EV車、普及に課題山積~どうなる?!石油需要構造変化 [大橋ひろこコラム]
2017/12/13(水) 23:24

次世代自動車のEVシフトが大きなテーマとなっています。
フランスや英国が「2040年にガソリン・ディーゼル車の販売禁止」を打ち出し、中国やインドもこれに続くとみられていますが、ガソリン・ディーゼル車がEVに置き換わっていく流れの中で、石油など一次エネルギーの供給構造にどのような影響を及ぼしていくのでしょうか。

皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日はエネルギーアナリスト大場紀章氏に自動車EV化の実情と
想定し得るエネルギー需給構造の変化についてお話を伺いました。

そもそも現在の「EV大量普及のシナリオ」は、バッテリーコストの急速な低減が前提で
展開されています。多くのEVで採用されているリチウムイオン電池の1kWh当たりコストは、
この10年間でおおよそ4分の1にまで圧縮され、目覚ましい技術の進歩ではあるものの、
EV需要を見込んで蓄電池に使うリチウムやコバルトといった資源は高騰し始めており、
コスト低減には逆風となっています。EV車普及のスピードが読み切れないことから
大規模設備投資にも慎重にならざるを得ないというのが実情で、素材の高騰は
バッテリーコストの低減の障壁となってきます。

EV自動車の車体コストの半分はバッテリー部分。
利便性を追求するとバッテリーが大型化しコストが上昇します。
小型のバッテリーでは充電回数による劣化が早井という問題が。

また、現行の急速充電器は定格出力で多くが50kWという水準で
満充電に約30分かかり、利便性に劣ります。
出力を上げれば高速化は可能ですが、高出力化を目指せば、
これもまたバッテリー劣化を早めるという結果に。

スマートフォンのバッテリーと同じです。
2~3年も繰り返し充電を繰り返せばバッテリーが劣化しますが
基本はバッテリーの交換はできません。結局買い替えを余儀なくされます。
(技術的にはバッテリー交換が不可能ではありませんが
交換コストも高いため、結局買い替えた方がいいというのが現状)

様々な問題から、EV化が急速に進むとは考えにくいと大場氏は指摘します。

また、EVの競争力の1つが「燃費の安さ」にあります。
一般的なHVが約6円/kmであるのに対し、EVは約3円/kmと安いのですが、
この差は現行のガソリン代を前提にしています。

現在、ガソリン価格の約半分は揮発油税などの税金が占めています。
道路保守などの財源はガソリンへの課税に頼っていますが、EVの普及率が高まれば、
EVの充電などへの課税がテーマとして浮上してくる可能性が。
現状ではEVは"税逃れ商品"。
仮にガソリン並の税が課されれば、EVの燃費上の優位性はなくなってしまいます。
税制次第で競争力は変わるのです。

 

IEA(国際エネルギー機関)が11月に発表した年次報告書
「世界エネルギー展望(World Energy Outlook)」の2017年版は、
2040年に世界のEV保有台数は2億8千万台まで膨らむと予測しています。
現在の世界の自動車保有台数は約13億台。それほどのスピードではありません。

 
IEAはEVの最大普及シナリオとして9億台に達するケースの試算も行ってますが、
その場合でも単純計算で日量800万バレルの石油消費削減であり
現在の石油需要の9%弱に相当する程度です。


現状でも、自動車燃料用の石油消費は全体の35%程度しかありません。
石油消費の多くはプラスチックや薬品などの石油製品や、ボイラー燃料などの産業用途なのです。
その35%も「ガソリン20%+ディーゼル15%」であり、
ガソリン車のほとんどがEVにシフトしたとしても、トラックなどの物流で使われている
ディーゼル車の代替まで実現できなければ、大きく石油消費を減らすことにはなりません。
積載重量が重く、走行距離が長いトラックのEV化は容易でないと指摘されています。

大場氏が次世代自動車の在り方のキーワードとなってくると注目しているのが
「MaaS」Mobility as a Service(サービスとしてのモビリティ)

詳しくはオンデマンド放送で大場さんの解説をお聞きくださいね。

小次郎講師のトレードラジオ講座~三次元分析 [火曜・「小次郎講師のトレードラジオ講座~中級編」第3期]
2017/12/12(火) 23:39


毎週火曜の小次郎講師のトレードラジオ講座.
今回から第3期テキストによる放送がスタートです!!
第3期は「移動平均線大循環分析」と「大循環MACD」を究めるシリーズ。
※トレードラジオ講座は、より深く学びたい方の為に講義内容をわかりやすくまとめたテキストを有料販売しています。是非テキストをご覧いただきながらラジオを聞いてくださいね。

第3期のテキストはこちらから→https://radionikkei.shop-pro.jp/?pid=125121862

また、マーケットトレンドは18:00~18:15の15分間、
毎回TOCOMスクエアにて公開生放送。
(どなたで参加できます。気軽に見に(聞きに)来てください!)

生放送終了後はご来場の皆さまへ1時間程度の無料セミナーを毎週開催。
こちらも、どなたでもご参加いただけます。
事前連絡、予約は不要です。お気軽にお越しくださいね。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今回は第3期シリーズ第3回 移動平均線大循環分析「三次元分析」


移動平均線大循環分析では移動平均線を3本使います。
短期、中期、長期の3本の移動平均線の


①並び順 
②傾き
③間隔


を見ることで現状を把握し、次のチャンスを見出すことができるのですが、
今回は「並び順」に焦点を絞って小次郎講師に解説いただきました。


3本の移動へ金線の並び順は6つのステージに分類されます。


ステージ1からステージ6までの移動平均線の並び順の違いを
把握したら、それがどのように動いて行くのかに注目。
基本は時計回りですが、3割の相場で逆順といって逆行することがあります。


それぞれのステージで、我々投資家は何に気を付けて何に備えるべきか。


詳しくは小次郎講師の解説をお聞きくださいね。


劇的に進むアジアのデジタル革命から無人店舗、電子決済からタクシーシェア自転車まで、スマホアプリで暮らせる中国」 [亜細亜大学教授 後藤康浩さん]
2017/12/11(月) 22:03
日経平均株価は2万2938円73銭と11月7日以来ほぼ1カ月ぶりの年初来高値を更新。25年11カ月ぶりの高値となりました。
投資家心理も上向いて、コモディティーマーケットでも原油が続伸していましたね。

さて、本日のコメンテーターは、亜細亜大学都市創造学部教授の後藤康浩さん。
後藤さんにはいつもアジアを中心とした世界経済や産業についてのお話を伺っています。
今日のテーマは「劇的に進むアジアのデジタル革命から無人店舗、電子決済からタクシーシェア自転車まで、スマホアプリで暮らせる中国」

ここ5年ほど中国を中心にアジア全域で、スマホアプリを基盤とするデジタル革命が劇的に進んでいます。。
「支付宝(アリペイ)」「微信支付(ウイチャットペイ)」は中国の生活に溶け込み、現金を全く使わない暮らしが中国では当たり前になっているようです。
中国に刺激されるように、東南アジアでも電子マネーやネット通販、配車アプリが広まり、アジアでみれば日本はデジタル革命ではやや遅れた国という位置づけになりつつあるそうです。
具体例を挙げると、まず、「銀行キャッシュカード廃止の動き」
中国では現金支払いの80%以上がアリペイなどスマホアプリに代わり、銀行のATMや支店の廃止が進み、4大国有商業銀行のひとつ中国農業銀行はキャッシュカードの廃止を打ち出しました。中国ではスーパー、コンビニはもちろん屋台の店までアリペイ、ウイチャットペイで決済が出来る状況だそうです。
「ネット通販の膨張」
アリババ、京東(ジンドン=JD)の2大ネット通販は中国全体の小売りの4分の1を占めるようになっており、デパート、総合スーパーの店舗網縮小、モールの撤退が相次いでいるのだそうです。
ネットセールスの日として知られる11月11日:独身の日のアリババの売り上げは、今年2兆7000億円。
インド、インドネシアなどにもネット通販の勢いは広がり、地場のネット企業にアリババなどが出資しています。
「無人店舗、宅配店舗」
今年5月にアリババが展開を始めた生鮮食品スーパー「盒馬鮮生(ハーマーシエンション)」はネット販売だけでなく、来店客も買い物を自宅に配送してもらうオンライン、オフラインを結ぶ「O2O(Online to Offline 」モデルで世界から注目されています。これはすでに上海に10数店、北京などにも広がっているのだそうです。
一方、ベンチャーのBingoboxが始めた無人コンビニは、全商品にRFIDタグをつけ、レジで自動カウントし、スマホ決済。
システムの完成度は高く、この分野での技術標準を中国が握り始めています。

日本はリアル店舗優位、現金重視の社会で、安定していますが、アジアでは中国をリード役としてデジタル革命(デジタライゼーション)が急進展しており、日本企業がどのような立ち位置で望むかが極めて重要な意味を持ち始めている...と後藤さん。
詳しい解説はオンデマンド放送でお聴きくださいね!
今週の放送予定(12月11日~15日) [山本郁コラム]
2017/12/10(日) 22:05
以前は中目黒付近の目黒川沿いで開催されていたイルミネーション「青の洞窟」が去年から渋谷に場所を移しました。
今年も、渋谷公園通りから代々木公園ケヤキ並木まで約800メートルが青い幻想的な光に包まれています。

公園通りから青いイルミネーションが始まりますが、区役所前交差点から代々木公園までのケヤキ並木に入ると一気に青一色の世界になります。


使われているLEDは約60万球。
青い光は特別な力を持っていますね。
渋谷駅からこのケヤキ並木までがスクランブル交差点になってしまったかのような混雑ぶりでしたが、騒がしい感じがなく
ロマンチックな雰囲気をゆっくりと楽しむことができました。
夕方5時から夜10時まで、12月31日までの開催です。


それでは今週の放送予定です。

12月11日(月)
 後藤康浩さん(亜細亜大学 都市創造学部 教授)
 「劇的に進むアジアのデジタル革命」

12月12日(火)
 小次郎講師こと手塚宏二さん
『小次郎講師のトレードラジオ講座』2017年度第3期
 第3回「移動平均線大循環分析『三次元分析』」

12月13日(水)
 大場紀章さん(エネルギーアナリスト)
 「電気自動車は石油消費を減らせない?」

12月14日(木)
 亀井幸一郎さん(金融・貴金属アナリスト)
 「専門家の目~金がわかれば世界が見える」

12月15日(金)
 岡安盛男さん(FXアナリスト)
「岡安盛男のFXトレンド」

今週も1日15分1、マーケット・トレンドにお付き合いくださいね!
 
ドル円上昇の条件、さらにそろう! [金曜・岡安盛男のFXトレンド]
2017/12/08(金) 21:30
こんばんは、辻留奈です。


先週金曜日にロシア疑惑で急落し瞬間、111円40銭をつけたドル円ですが、
今週は112円台~113円ミドルを中心に推移。
111円台には強い買い意欲があり、ドル円は底堅さを再確認する1週間となりました。



岡安さんのお話では、
ドル円の上値を抑えていたものが少しずつ取り払われているとのこと。


その① アメリカ税制改革は1本化にむけて前進中!

その② アメリカ暫定予算期限の延長!債務不履行を回避!
   (2週間のつなぎ予算で可決)

その③ イギリスのEU離脱交渉が3分野で合意!
   (清算金・在英EU市民と権利・アイルランド国境問題)
    →ユーロ売り、ポンド買いでユーロポンドが動いています。

その④ ドイツ 大連立政権樹立期待
    →ヨーロッパの右傾化懸念の後退。


全般的に安心感が広がっているマーケット、
先週に引き続き、そろうドル円上昇の条件。


トランプ大統領の「エルサレムをイスラエルの首都に!」問題は
長引く可能性がありますが、
今後マーケットにずっと影響を与えるというよりは、
北朝鮮問題のように「突発的」にマイナスに反応する材料となりそうだと岡安さん。


このあと雇用統計やFOMCを控えますが、
はたして岡安さんの来週のドル円予想レンジは?


オンデマンドでご確認くださいね!


それではマーケットトレンド、来週もお楽しみに~


全26件中 16件〜20件目を表示 [ 前の5件 1 2 3 4 5 6 次の5件 ]