政治イベント続く6月相場、原油、金は反騰の可能性 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/05/31(木) 20:00

5月31日、月末。イタリア・スペインの政情不安から急落したユーロは買い戻され、原油相場にも買い戻しが入っていますが、月末はリバランスなど特殊要因もあり、まだ事態が鎮静化したと楽観はできません。6月はさらに政治イベントも多くボラティリティの高いマーケットとなりそうです。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はマーケットアナリスト菊川弘之さんにお話を伺いました。


サウジアラビアとロシアが増産に言及したことがきっかけと指摘されている原油の急落ですが、
今日はユーロも戻りとともに原油も大きく戻りを入れています。


6月22日はOPEC総会。現行2018年末までの減産継続が決まっていますが、
2019年以降も継続となるのか、それとも増産の可能性もあるのか。
OPECの決定が注目されますが、菊川さんは先物市場の当先の鞘が大きく逆鞘であること、
また北海ブレント原油とWTI原油の価格差から、WTIだけが売り込まれるとも考えにくく、
積みあがった投機筋のロングのふるい落としが一巡すれば、再び買い直される公算が大きいと指摘。


北海ブレントオイル高は中東リスクを映したもの。
現在ラマダンで中東の動きは鈍っていますが、
ラマダン明けからリスク再燃にも留意したいとのこと。

原油安は米金利にも影響が。3.1%台にまで上昇した米長期金利ですが、
原油下落で2.7%台にまで低下しています。米金利動向は為替市場にも重要な指標となります。
6月FOMCは金利引き上げがほぼ確定的とされていますが、
年内、あと何回の利上げを見込むのかが焦点。


FOMCは13日です。その前には、7日日米首脳会談、そして12日は米朝首脳会談。
イベントが続きますね。

リスクイベントが多いわりに足下冴えない値動きを強いられているのがゴールド。
2015年の最初の利上げの時から、FOMCの利上げ前はゴールドが売られるパターンが
繰り返されており、今回もその流れを踏襲している可能性も。


FOMCがタカ派の結果となったり、米朝首脳会談で平和裏な解決の見通しが強まれば
一時的に売り込まれるリスクはあるものの、安値は拾いたいと菊川さん。

実は、末尾9の年はゴールドが圧倒的に強く、またドル円相場も強いアノマリーが。
来年は2019年、来年は、円建てのゴールドが最もパフォーマンスがいい、という可能性が?!
(資料は菊川氏に提供いただきました)

詳しくはオンデマンド放送で菊川さんの解説をお聞きくださいね。

需要縮小続くガソリンとSSを取り巻く状況 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/05/30(水) 20:36

ガソリンスタンド(サービス・ステーション)の減少が止まりません。(以下SS)
SS数がピークだったのは平成7年3月末の60,421カ所。29年3月末には31,467カ所にまで減少し、22年で28,954カ所が廃止されてしまいました。ピークからおよそ半分になってしまたのです。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は石油ガス・ジャーナル顧問 山内弘史氏にお話を伺いました。


市町村内にSSが3カ所以下になったところを「SS過疎地」と呼びます。
全国1,718市町村のうち32%に当たる551市町村がSS過疎地となっています。


総人口の急速な減少と世界に類をみない超高齢化によって、
団塊世代の免許返納が顕著となっているほか、若者世代の車離れ、
自動車の燃費向上などから、ガソリンの需要も減少していることが背景。

平成16年度6,148万KLの需要がありましたが27年度5,313万KLに減少。
33年度4,705万KLにまで減少する見込みです。およそ年率2.3%の減少スピード。
これではSS経営も苦しくなるばかりです。

SS減少が続くことで、様々な問題が懸念されています。
バスやタクシーなど公共交通機関が乏しい中山間地域では、自動車は必要
不可欠な交通手段。こうした地域のガソリン供給を困難にするだけではなく,
過疎地における農業用軽油や生活用の灯油の供給にも
大きな支障をもたらしているのです。
SSは病院等の重要拠点や避難所等に対する燃料供給拠点でもありますね。


ということで、地方自治体が「道の駅」に隣接する閉鎖中のSSを買い取り、
町営のSSとして再建するなど
生活インフラの最後の砦を失わないように、様々な取り組みも始まっています。


また、機動的に柔軟な対応が可能などこでもスタンドの在り方として、
資源エネ庁補助事業としてタンクローリー直結型緊急時用計量機
「どこでもスタンド」という実験的取り組みも始まっています。
タンクローリーに積載された燃料を日常使用する給油ホースで接続するだけで
給油ができるため必要な場所に移動が可能です。
安全面などの問題もはらみますが、SS過疎地には必然でしょう。

SSが減少する半面、EV・PHV及び急速充電器ステーションは増加傾向にあります。
足下では全国で8000か所程度にまで伸びてきました。
しかし、EV車1台充電するのに30分はかかるほか、コストもかさむため
現状では重電ビジネスは成立していません。

ということで、道の駅やEV車を販売する日産ディーラー、コンビニなどに
併設する形ですね。詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~株式銘柄選びの基本② [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期]
2018/05/29(火) 23:27


毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきます!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。



生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「株式銘柄選びの基本②」です。

前回の放送で、何千もある株式銘柄選びに迷ったら
日経400(JPX日経インデックス400)の中から選ぶと良いと小次郎講師から
お話がありましたが、今回は、この日経400について深堀り!
https://indexes.nikkei.co.jp/nkave/index/component?idx=jpxnk400

東京証券取引所・日本経済新聞社による共同開発のインデックスで
東証(一部、二部、マザーズ、JASDAQ)から選ばれた400社で構成されています。



すでに連動するETFが多数売買されていますが、日銀や年金が購入しています。

何故、日経平均やTOPIXではなく日経400から選ぶといいのでしょう。
400社に選ばれる基準がポイントとなってきます。

まず上場3年未満の会社で過去3期で営業赤字がある銘柄は除外され
過去3年間の売買代金が1,200位内の銘柄のうち、
時価総額が大きい1,000銘柄にふるいにかけられます。

その1000社から

3年平均ROE(40%)
3年累積営業利益(40%)
時価総額(20%)

をポイント制でランキングしていくのですが、
「株主から得た資金(自己資本)をどれだけ有効に使っているか?=ROE」
という国際基準が日経400重要尺度であるため、
海外勢にも注目される企業群で構成されているのです。

そしてこの構成銘柄は毎年6月末を選定基準日とし、
毎年8月第5営業日に入替銘柄が公表され、8月末日に銘柄入替が実施されます。

ここに大きな投資のチャンスが!!

採用される企業は自ずと買われますが、外れる企業は売りにさらされますね。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

原油高、金安のゆくえは? [日経新聞編集委員]
2018/05/28(月) 21:44
本日のコメンテーターは、日本経済新聞社 編集委員の 志田富雄さんです。

今日は欧米市場は休場でしたが、TOCOMドバイ原油は大きく下げました。
先限の10月物で2,180円安の48,020円。10日ぶりに5万円台を割り込みました。

この急落の背景となったのは、先週末、ロシアのノバク・エネルギー相とサウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が、主要産油国による原油協調減産の緩和に関して協議し、今後、イランやベネズエラが更なる減産となる可能性に触れ
その場合は協調減産の規模を縮小させることを考えていると話したことが伝わったことからOPECとロシアなど非加盟産油国による協調減産が緩む可能性が出てきた
ためです。

この下げ幅はそれほど驚くようなものではないと志田さん。
確かにTOCOMで2,000円以上下げたのは久々のことですが、欧米の下げの3~4ドルの範囲。
この所ずっと上げ相場が続いてきたことと、2014年以前の100ドル超だった頃に比べるとここ2~3年の価格水準は30~60ドル台と値幅が小さいので大きな値動きに感じるのだと。

ただ、2016年から続いてきた上げ相場の転換点になる可能性はあると志田さんは指摘。
後半、その根拠について解説して頂きました。
詳しくはオンデマンド放送でお聴きくださいね。
今週の予定(5月28日~6月1日) [今週の放送予定]
2018/05/27(日) 12:00

こんにちは、辻留奈です。

米朝首脳会談の実施については二転三転。
「やらない」といってみたり、「やっぱり予定通りやる」といってみたり。

そして、突然の南北首脳会談2回めが開かれ、
今日10時からの文大統領の会見では、
「金委員長がトランプ大統領との首脳会談を実現させたい」
姿勢があることを示しました。

様々な動きが土日にありましたが、
週明けのマーケットは【リスクオン】で反応するのかどうか?

28日は、米国市場はメモリアルデー、
英国市場もスプリング・バンク・ホリデー
英国と米国は休場ということで、市場参加者が少ない点は注意ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それでは、今週の予定です。


5月28日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「原油高、金安の行方は?」

 

 

5月29日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期
Lesson9「株式銘柄選びの基本②」

 

 
5月30日(水)
山内弘史さん (石油ガス・ジャーナル 顧問)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

 

 

5月31日(木)
菊川弘之さん (マーケットアナリスト)
「商品市場の動向と今後の見通し」

 

 

6月1日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」



今週も1日15分ぜひ聴いてくださいね。

全25件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]