山澤氏に聞く「日銀金融政策の評価と今後の課題」 [投資α情報(大橋ひろこ)] [マーケット・トレンド]
2018/06/07(木) 19:47

4月より日銀の第2期黒田体制がスタート。米国や欧州が出口に向かう中で日本だけが異次元緩和を継続しています。新体制を黒田2.0と定義した時、ここからの課題はなんでしょうか。そして2013年から「超円高と資産デフレ」解消を目的に実施されてきた異次元の金融緩和、黒田1.0の評価とは?!


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は日銀で要職を歴任されました
東京商品取引所 社外取締役 山澤光太郎氏をお迎えし
日銀金融政策の評価と今後の課題をお伺いしました。


為替市場ドル円相場は80円高から2015年には125円台までの円安ドル高を示現。
日経平均も24000円台までの大きな上昇を見せています。



円高是正と株価上昇は評価できるものの、インフレ目標2%の達成時期が
見えてきません。山澤氏はこれだけ景気がいいのに世界的に物価が上昇しない
ことは世界的に「謎(コナンドラム)」と受け止められているとしながらも、
需要不足ということではなく、構造的問題が潜んでいるとお話くださいました。

グローバリゼーションによるアウトソーシング、
デジタル化によるコスト削減、
女性、高齢者など賃金単価が高くない雇用の拡大などを指摘されています。


また、番組では出口論を封印しつづけている日銀の金融政策の副作用や
出口戦略の時期などの課題についても伺っています。


この金融政策はコモディティ市場にはどのような影響があるでしょうか。

詳しくはオンデマンド放送で山澤さんのお話をお聞きくださいね。

----------------------
6月30日(土)東京・品川で年に1度の"金(ゴールド)の祭典"、「ゴールドフェスティバル2018」が開催されます!

この番組でもお馴染みの池水雄一さん・亀井幸一郎さんによる金投資・金価格に関する講演をはじめ、
早稲田大学大学院教授・岩村充さんに仮想通貨の未来を語っていただきます。


その他、ゴールドバー・金貨の展示や体験型イベントなど盛りだくさんでお届けします。

詳しくは下記のバナーをクリックしてください(外部サイト)(定員になり次第締切)。