トランプ劇場、本当のディールはこれから? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/05/25(金) 23:10

こんばんは、辻留奈です。
昨日は、のんきに長風呂をしている間に「米朝首脳会談中止」のニュース。
私は、えぇえぇ!!!という感じだったのですが、
皆さんは「びっくり派」でしたか?「やっぱり」派でしたか?


週の中頃から米朝首脳会談見送りの可能性を匂わせてはいましたが、
昨日の夜、米朝首脳会談中止が発表されました。

ただしトランプ大統領は、完全に会談の可能性を閉ざしたわけではありません。
「もし北朝鮮にその気があれば、手紙でも電話でもしてください」

それに対し、北朝鮮はこう返しました。
「突然の会談中止は予想外で遺憾、大胆で開かれた心で米国に時間と機会を与える用意がある」

どちらも上からの応戦ですが、中止というより「延長」ともとれるやり取りです。
ここから会談開催にむけて、
いつものトランプディールが始まる可能性も否定できないと岡安さん。



もうひとつのトランプ劇場は、
「米国が25%の自動車輸入関税引き上げ」を検討しているというニュース。
これは、中国に対してだけでなく、日本を含む世界中がターゲットです。

ムニューシン氏からは「長期的に強いドルは米国にとって良いこと」という発言も
飛び出していましたが、岡安さんはこんな考察をしていました。

輸入が増えるなら、ドル安をのぞむ理由もなく、ドル高の方がいい。
トランプ大統領はドル安をのぞんでいるようですが、
米国債を他国からの資金に頼る米国は、
ファイナンス面を考えると、そもそもドル高のほうがいい。

逆に自動車を多く米国に輸出する日本は、
貿易黒字が縮小するので、円安にふれることになり、
長期的には、ドル高円安という見通しになります。


それにしても現状2.5%の関税が25%引き上げは、あまりに大きい数字では!?!?


こちらも最初に大きくでて、徐々に歩み寄るトランプディールの始まり?


トランプ劇場を受けて、ドル独歩高から円全面高となった今週ですが、
この動きは、来週以降どうなると岡安さんは考えているのでしょうか。


さらに今、話題のトピック、
「米金利上昇による、アルゼンチンやトルコなど新興国からの資金流出」ですが
岡安さんの注目する新興国通貨とは?その通貨の見通しはどうでしょうか?
オンデマンドからどうぞ~


それでは、来週も聴いてくださいね。

米金利上昇でゴールド価格下落も・・・ [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/05/24(木) 20:28

ドル建て金価格は5月11日の高値1,325ドルが戻り天井。15日、4月のニューヨーク連銀の製造業景況指数が事前予想の15.0を大幅に上回る20となると、米長期金利が急上昇、ドル高となり、1,300ドルの大台を割り込む急落となりました。昨年12月28日以来の安値1,288ドルまで下げ足を速める展開ですが、他方、原油相場が約3年半ぶりの高値更新となり原油の上昇に支援され、CRB指数は23日、206.20まで上昇しています。これは2年10カ月ぶりの高値。インフレの兆候でしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト 森成俊さんにお話を伺いました。


NY金市場で1は後半まで短期資金が流入し、1月23日大口投機家の買い越しが
214,684枚まで増加しましたが、2月3日に強気の米雇用統計が発表されたのを境に
短期買い資金が流出。5月15日現在では92,443枚まで減少しています。


15日は取組高が増加する中での下落でしたので、投機家は手じまい売りを出す一方、
新規で売りを仕掛ける投機家も多かったとみられます。


目下、ゴールド市場を占う重要なポイントとしては6月FOMCが挙げられますが
ほぼ利上げが確実視される中で、ドルが堅調であることが金価格を低迷させています。


しかし、2015年12月からスタートした過去6回のFOMCの利上げを振り返ると
4回のケースでFOMCを境に金価格のトレンド転換となっています。、
先に下がってきたケースは、FOMCで底入れするパターンが確認されており、
今回6月のFOMCに向けて金価格の下落が続くようだと
6月13日が金のボトムとなる可能性も。


また、先物市場では原油市場に投機資金が奪われている格好ですが
6月22日はOPEC総会。2019年からの減産継続に懐疑的な見方も出てきており
合意内容によっては原油市場で利食いが旺盛となるリスクも。

循環的にゴールドに資金がシフトする可能性はあるでしょうか。

森さんにはプラチナ価格動向についても伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で森さんの解説をお聞きくださいね。

OPECは減産継続を決めるのか、それとも、、、
2018/05/23(水) 20:12

今年は金利上昇が最大のテーマですが、米金利は3%大台の値固めに入ったかに見えます。原油価格は高止まりのまま。いよいよインフレ時代の到来でしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日は三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員 芥田知至氏に
原油価格動向と今後のポイントを伺いました。


米長期金利の上昇が為替市場でのドル高を促してきましたが、
ドル高は国際コモディティ相場を抑制する要因でもあります。
しかしコモディティの中心である原油は、上昇基調を崩していません。
むしろ原油高が、インフレ懸念につながり、米長期金利の上昇を促す
一因になっている面もあるのでは、と芥田さん。


石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国による協調減産が継続する中、
米国がイラン核合意からの離脱を決定するなどの地政学要因も材料視されています。


協調減産は、当初、日量約180万バレルの減産を2017年1~6月の半年間
継続する予定で始まりましたが、その後5月の総会で2018年3月までの延長が決まり、
さらに11月の総会で2018年末までの延長決定で、2年間に及ぶことになりました。

協調減産を受けて原油需給は引き締まっており、
OECD石油在庫は産油国が目標とする過去5年平均に近付いています。


次回6月22日のOPEC総会では、現状で決定している2018年末までの減産継続を
確認するものになるとの見方が大勢ですが、ここにきて、減産を緩和をの声が。

背景にはるのはベネズエラ。

ベネズエラは経済危機が深刻化しており、人材流出や資金不足から
国営石油会社PDVSAの経営も混乱し、原油生産は減少しています。
過去最大で日量400万バレルの生産があったベネズエラですが
2年前には日量200万バレル程度へ、そしてが足元では140万バレル弱と減少しています。


ベネズエラでは、20日に大統領選挙が行われ、反米左派のマドゥロ大統領が再選されました。
カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチンなど14カ国は公正な選挙ではないと、
その結果を認めないとする共同声明を出しています。
米国トランプ大統領は、ベネズエラ政府などによる国有財産の売却能力を制限する
大統領令に署名し、制裁を強化することが決まっています。


このため、ベネズエラの原油生産が一段と落ち込むとの懸念が強まり、
週明け21日の原油相場は上昇したのです。
OPEC内では、このまま減産を続けた場合、
過度に原油相場が上昇することなどが懸念されるようになっているとの指摘も。


米国も原油価格の高騰はOPECの減産によるものだとして、増産要請をしており、
ブレント原油が80ドルを超えた17日に、サウジのファリハ・エネルギー相が
世界経済の成長を支援するために、他の産油国とともに確実に十分な原油を供給するとして、
原油市場の安定を重視する姿勢を示しています。


6月OPECで減産継続と見込んでいた市場にとっては、ネガティブサプライズとなるか。
中間選挙を控えたトランプ政権はガソリン高は景気後退を招きかねない問題でもあり
支持層獲得のためにもガソリン価格の安定が求められているのです。

また、芥田さんには米国のイラン核合意からの離脱に絡む原油需給などについても
詳しく伺っています。
今後の展望は是非オンデマンド放送で芥田さんの解説をおききくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~株式銘柄選びの基本① [大橋ひろこコラム]
2018/05/22(火) 22:42

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきますよ!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。


生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。


※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は「株式銘柄選びの基本①」です。

皆さんは、株式投資をする際、どのように銘柄分析をされていますか?
株式市場には何千もの企業が上場しており、すべてを分析するのは不可能です。
小次郎講師は、ウォッチ銘柄が多ければいいというものではない、
まずは20銘柄で十分だ、とお話くださいました。


上がる銘柄を探す、という考えから、上げでも下げでも値幅を取る、
ということがポイントなのです。上がる20銘柄を探す、ということではありません。


20銘柄をピックアップして監視し続ける、ということが重要。
上昇しているなら買い、下降しているなら売りです。
銘柄の癖を掴むことが大事なのです。


最初は自分の勤める会社、親戚友人の勤める会社、取引先等など
自分の興味ある業種、興味ある会社を選んでいくといいでしょう。

その中から銘柄選びの条件として、
流動性が高い銘柄であること、
経営が安定していること、
貸借銘柄であること。。。



などなど、基本的な選定基準を詳しく教えていただきました。

是非オンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。

2018年原油価格市場、ここからの価格変動要因は?
2018/05/21(月) 23:59
今月に入って原油が急騰しています。
WTI原油は70ドル突破、北海ブレントは80ドル。TOCOMドバイ原油も約3年ぶりに50,000円台に乗せてきています。
本日のコメンテーター 日本エネルギー経済研究所 常務理事 主席研究員の 小山 堅さんは
マーケット・トレンドに約1年ぶりのご出演ですが
前回小山さんにご出演いただいたころの原油価格は、北海ブレントもWTIも50ドル前半の水準でしたから、そこから比べても、今は4割以上の上昇です。

足元の要因は、米国のイラン核合意離脱のニュースで、イラクからの原油の輸出低下の可能性、そして地政学リスクそのものに市場が敏感になっているため。
米国の核合意離脱に関しては、以前からその可能性が高いと言われていましたので、既に織り込み済みだったのではないかと思われましたが
イラン核合意参加国が、実際にイランからの原油の輸入をどの程度制限するのかをこれから見極めなくてはならないので
まだまだ市場が神経を尖らせていて、高止まりになっている状態なのだそうです。
一方、原油価格の上昇で、米国のシェールオイルは増産の最中。
IEAの月次レポートでは、今年2018年は米国のシェール生産は前年に比べ1日あたり160万バーレルの増加となっており
米国の増産分だけでも世界の需要の増加を上回っている状態ですが、米国以外の多国が減産している状況なのでトータルで見ればまだ需要に足りていない状況。
シェールの増産は、価格押し下げの要因にはなっていない現状だそうです。
今後の価格については今後のシナリオ次第。
米国に対抗してイランが核開発を再開するようなことになれば、中東の安定が崩れる可能性というもっと大きな問題に発展する恐れがあり
そうなると原油価格100ドルなんてことも、全くないとは言えないようです。
詳しくはオンデマンド放送で、小山さんの解説をお聴きくださいね。

全25件中 6件〜10件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 次の5件 ]