ピークゴールド説で金価格はあがるのか?! [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2018/02/15(木) 20:40

米国の1月CPI消費者物価指数が予想より良かったことで、米国の利上げペースが早まるとの思惑が、ゴールド売りを誘いましたが、下落は一瞬。その後V字反騰からの倍返しで、ゴールド価格は高値更新を狙う値動きへと回復しています。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はICBCスタンダートバンク東京支店長 池水雄一氏をお迎えし
「金鉱山生産の現状~ピークゴールド論」をテーマにお話を伺いました。


足下では、金利動向に神経質となった株式市場の乱高下を受けて
ゴールド価格は金融要因の影響を大きく受けて動いていますが、
それでも、高値更新をうかがう値位置にとどまっており、大きく下落することはありません。

今回は、現状の基礎的需給、ファンダメンタルズ要因。

池水氏には過去にも「ピークゴールド説」について取り上げて解説いただいてきました。
世界の金鉱脈は1995年に発見されたのがピークで、減少を続けています。

鉱脈発見から、実際に金を生産できるように設備投資が整うまでおよそ20年かかります。
1995年の鉱脈発見ピークから20年後は2015年。
つまり世界の金生産のピークは2015年になるだろう、というものです。

実際には2016年の世界の鉱山生産は前年比14トン(0.4%)増加で
2015年がピークではありませんでした。ただしその伸び率は減速しています。
ぴたりと20年後、、、ということではなく数年のタイムラグがあると考えられますので
2017年の世界の金の需給を確認したいところですね。


そろそろ、2017年の年間需給が出てくると思われます。
池水氏は、おそらく金生産が減少に転じているのでは?!と指摘しつつも。
ただ、それがゴールド価格の上昇に直接的につながるわけではない、とも解説くださいました。

有史から現在まで採掘され、地上に存在しているゴールドの量は177,000トン
(50mのオリンピックプール3.5杯分)
その大部分がリサイクルできる形で保存されているため、
生産、採掘のピークが来たとしても地上在庫はなくなることはありません。

潜在的な心理的価格下支え要因ではありますが、価格押上げ材料とまでは
いかないでしょう、、、、ということですね。

また、金生産のAISC(All in sustaining cost、すべてを含んだ生産コスト)は818ドル。
現在の金価格は1350ドル前後ですので、
金鉱山会社の利益率は相当なものですね。

今後の金価格動向のポイント含めて池水氏に伺っています。
詳しくはオンデマンド放送で池水氏の解説をお聞きくださいね。