ファンドの原油ロングは史上最高、その背景にある需給 [投資α情報(大橋ひろこ)]
2018/01/31(水) 23:26

原油価格がまだジリジリと上昇。WTIは66㌦/㌭を挟んだ展開。北海ブレントは70㌦/㌭前後。

世界的株高が生んでいる過剰流動性が大量に原油先物市場へと流れ込んでいるとみられます。大口投機筋の買い越し建玉は連日史上最高数を更新し71万枚へ。昨年9月12日には37万枚程度でしたので4か月余りで約2倍に膨張しています。(1枚=2,000㌭)。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は石油・ガスジャーナル顧問 山内弘史氏にお話を伺いました。

WTI価格と大口投機筋の買い越し玉数はほぼパラレルに変動。投機筋の買いに引っ張られての原油高騰であることを裏付けられています。

ではなぜ投機筋はここまで買いを積み上げているのでしょうか。

①米、世界景気堅調

2017年10~12月期の米GDPは前期比年率換算2.6%増。
うち個人消費は3.8%もの増加となりました。
石油需要は今後も伸び、原油在庫も減少を続けるとした見通しが
投機筋の原油買いを呼び込んでいるものと思われます。

2017年の石油需要は2,012万㌭/日となり、過去最高の
2005年の2,080万㌭に迫る勢いです。


②アラスカよりフロリダ州を含む東海岸の方が20℃も気温が低い大寒波。

異常大寒波が襲った「直近4週(12月最終週~1月第3週)の
米国の石油需要量は2,051万㌭/日。前年比8.1%もの増加です。

中間留分(暖房油とディーゼル)需要は10.1%増,プロパンも同10.1%増。
天然ガス需要も過去最高の需要を記録した2014年1月第1週を上回る
154.7Bcfとなり,19日現在の在庫量は前年比81.6%の超低水準となっています。

寒波・大雪は通常ならばガソリン需要を減少させるのですが、
「直近4週」の同需要は5.4%増加しています。
中間留分需要10.1%増には景気好調を反映した物流の活性化による
ディーゼル需要増もかなりの部分を占めています。

石油需要の大幅増は原油処理量増加につながっており,
「直近4週」1,707万㌭/日,前年比3.0%増。
これが直近のガソリン在庫増につながっているとみられます。

では、ネガティブ要因はないのでしょうか。

原油価格が高ければ米国のシェール生産は増加します。
米国原油生産、1,000万㌭/日超は目前にせまっています。

ここからの見通しは?
詳しくはオンデマンド放送で山内さんの解説をお聞きくださいね。

***********************

2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html




小次郎講師のトレードラジオ講座~移動平均線大循環分析総集編 [大橋ひろこコラム]
2018/01/30(火) 23:46

毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座、現在第3期「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ放送中。



※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。


第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862


また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)



生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。



皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は移動平均線大循環分析を極める!いよいよフィナーレです。

移動平均線大循環分析は6つのステージがありますが、
現状がどのステージにあるのか、一目で判断ができます。

そして、そのステージ移行期がエントリーエグジットの
タイミング。このステージの変化は3つのGCとDCで出来ています。

※GC=ゴールデンクロス
 DC=デッドクロス

 
トレードは確率のビジネス。
トレードの優位性を高めるために、移動平均線の欠点を
克服し精度を高めたのが移動平均線大循環分析なのです。

移動平均線の欠点をどのように補い、克服しているインジケーターなのか。

そして、正しく使うためには?!

詳しくはオンデマンド放送で小次郎講師の解説をお聞きくださいね。
 

------------


2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組
「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!

おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)
第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開します。

ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。

詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html

「金高、原油高のゆくえは?」 [日経新聞編集委員]
2018/01/29(月) 22:49
毎月最終月曜のコメンテーターは日本経済新聞社 編集委員の志田富雄さんです。
前回、昨年末にご出演いただいたときに、原油・金ともに基調が強くなってきたとおっしゃっていましたが原油がここまで強くなったのは想定外だったそうです。
原油相場は昨年6月の42ドルが昨年の安値ですが、今66ドル台まで上げてきています。
ブレントに至っては一時71ドル台にのせ完全に70ドルを超えてきました。
40~70ドルが現行レンジという想定でしたがその上限いっぱいの状態です。
その背景を去年から振り返ると、9月のオペック総会でロシアを巻き込んでの協調減産を決め、そこで潮目が変わってきた感があると志田さん。
その引き締めの中で、世界経済がどんどん強さを増してきて、コモディティーの需要が高まり、需給の均衡が見えてきたと。
しかしその基本線があるとしてもここまで強くなるとは想定外だったというのです。
その裏にあるのはドルの動き。
ドルインデックスは、直近88と3年ぶりの安値をつけています。
今後の原油価格、金価格のゆくえを占うにはドルに注目です。
志田さんの詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね。

------------
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html
今週の放送予定(1月29日~2月2日) [山本郁コラム]
2018/01/28(日) 09:49
本物の桜はあと2か月待たなくてはなりませんが、この週末日本橋で「日本一早いお花見」を楽しんできました。
「FLOWERS by NAKED 2018輪舞曲(フラワーズバイネイキッド2018ロンド)」

このイベントは、2012年9月の東京駅のプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」(この今週の予定のコーナーでも取材しました!)や
「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などなどで知られる
映像ディレクター、デザイナー、CGディレクター、ライターなどが集まり設立されたクリエティブカンパニーNAKEDが総合演出を手掛けたものです。

FLOWERSは、生花、オブジェ、映像、インタラクティブ、香り、音楽など、様々な演出を通して、五感で楽しむ花の体験型アート展として2016年から日本橋、六本木、沖縄、名古屋でこれまでに5回開催され、来場者数は通算 25 万人超を動員している人気のイベントです。

6回目の開催となる今回は昨年も開催された日本橋のコレド室町の日本橋三井ホールが会場。
空間が植物の黄金比"フィボナッチ数列"で表現されているんですって。

「花と舞と音楽の宴」がテーマということで、輪舞曲(ロンド)とサブタイトルがつけられています。
バイオリンの演奏やダンスパフォーマンスの演出もあってとても幻想的で素敵でした。

「FLOWERS by NAKED 2018輪舞曲」は2月26日(月)までです。
スペシャルライブやワークショップといったイベントが開催される日もありますので、是非HPをチェックしてみて下さいね。
https://flowers.naked.works/2018rondo/

それでは今週の放送予定です。

1月29日(月)
志田富雄さん(日本経済新聞社 編集局 編集委員)
「金高、原油高のゆくえは?」

1月30日(火)
小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
第9回「大循環分析を極める」

1月31日(水)
山内弘史さん(石油ガス・ジャーナル 顧問)
「専門家の目~石油・エネルギーの需給動向」

2月1日(木)
小針秀夫さん(トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表)
「専門家の目~商品市場の動向と今後の見通し」

2月2日(金)
岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分、マーケット・トレンドにお付き合いください。
「私も強いドルが見たい」の真意は? [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2018/01/26(金) 20:38

こんばんは、辻留奈です。


ドル全面安です。

日銀会合後、とーーっても丁寧な説明で、テーパリングをきっぱり否定した黒田総裁。
一方ECB、ドラギ総裁は「年内利上げの可能性は非常に低い」
「景気はいいが、ユーロ高になろうと、為替は政策に影響しない」と語りました。




さらにドラギ総裁、
『【Someone  else】のコメントで、ユーロが上昇して、ドル安だ(怒)』

通貨安競争は禁止というコンセンサスを破る【誰か】に対して、一言苦言です。



Someone else って、誰のことでしょう?



ダボス会議で飛びでたムニューシン米財務長官の「ドル安は貿易に有利」発言。
ところが、またすぐトランプ大統領がドル高を支持し「私も強いドルを見たい」と逆の発言。


さて、トランプ大統領の真意はどこにあるのでしょう?
気になるその真意はオンデマンドでお聴きください。


さらには、トランプ大統領とムニューシン財務長官、
よくよく考えると、為替についての見解が、2人とも1年前と真逆になっているような・・・
そのあたりを含め岡安さんの考えと
来週のドル円予想レンジも、ぜひお聴き逃しなく!


それでは、また来週~

----------------------------------------------------------------------------------------------
2月13日火曜日18:00~東京日本橋・TOCOMスクエアで
マーケット・トレンド公開生放送&特別番組「トレードアイデア大公開!~利益を上げるポイントとは?」公開録音開催!
おなじみ小次郎講師と「TOCOMリアルトレードコンテスト(外部サイト)」第1回優秀者がトレードを成功に導くアイデア・手法を大公開。
ゴールドインゴットカードが当たるプレゼント抽選会あり!
このイベントに30名様無料ご招待。詳しくは⇒http://blog.radionikkei.jp/trend/180213event.html
全23件中 1件〜5件目を表示 [ 1 2 3 4 5 次の5件 ]