アメリカ輸入制限&黒田総裁の出口戦略 [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/03/02(金) 22:07
こんばんは、辻留奈です。
TOCOMスクエアにくると、こんなに楽しいよ~と体いっぱい表現。

コーヒーがおいしい! 本も読みたい放題!
私も実はTOCOMで商品先物入門の本を買いました。
居心地のいい場所ですので、ぜひお気軽にお越しくださいね。



さて、クロス円主導で売りが強まっています。
本日のドル円はさえない動き、
3月2日の日経平均株価は一時600円を超える下げとなりました。


経済指標はISMをはじめ歴史的にみても強い水準、
景気はいいのに、米株・日本株ともにさげています。


その理由は・・・・

●トランプ大統領の鉄鋼輸入制限(対中国)
 
 安全保障上の脅威となっているということで、
 鉄鋼25%、アルミ10%の追加関税を課す方針を発表。
 これに対し、EUやメキシコ、カナダはすぐさま反発。
 
 詳細は来週明らかになるということですが・・・
 状況によっては、日本も含め、為替圧力がかかる可能性も否定できません。
 


●黒田総裁「2019年度ごろ物価目標達成なら出口検討」
 
 なぜ今、このタイミング?と感じた人も多いかもしれませんが、
 常にくすぶる日銀出口戦略へのマーケットの思惑に対して
 「議論は2019年度ごろ」と示されたことがポイントと、岡安さんは話していました。
 
 ドル円に関しては、仕掛け的な動きも入りつつ、
 2週間前につけた155円55銭に近づいてきています。
 そのあたりにはストップロスもあるといいます。
 (と、ブログを作成している間に、下抜けていました・・・)
 
 「ドル円のロングポジションはだいぶ解消されてきているが、
  クロス円で全体的に円高になっているので戻りは鈍そうと岡安さん。 」

では、来週の岡安さんのドル円の予想レンジは?


オンデマンドで確認してくださいね。


それでは、また来週~