米金利上昇、米ドル高は続くのか~カナダドルにも注目 [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2018/05/02(水) 20:24

ドル円相場は119.80円台へと上昇してきました。GWなど日本の大型連休の時などは、為替市場の流動性が低下することなどから、投機筋による仕掛け的な円買いリスクが高まる印象が強いのですが、今回は閑散に売りなし、でしょうか。ドル円相場はしっかりと下値を切り上げています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか。大橋ひろこです。
今日はソニーフィナンシャルホールディングス 石川久美子さんに
為替市場の動向と今後の展望を伺いました。


ドル円相場が強いというよりは、米ドルが強い相場。
米長期金利は3%大台達成後、若干緩んでいるとはいえ
2.9%台で高止まり中です。


石川さんは米3月PCEデフレーターが前年比+2.0%となり、
2月の+1.7%(修正値)から上昇したことで、年内の今後の利上げ回数が
3回から4回へになるのではないかという思惑が広がっていることを指摘。

また、米中貿易摩擦やシリア、北朝鮮問題など年明けからクローズアップされてきた
マーケットのリスク要因が軒並み鎮静化していることも挙げられます。
ただし、米朝首脳会談が本当に平和裏に実現するのか、また通商問題においても
まだ結論が出ているワケではなく、いつリスクとして噴出するかわかりません。

今夜はFOMCですが、週末には雇用統計も。
ここからも米ドルは上がり続けるでしょうか。ポイントを石川さんに伺いました。


また、石川さんのここからの注目通貨はカナダドル。
ひょっとしたら利上げが最も近い通貨かもしれません。
カナダドル注目の背景とリスクについて、ぜひオンデマンド放送で石川さんの
解説をおききくださいね。