今週の予定(7月2日~6日) [今週の放送予定]
2018/06/30(土) 07:00
おはようございます、辻留奈です。


みなさ~ん、今日は何の日か、覚えていますか??

マーケットトレンドのリスナーの皆さんならわかるはず!?
「聞いていなかった」なんて言われたら、涙ポロリ。
毎日、お知らせいれていましたが、ついにやってきました!


ぴかぴか(新しい)ゴールドの祭典 ゴールドフェスティバル2018ぴかぴか(新しい)


事前申し込み制ということですが、参加される皆さん、
本日は私も取材にでかけます!

見かけたら、お気軽にチャチャいれてください!
チャチャ入れついでに、インタビューもご協力頂けたら嬉しいな~なんて。

参加しないという皆さんもご安心を!
取材ブログもアップしますので、どうぞお楽しみに~!


ーーーーーーーーーーーーーーーー
それでは、今週の予定です。


7月2日(月)
清水功哉さん (日本経済新聞社 編集委員)
「今年も8月は円高か?」

 

 

7月3日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期
Lesson14「板の見方①」

 

 

7月4日(水)
柴田明夫さん (株式会社資源・食糧問題研究所 代表)
「専門家の目~資源価格とマーケット動向」

 

 

7月5日(木)
池水雄一さん(ICBCスタンダードバンク 東京支店長)
「専門家の目~世界の金の動き」

 

 

7月6日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

 

それでは、来週も1日15分お楽しみに~♪

貿易問題、二転三転を飛び越えて七転八倒? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/06/29(金) 21:35
こんばんは、辻留奈です。
早いものでもう梅雨明け~。梅雨が一瞬しかなかったような・・・。


「EUからの自動車輸入に20%関税をかける!」
「中国企業の米ハイテク企業への投資を禁ずる!」
「それは中国のみならず、全世界適用だ!」
「いや中国のみが対象だ、誤解だ!」
「やっぱり、中国投資の制限にもっとも厳しい措置はとらない!」
「いや、中国に対する姿勢はゆるめない!」

二転三転どころではない、トランプ大統領&側近の発言。

EUからの報復関税に、ハーレーダビッドソンは耐えられないと
工場を米国以外に移そうとすると、トランプ大統領「我慢しろ」と一喝。

もう、どうにもこうにもおさまらない貿易問題。

狙い撃ちされている中国の上海総合指数は3000ポイントを回復できていません。

この1週間の人民元安とともに、豪ドル安が進んでいると岡安さん。
貿易戦争による中国の景気悪化は、
中国を主な資源輸出国とするオーストラリアにも波及するという懸念からです。



一方、EU首脳会議では、難民問題で議論が難航したものの、
合意に達し、29日の昼には一気にユーロ高(円安)になりました。

ただ今日は、期末・月末・週末にあたり、
ポジション調整の買戻しである可能性を岡安さんは指摘しています。

ということは、来週はもう一度ユーロ売りの可能性?
果たしてユーロの行方は・・・・?
ドル円の予想レンジもお聴き逃しなく。


オンデマンドからお聴き頂けます。


それでは、また来週~

その前に、明日ゴールドフェスタにでかける皆さん、一緒に楽しみましょう!
下落基調強める金、リスクにも反応薄い背景
2018/06/28(木) 23:24

2018年、ドル建て金相場は5月上旬まで現物価格ベースで1,300~1,365ドルのレンジ相場を形成していましたが、5月15日4月のニューヨーク連銀の製造業景況指数が事前予想の15.0を大幅に上回る20.0となると、米長期金利が急上昇、ドル高となり、1,300ドルを割りこみ、昨年12月28日以来の安値1,288ドルまで下げ足を速めました。その後も金は軟調に推移しており、6月27日には1,251ドル台まで下落。昨年12月以来、半年ぶりの安値水準まで沈んでいます。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回はみんかぶ商品調査部門アナリスト森成俊さんにお話しをいただきました。


6月12、13日のFOMCで今年2回目の利上げが実施されました。
年内あと2回の利上げの見通しが強まり基調はドル高です。
また、6月14日の欧州中央銀行(ECB)理事会では
量的緩和(QE)を今年9月以降は月間150億ユーロに縮小し、
年内で終了する方針が決定されましたが、
来年夏まで金利を据え置くとの見通しが示され、ユーロが大きく下落しました。

またしてもドル高加速です。

ドル高がゴールド市場下落を誘引しています。


NY金市場で1月後半まで短期資金が流入していました。
1月23日時点で、大口投機家の買い越しは214,684枚まで積み上がっていましたが
足下では10万枚以下にまで買い越し幅が減少してきています。

また、SPDR(ゴールドETF)の金保有高は6月27日現在、821.69トンとなり、
5月末の847.03トンから25.34トン減少(約3%減)しており、
短期マネーだけでなく、機関投資家らの中長期マネーもゴールドから流出しています。

ここからのポイントを森さんに伺いました。

また、プラチナ価格も冴えません。
金とプラチナ価格の逆転現象は長期化。
2015年1月は金が1,183ドル、プラチナが1,203ドルで取引が開始されましたが、
2月に価格が逆転。それ以降はおおむね逆ザヤが続いています。
現在、金が1,252ドル台、プラチナは857ドル台で推移しており
プラチナは金に対し395ドルの下ザヤ状態にあります。
プラチナ価格の今後は・・・?!

詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

増産合意でも原油上昇、イラン制裁への懸念でさらなる上昇 [大橋ひろこコラム]
2018/06/27(水) 20:30

注目された6月22日のOPEC総会では増産合意が決定されました。減産緩和量が市場の思惑として広がっていた日量150万バレルの増産より少ないとみられること(具体的な増産量は明確にされなかった)また、これによってサウジの余剰生産力が減少することなどを懸念して、22日WTI原油価格は前日比約3ドルもの上昇をみせました。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はオイルエコノミスト藤沢治氏をお迎えし原油価格動向を伺いました。


また、26日、トランプ政権は同盟国に対し11月4日までに
イランからの原油輸入を停止するよう求めたことで、
イラン産原油の供給に懸念が生じたことで、さらに原油価格が上昇、
WTI価格で70ドルの大台にまで上がってきました。

藤沢さんは、市場関係者の多くが原油先高観を唱えているものの、
現物市場では余剰感があるとし、原油先高観に懐疑的です。

トランプ政権の仕掛けた貿易戦争が、世界経済を混乱させれば
世界的に景気後退を招く可能性を懸念されています。
特に米中貿易戦争が激化で中国の石油需要は減退する可能性も。
米国、及びEUの個人消費の減退は石油需のは停滞につながらないだろうか。
足下では、シェール生産やOPECの生産など供給動向にばかり注目されてきましたが
この先は需要動向にも注目すべきであると藤沢さん。

ここからの価格動向を見るうえでのポイント、価格予想を伺いました。
詳しくはオンデマンド放送で藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~足の選択法 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期]
2018/06/26(火) 23:12

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!


カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「足の選択法」です。

足って何のこと?!「ろうそく足」の足です。

チャートには、日足、週足、月足、、、時間足なんてのもあります。
1時間足、4時間足、15分足、5分足、、、
様々な時間軸でのチャートが存在します。

どの時間軸のチャートを使って分析、トレードをするのがいいのでしょうか。

トレードの時間軸には、スキャルピング、デイトレ、スイングトレードなど
さまざまなスタイルがあります。

どのようなトレードスタイルが自分に合っているのか、見極めることが肝要。
ライフスタイルにあった時間軸でのトレードを心掛けましょう!

また、小次郎講師はマルチタイムフレームの重要性にについても
詳しく解説くださいました。

是非オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

全26件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]