「金高、原油高のゆくえは?」 [日経新聞編集委員] [マーケット・トレンド]
2018/01/29(月) 22:49
毎月最終月曜のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんです。
前回、昨年末にご出演いただいたときに、原油・金ともに基調が強くなってきたとおっしゃっていましたが原油がここまで強くなったのは想定外だったそうです。
原油相場は昨年6月の42ドルが昨年の安値ですが、今66ドル台まで上げてきています。
ブレントに至っては一時71ドル台にのせ完全に70ドルを超えてきました。
40~70ドルが現行レンジという想定でしたがその上限いっぱいの状態です。
その背景を去年から振り返ると、9月のオペック総会でロシアを巻き込んでの協調減産を決め、そこで潮目が変わってきた感があると志田さん。
その引き締めの中で、世界経済がどんどん強さを増してきて、コモディティーの需要が高まり、需給の均衡が見えてきたと。
しかしその基本線があるとしてもここまで強くなるとは想定外だったというのです。
その裏にあるのはドルの動き。
ドルインデックスは、直近88と3年ぶりの安値をつけています。
今後の原油価格、金価格のゆくえを占うにはドルに注目です。
志田さんの詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

------------
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html