原油相場需給と地政学リスク [大橋ひろこコラム]
2018/02/28(水) 23:42

米国に記録的な大寒波が襲来し暖房用需要が増え年明けからWTI原油価格は66ドル台へと上昇し014年12月4日以来の高値を付けました。2月に入ると長期金利上昇から米国の株式市場が急落し、WTI原油価格も2月2日から6日間連続で下落。2月9日から3日間は60ドルを割り込むなど巻き込まれる相場となりましたが、足下では64ドル台へと反発しています。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト 藤沢治氏をお迎えして
原油価格の現状と今後の展望を伺いました。

EIA:米国エネルギー情報局は、米国の2018年の原油生産量が
2017年より日量126万バレル増え、日量1,000万バレル以上になると予測しています。


また、IEAは2月の市場報告書で、世界の2018年の石油需要は日量140万バレルとしていますが、
一方で米国の原油生産量は前年より日量152万バレル増加するとしており、
世界の需要増は米国の原油生産増で全て賄われてしまうという試算を出しています。

需要を上回る供給がある、ということですね。

季節要因的には、冬季暖房需要期から夏季ガソリン需要期への端境期に入り、
需給のタイト感はありません。

足下では需給要因での買い材料がない中、米国での減税、金利動向など
金融経済要因が原油価格を牽引するとみられます。ドル安加速なら原油高ですが
ドル高に転じれば原油価格は上値重く推移することが予想されます。

中期的には2018年もOPEC/非OPEC産油国の協調減産の行方も重要ファクター。
価格維持のためには協調減産を続けざるを得ないと思われるのですが、
もし協調減産が中止されれば価格下落は必至。6月の定例総会には注目が集まります。

価格を押し上げる材料として懸念されるのは地政学要因。

中東では、イスラエルとイランの対立が激化。シリアをめぐるロシアと米国の
駆け引きも予測しがたい中で今年は北朝鮮問題も重くのしかかり、世界は紛争だらけ。

またサウジアラビアの王室内の内紛も懸念材料となるなか、
サウジとイランの対立激化で小規模ながら軍事衝突でも起きれば、
ホルムズ海峡からの原油供給が一時的に途絶し、
原油価格が80-100ドルを窺う展開となるというシナリオも否定できません。

ここからのポイントを藤沢さんに伺いました。

詳しくはオンデマンド放送で、藤沢さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~MACD線の本質 [「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期(~18年3月)]
2018/02/27(火) 23:12

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、「大循環MACD」を究めるシリーズがスタートしています!!!


※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回のテーマは「基本のMACDの"MACD線"の本質」です。

MACDというテクニカルインジケーターにはマックディ線というラインがあります。

マックディ線は「12日EMA-26日EMA」で簡単に計算できます。
EMAは前回の放送で学びましたね。指数平滑移動平均線のこと。

この2本の移動平均線の引き算ですから、2本の移動平均線(EMA)の差(間隔)を示してる
ということになります。

2つの移動平均線の間隔が狭まってきて、ゴールデンクロス・デッドクロスするとき、
マックディ線はゼロとなります。

ゴールデン、デッドクロス後に上昇・下落トレンドが強まれば、
この2本の線は離れて間隔を広げていきますのでマックディ線はゼロ地点からプラス方向に上昇、
あるいはマイナス方向に下降していくのです。

これは、ろうそく足チャート上に2本の移動平均線を表示させることでも
確認することができるのですが、
マックディ線は価格の動きに先行する性質があります。

つまり、チャート上に移動平均線を表示させて分析するよりも
MACDを見ておけば、トップアウト・底入れのタイミングが
一足先に分かるのです!!

テキストをご覧いただきながらオンデマンド放送、是非聞いてくださいね。

「株価急落と、原油・金相場」 [日経新聞編集委員]
2018/02/26(月) 22:07
この1か月、マーケットの一番の出来事と言えば、世界的な株の急落が上げられます。
本日のコメンテーター 日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんは
去年の話題と言えば、相場が動かないこと、原油で言えば40ドルから60ドルのボックス相場だった。
それによって何が起きたかというと
原油のヘッジファンドが、40ドル・60ドル辺りの両方でオプションを売るという運用を始めたり
金融では、VIX指数が、基本的に上がらない、リスクが高まらないという前提で
VIXがはねた場面で売りを仕掛けるという運用を始めたり
逆に、インバースVIX(VIXの逆指数)の商品で、VIXが上がったところで買うといった運用をして成功してきた一年だった。
それが、ここにきて米国の中長期金利の上昇で株価が急落。それをきっかけに様相が変わってきた...と志田さんは指摘します。
今、足元の株価は動揺が収まって、コモディティー相場も安定を取り戻してきたように見えるけれども
去年とは決定的に変わって来ているというのです。
原油相場、金相場で解説して頂きました。
オンデマンド放送やラジコのタイムフリーでお聴きくださいね!
今週の放送予定(2月26日~3月2日) [山本郁コラム]
2018/02/25(日) 23:30
平昌オリンピック、終わっちゃったいました。

「時差の無い韓国での開催ということで、寝不足にならずに済むね...」
始まる前はそんな風に言っていったのですが
蓋を開けてみると、まさに日中の開催ということで、仕事時間と丸被り。
結局、生で見ることが出来たのは、フィギアのエキシビジョンと閉会式のみでした。

時差がある方が、朝目覚ましをかけて眠い目をこすって起きてでも見ることが出来たのにな...。

そんな方結構いらっしゃるのじゃないでしょうか?

20年前の長野五輪の時は、テレビ局に勤めていたので
それこそ時差が無いから丸々オリンピックを楽しむことが出来たんだけど...。

ニュースやワイドショーで、様子や結果を知るだけのオリンピックになってしまったのですが
冬季ではこれまで最多メダル数だった長野五輪を抜いて、金4個、銀5個、銅4個、計13個獲得。

フィギアの羽生選手の演技が完ぺきだった
パシュートが、マススタートが凄かった
カーリングが、ドラマティックだった

...いろいろ話題になっていましたよね。
全く見ることが出来なくて本当に残念。

韓国で暮らしている友人が、日本のテレビ局の取材コーディネーターをしたというので
写真を送ってもらいました。
コーディネーターは基本はスタジアムに入れてもらえないそうで、オリンピックパークや外からの写真ばかりですけれど
少し平昌気分味わえるのではないでしょうか。

会場近くにキャラクターのスホランがいて人気を集めていたそうです♡

次は北京、その前に東京
アジアでのオリンピック開催が続きますね。
その時はどんな状況で見ているんでしょうか...。


それでは今週の放送予定です。

2月26日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「株価急落と原油、金相場」

2月27日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第13回「マックディ線の本質」

2月28日(水)
藤澤 治さん(オイルエコノミスト)
「専門家の目~オイルマーケットと世界の経済」

3月1日(木)
石川久美子さん(ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部 為替アナリスト)
「専門家の目~為替相場の現状と今後の見通し」

3月2日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドに付き合いくださいね!
ドル円、下げ止まり? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/02/23(金) 21:35
こんばんは、辻留奈です。
カラオケ~と遊ぶ岡安少年に乗っかって、一緒に遊んでみました。


NYダウは今月の暴落、-2300ドル下落からの半値戻しを達成。
ドル円も先週つけた105円55銭を割れることなく、今週は安定した動きに。
「そろそろ恐怖心も薄れ、落ち着いてきたのか?」
長期・短期の目線でドル円へのスタンスを岡安さんに伺いました。


ドル円の買い材料にまったく反応しないという「気持悪さ」が
先週の105円55銭までの投売りに繋がったと話していた岡安さん。
まず、そもそもなぜ円高が進んでしまったのかを解説していました。

①日銀の緩和縮小への期待感&ECBの緩和縮小(ユーロ買いドル売り)
②ロシアゲート不安
③米財政赤字への不安



しかし今後、2つの理由から、長期的には「ドルは強い」と話していました。


①米長期金利の上昇
●「日銀はドル円が120円を目指すくらい円安にならないと緩和縮小しないだろう」
 =日米金融政策の違いからドル買い

②米経済の強さ
●「FRBが米株の暴落を気にして、利上げを抑えるとなると
 悪い金利上昇を招いてしまうため、やはり利上げするだろう」


岡安さんに長期目線でのドル円をうかがったところで、気になるのは来週の動き。
予想レンジと来週の注意点は、オンデマンドで確認してくださいね。


それでは、また来週~
全24件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]