...。

詳しい清水さんの解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

ゴールドフェスティバル2018フォトレポート [ゴールドフェスティバル2018] [マーケット・トレンド]
2018/07/02(月) 11:25

ゴールドフェスティバル2018

~ フォトレポート ~

ゴールドフェスティバル2018
開催日時:2018年6月30日(土)
開催場所:東京・品川グランドホール


ゴールドについて学び、ゴールドを体感する特別な一日。毎年恒例のゴールドフェスティバルが先日開かれました。
今年のテーマは、ワンダーゴールド!
多くの熱心な投資家の皆さんがゴールドについて学びにいらっしゃいました。
「マーケット・トレンド」では、会場を取材し独自の視点から写真を中心にイベントを振り返ります。
(各講演内容など詳しくは、ゴールドフェスタ公式ページをご覧ください/外部サイト)




まずは会場の雰囲気からどうぞ~
来場者の4割がゴールド保有者。
これはすごいイベント!さて、どんな声が聴けたでしょうか?


まずは今年のゴールドフェスタで、最も世相を反映していたのが、サカモト彫刻さんのブース。

仮想通貨って目に見えたっけ?これは幻?
なんと!そこには手で触れないはずの仮想通貨があるではないですか!
   

初公開の「純金モナーコイン」。量産できる鋳型も置いてありました。(量産!?)
ビットコインに、イーサリアム、色々置いてあるではないですか!
もしかして、来年はもっとアルトコインの種類が増えていたりして。


先着300名にオリジナルコインを配っていました!

ビットコインのイメージ映像ででてくる、あれです。
あっという間に配りきっていました。すごい人気です。

今年は講演項目にも「仮想通貨とお金の未来~デジタルゴールドはゴールドを超えられるか~」
がありました。時代を感じますね~


そして、東京商品取引所・TOCOMブースへ。

ゴールドインゴットに中は、羊かん!!!
手軽にカロリー摂取できると書いてあります。
昼食がわりに、さっそく食べてしまいました。腹ぺこ~

これ全部で何カロリーくらいになるのだろう?なんて考えていると、
マーケット・トレンドでもおなじみの池水雄一さんが歩いているではありませんか!
池水さ~ん、写真撮っていいですか~?講演前の池水さんをパシャリ(写真左側)
池水さんといえば、ゴールドのスペシャリストですが、実はもう1つの顔があるのです。

ランニング&グルメキング。いつも素晴らしいグルメ店を教えてくださるんですよ~。

講演では、個人投資家にも人気のTOCOMの商品「ゴールドスポット」の魅力を、
TOCOM担当者とともに伝えていました。


さて、金も色々な形があります。
友禅染の技法を用いた金彩アーティストNatsukoさんのアート展示は繊細で
思わずため息がこぼれてしまいます。
黒字の布に施された金彩アートは、インスピレーションが降りて
迷わずに描ければ、一気に1日で仕上げられるのだそうです。

世界にたった一つの手描きのスマホケースは、
3つのケースを、同時に描いては乾かしながら、1日で完成させるのだそうです。


そうこうしていると、ゆるきゃらの影!あとを追いかけました!
マーケット・トレンドでもおなじみ!ゴールドフェスタの進行役 大橋ひろこさんと
日本唯一の現役金鉱山・菱刈鉱山のある、鹿児島県伊佐氏のゆるきゃら イーサキングさま。

イーサキングさまは、しゃべることができる、ゆるキャラ。
写真撮影中も「僕の顔のしわ大丈夫~?」と軽快に渋い声でしゃべっていました。

2人は掛け合いながら、ゴールド川柳&フォトコンテストの入賞作品を紹介していました。
フォトコンテストは応募者1403点のなかのグランプリ。
そして、ゴールド川柳は7503句の頂点です。

「新旧の 彼氏が集う 貴金属」

物質としての金、投資対象としての金、色々ありますが、
これはジュエリーボックスの中で、コレクションになってしまったゴールド・プラチナなのでしょうか・・・?
今彼の心境はお察しますが、女性としてはずいぶんおモテで羨ましい~なんて思ったり。


貴金属以外に女性が興味を示すものといえば、コスメ。
こちらのコスメはパリミキブースの「麗人花」、
よ~く見るとジェルがピンク色なのですが、これは金が溶けた色。
金がナノ化すると、赤くなるのだそうです。
肌を活性化する作用があるとうかがいました。手に塗ってもしっとり~

2018年モンドセレクション金賞受賞、なんとこのプラセンタジェル美容液の
トラベルサイズが女性の来場者にプレゼントされていました。来年もやってほしいな~

パリミキって、あの眼鏡のパリミキですよ~
コスメをやっているなんで知りませんでした!
ゴールドインゴットを扱っていることも知りませんでした!

「ほんの480万円でございます」

ほ、ほんの?

この日の金は税込小売価格が、1g、4865円。
初めて1kgを手にとったのですが、ずっしり。重すぎて、1度で掴めませんでした。

私にとって、なかなか1kgの現物は購入できませんが、
今日の講演で、中国ではスマホを使って0.001gから気軽に金を買えるような
プラットフォームができているという話があり、興味深かったです。
世界で金の「ちょこっと買い」が一般的なものになったら、いずれ需給に影響する日がくる?

そして、未知の世界だったのが、アンティークコイン。

イギリスの「ウナライオン金貨」の相場にびっくり。
500~800万円で取引されていたものが、5年で4000万円まで高騰。

さきほどの川柳ではありませんが、貴金属のプレゼントとどちらがいいのかな~
なんて真剣に考えてしまいました。



最後に会場で出会った皆さんの声です!

「金投資はまだしていないけれど、今日は勉強しにきた」(女性)
「金と関係がある仕事をしていて、興味があってきた」(男性)
「東証1部の銘柄を中心に投資、分散投資する上で金に関心を持っている」(男性)
「株式投資暦10年以上、金はETFに投資中、商品先物は貴金属・穀物に投資中」(男性)
「現物で金を保有」(男性)

「マーケット・トレンド聴いてます!」と嬉しい声をかけてくださった方もいました!

来場者の皆さんの投資暦、投資商品、動機は様々で、いろんな方が集まるイベントです。
来場を迷っていた皆さん、来年はお気軽にご参加くださいね~!!!