地政学リスク台頭で急伸のゴールド、レンジブレイクなるか [大橋ひろこコラム]
2018/04/12(木) 23:11

11日 NY市場で金価格が1,364ドル台まで急騰し、年初来高値1,365ドル(1月25日)にほぼ顔合わせ、年初来の高値を更新しました。シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの疑惑を受け、米英仏による軍事行動が近いとの警戒から、金市場に資金が流入したものとみられます。1,365ドルを上抜くと、2016年7月の高値1,374ドルを目指す展開が期待されますが、、、。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はみんかぶ商品調査部門アナリスト森成俊さんにお話しを伺いました。

地政学リスクの高まりが金市場へ資金流入を加速させています。
しかし、これまでのレンジ高値である1365ドル突破とはならずまだレンジの範疇。

CFTC建玉ポジションでヘッジファンドら短期筋動向を確認すると
1月23日現在、大口投機家の買い越しは21万4,684枚まで増加していたものが
2月3日に発表された1月の米雇用統計が強い内容であったのを境に
短期買い資金が流出。3月20日には14万8,731枚まで減少しています。
直近の4月3日現在、16万6,589枚と短期筋のポジションは軽めです。

SPDRゴールドETFの金保有高は4月11日現在、860トンとなり、
2月末の831トンから29トン増加しています。
昨年第3四半期末の9月29日現在の865トンに近い量まで回復してきました。
年金など機関投資家らの資金は金市場に向かっています。

ゴールド価格、ここからのポイントを森さんに伺っています。

また、金とプラチナ価格の逆転現象が長期化していますが
2015年2月に金とプラチナ価格が逆転し、おおむね逆鞘が常態化。
現在金が1,350ドル台で堅調に推移しているにもかかわらず、
プラチナは930ドル水準で低迷したまま。
金とのサヤが約420ドルにまで拡大する事態となっています。


ここからのプラチナ価格動向についても伺いました。
詳しくはオンデマンド配信で森さんの解説をお聞きくださいね。

 

米中貿易摩擦でどうなる大豆・コーン価格 [コモディティの見通し(大橋ひろこ)]
2018/04/11(水) 19:46

米国トランプ政権が3日、500億ドル相当の中国製品への追加関税案を発表したことに対し、中国政府は4日、米国製品106品目を新たな対象に25%の上乗せ関税を賦課すると応酬。対象品目に農産物に大豆やコーン、小麦などが含まれたことを受けシカゴ穀物市場は急落となりました。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はよそうかい・グローバル・インベスターズ代表
松本英毅氏をお迎えし穀物市場の動向と今後の展望を伺いました。

まだ交渉段階で現実に双方が関税をかけあう貿易戦争に発展するか否か
わかりませんが、実施されれば双方の経済に大きな打撃となります。

交渉が長期化すれば先行き不透明感がマーケットを不安定にすると
思われますが、中国のバイヤーが調達先を米国から
ブラジルやアルゼンチンなどに切り替える可能性が高く、
米国産大豆に早期に交渉が成立、関税が回避されない限り、
米国の輸出に影響がでるのは避けられないと松本さんは指摘します。

米国の大豆輸出のうち、中国は20-30%を占めていますが
コーンは10%以下で、影響が少ないため、
相場への影響は、大豆にはかなり弱気となりますが
コーンへは限定的なものにとどまるとみられます。

中国の大豆の輸入先は米国が39%、ブラジルが49%、アルゼンチンが7%
米国の中国向け輸出は60-70%落ち込むとの試算もあり
相場への影響はかなり大きなものとなるとみられます。


USDA需給報告では、昨年12月から3月まで4ヶ月連続で輸出が下方修正されており
関税問題がなくとも、輸出の伸び悩みは既に相場の大きな重石となっています。
先の作付意向調査では、市場の増加予想に反して1.3%前年から減少するとの
見通しが示されましたが、この先生産地で悪天候が続き作業に遅れが生じれば、
コーンから転作が進む可能性もあります。

生育が順調に進むなら生産が前年から増加する可能性も残っており
輸出の落ち込みによって、06/07年度以来の高水準にある在庫が
更に大きく積み増しが進む可能性も。
夏の天候相場に入るまでに、9ドル割れの可能性があるのでは?
と松本氏は解説くださいました。

一方の米国のコーンの輸出は記録的なペースを維持しており、
中国向けがなくなったとしても影響はほとんどないとみられます。

大豆との価格比やエネルギー価格の高騰による肥料コストの上昇、
連作による土地の疲弊を避けるため、今年度の作付意向面積は2.4%減と
大幅に減少する見込みとなっており、これが相場を支えるとみられます。

しかも、目先中西部では低温多雨が予想されており、
作付に遅れが生じる恐れも高いとか。

足元に供給は潤沢にあるのですが生産が大幅に落ち込む一方で、
輸出が好調さを維持するならば
需給が一気に引き締まる可能性も十分にあり得ることから
早々に4ドル台まで上昇すると松本氏。

詳しくはオンデマンド放送で松本さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~板寄せのメカニズム [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座2018~入門編」第1期]
2018/04/10(火) 23:57


毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座!
4月から新しいシリーズがスタートしています。
2018年度は「入門編」投資における基本を学んでいきますよ!

カリキュラムとオンデマンド等のアーカイブはこちらのページをご覧ください。http://blog.radionikkei.jp/trend/post_911.html
放送は毎週火曜日18:00~東京日本橋TOCOMスクエアから公開生放送でお送りします。

生放送の観覧は無料ですので、お気軽にTOCOMスクエアまで!
また、生放送終了後、TOCOMスクエアで無料セミナーを開催。
題して「TOCOM投資スクール」2018年度開校です。
小次郎講師から直接投資レクチャーが受けられるセミナーが
無料です。皆様是非TOCOMスクエアにお越しくださいね。

※なおこの講座をより深く学びたい方の為に、講義内容を
わかりやすくまとめたテキストを有料販売します。
DLはこちらから→ https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=129879255

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は第2回「板寄せのメカニズム」です。

前回、価格決定のメカニズムで売買仕法には大きく分けて
「ザラバ仕法」と「板寄せ仕法」の2つがあることを学びました。


現物株式市場で板寄せでの価格決定は
①朝の寄り付き
②前引け
③後場寄り付き
③大引け
の4回のタイミング。

先物では 日中立ち合いのスタート時、終了時
夜間取引のスタート時と終了時、でしたね。

実は、もう一つ、板寄せで値決めされる時があるんです。
「サーキットブレイカー発動後」
株式市場や先物取引において価格が一定以上の変動を起こした場合、
強制的に取引を止めるなどの措置ですが、
売りが売りを呼んで下落が止まらなった場合、
決められた一定の変動幅まで動いたら取引を強制的に止め、
注文を集めて板寄せで値決めして取引を再開させるのです。

出せる注文は成り行きと指値のみ。
逆指値注文はできません。

板合わせの値決めには、様々なルールが定められています。
大量の注文をさばきたいときは、ザラバではなく
板寄せのタイミングがいいと小次郎講師。
今回はこの板寄せ(板合わせ)の値決めの条件について
小次郎講師に詳しく解説いただきました。

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


※テキスト購入しラジオ講座をお聞きくださっている皆様へ。
テキストのP22 「値決めプロセス3」記述に修正がございます。

P22値決めプロセス3
・上記の候補価格うち、その価格に決まった時、その価格より有利な
LO(指値注文)なのに成立していないということがない価格。
・ひとつであれば決定。複数であれば次のプロセスへ。

↓ 上記記述を下記に修正お願いします。

・上記の候補価格のうち
①未約定のものが売り越しなら最も安い価格
②未約定のものが買い越しなら最も高い価格
・一つであれば決定。複数であれば次のプロセスへ。


一人暮らしの増加で儲かる企業 [東洋経済新報社 田宮寛之さん]
2018/04/09(月) 23:12
4月に入って就職や入学で一人暮らしを始めた人も多いと思います。
また高齢化など社会の変化によって一人暮らし世帯が増えている側面もあります。
今日は、東洋経済新報社 編集局 編集部の 田宮寛之さんに
「一人暮らしの増加で儲かる企業」というテーマでお話を伺いました。
田宮さんは、優良企業の発掘・取材をライフワークとしていらっしゃって、これまでに「みんなが知らない超優良企業」「無名でもすごい超優良企業」(ともに、講談社+α新書)を出版されています。
今日はそんな田宮さんが注目している6つの企業をご紹介いただきました。

コンビニエンスストアの弁当や総菜の容器を製造している
「(株)エフピコ(7947)」
10000アイテム以上製造しており、業界ナンバーワンの30%のシェア持っているそうです。
マイナス40度の低温から110度の高温まで耐え、油にも酸にも強い容器を製造し
その高い商品力に加え自車の物流システムを持っていることが大きな強み。
更に、障がい者雇用も日本1で社会貢献にも力を入れています。

コインランドリー会社も注目の業界だそうです。
一人暮らしが増えているだけではなく、外国人の長期滞在者が増えてきていることから利用者が増加し
コインランドリーは、今、全国に約18,000店あるのだそうです。
(参考までに、ファミリーマートの数は、全国約17,000店舗)
そんなコインランドリー業界の大手4社が
「WASHハウス(株)(6537)」
「(株)エムアイエス」
「(株)ランドリーデポ」
「ホワイトピア株式会社Fujitaka)」
その他、本業は書店ですが、書店の空き地に併設することによって、洗濯中に本屋を利用をしてもらうというアイディアで業績を伸ばしている
「(株)三洋堂ホールディングス(30583)」

田宮さんの注目ポイントなど詳しくはオンデマンドでお聴きくださいね。



今週の放送予定(4月9日~13日) [今週の放送予定]
2018/04/07(土) 12:00

こんにちは、辻留奈です。


麻婆豆腐は、片栗粉少なめの大人味が好みです。

ね、辛そうでしょ~見ているだけでビリビリしそう。
日本での大豆消費ダントツNo1は豆腐なのですが、今週はなんといっても「大豆」に注目です。

中国の報復関税を受けて、
大豆・トウモロコシ価格が急落したことが大きく話題となりました。

日経新聞には、コモディティ欄ではなく【夕刊1面】に、記事が踊るほど。
「普段は穀物市場の価格なんて見ない」という方でも、目にとまる話題だったのでは?


米国の輸出大豆の多くは中国向け。
その中国が25%の関税をかけるというのだから大変!

米国産大豆の主な産地は、トランプ大統領の支持者が多い地域に集中しているため、
このままいくと中間選挙でトランプ大統領には不利に働く可能性があります。

米中通商交渉は6月まで、まだまだどうなるかわかりませんが、
米国の農家は、大豆ではないものを作り始める可能性もあるのでしょうか。
そのときは、何を作るんだろう。

まだまだ来週以降も穀物市場から目が離せません!

4月4日・5日の放送では「大豆・トウモロコシ」について詳しくお伝えしています。
特に4日の放送は大豆相場の教科書にでてくる用語が満載!

●天候相場
●作付け面積の動向
●中国の需給

個人的に大豆というコモディティを知るのに、とてもいい回でした。
週末に復習する皆さん、オンデマンドとブログをぜひ活用してくださいね~
ひろこさんのブログ、とても細かく書かれていて、どんなテキストよりも参考になりますよ。




それでは、今週の放送予定です!


4月9日(月)
田宮寛之さん (東洋経済新報社 編集局 編集委員)
「一人暮らしの増加で儲かる企業」

 
4月10日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2018年度第1期
Lesson2「板寄せのメカニズム」



4月11日(水)
松本英毅さん(よそうかい・グローバル・インベスターズ・インク代表)
「専門家の目~今注目のコモディティは?」

 

 4月12日(木)
森成俊さん (みんかぶ 商品調査部門アナリスト)
「専門家の目~貴金属市場の動向と今後の見通し」

 

 4月13日(金)
岡安盛男さん (FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」


それでは来週も、聴けば世界が広がる15分間にお付き合いください♪

 

全27件中 16件〜20件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]