111円、値固めなるか? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/05/18(金) 20:51













こんばんは、辻留奈です。
今日はTOCOMのお隣、椙森神社(すぎのもりじんじゃ)で
「わっしょい!わっしょい!」と御神輿を担いでいるところに遭遇。
なんでも3年に1度しか見られないとか。
次は3年後か~ 何をしているかな~
3年後のドル円、いくらになっているのでしょう?


さて、今週の話題は
●米金利が3.1%台まで上昇
●ドル円111円タッチ


ドル高円安が進む一方、
ユーロドルはイタリアの五つ星と同盟の連立政権が合意し、
EUに2500億ユーロの債務免除申請を協議しているとされ
(その後否定していますが)これを嫌気して、
ユーロドルは1.17台へと下落しました。


ドル円のほうは、放送が終わった直後も、再び111円にのせてきていて、
ここから上値をめざそうとする勢いを感じます。


小売売上高(先月分が上方修正)や、
NY連銀・フィラデルフィア連銀製造業景況指数が強かったことが
米金利上昇の一因となりました。


先週から続く原油高は(北海ブレントは80ドル台をつけました)
イランをはじめとした中東情勢が背景にありますが、
「ドル円には中東より北朝鮮のほうが影響を与えそう」と岡安さんは話していました。


また本日から明日は、米中通商協議が行われています。
米はZTEへの制裁を緩和することで、
中国からどのような譲歩をひきだすのでしょうか?


引き続き、米金利の動向が気になりますが、来週は調整に入るのでしょうか?
岡安さんはどこまでのドル高をみているのでしょうか?
オンデマンドでお確かめください!


それでは来週もお聴きください~