次の方向性は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド] [マーケット・トレンド]
2018/02/02(金) 20:12


こんばんは、辻留奈です。
岡安さん、CM中とか今から!ってときに、言うんです。
ダジャレをテヘッて顔で。




さて今週は、何が為替を主導しているのか、わかりづらい1週間だったのではないでしょうか?


ドル高?円安?ドル安?はたまた、ユーロ高?



比較的タカ派のFOMC結果を受けて、ドル高トレンドができたわけでもなく、
強めのISM製造業景況指数でもさほど反応するわけでもない。
米金利は2.8%間近になろうとも、あまり連動しないドル円。


ECB理事からは「債券買い入れを終了すべきだ」と
「緩和維持は必要」の両意見がでたにも関わらず、
市場はテーパリング方向の発言にだけ反応してユーロ高となりました。
「今年9月のことなんて、ユーロはちょっと織り込みすぎでは!?」と岡安さん。


日銀は先週の金融政策決定会合で、あれほど丁寧に緩和縮小を否定したにも関わらず、
市場では黒田総裁の「インフレ率2%に近づきつつある」発言を機に
テーパリングへの思惑が再燃しました。
本日、日銀は国債の指値オペを実施、
金利は下げられたものの、思うように円安にはなりませんでした。


各通貨の動きを見ていても、教科書通りではないアベコベな動きをみせています。


「1月というのは次の方向性を見極めるとき。
 投機筋を中心に神経質な動きをしていたのがこの原因では?」
と岡安さんは話していました。


さて、次の方向性は?
来週のドル円の予想レンジ、方向性をお聴き逃しなく!
オンデマンドからお聴き頂けます。


それでは来週もきいてくださいね。

**********************************
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html