ドル円、下げ止まり? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/02/23(金) 21:35
こんばんは、辻留奈です。
カラオケ~と遊ぶ岡安少年に乗っかって、一緒に遊んでみました。


NYダウは今月の暴落、-2300ドル下落からの半値戻しを達成。
ドル円も先週つけた105円55銭を割れることなく、今週は安定した動きに。
「そろそろ恐怖心も薄れ、落ち着いてきたのか?」
長期・短期の目線でドル円へのスタンスを岡安さんに伺いました。


ドル円の買い材料にまったく反応しないという「気持悪さ」が
先週の105円55銭までの投売りに繋がったと話していた岡安さん。
まず、そもそもなぜ円高が進んでしまったのかを解説していました。

①日銀の緩和縮小への期待感&ECBの緩和縮小(ユーロ買いドル売り)
②ロシアゲート不安
③米財政赤字への不安



しかし今後、2つの理由から、長期的には「ドルは強い」と話していました。


①米長期金利の上昇
●「日銀はドル円が120円を目指すくらい円安にならないと緩和縮小しないだろう」
 =日米金融政策の違いからドル買い

②米経済の強さ
●「FRBが米株の暴落を気にして、利上げを抑えるとなると
 悪い金利上昇を招いてしまうため、やはり利上げするだろう」


岡安さんに長期目線でのドル円をうかがったところで、気になるのは来週の動き。
予想レンジと来週の注意点は、オンデマンドで確認してくださいね。


それでは、また来週~