EV自動車とコモディティ~高止まりのゴールドの今後のポイント [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/11/16(木) 20:06

ロンドン金属取引所(LME)が2019年初めをメドにリチウム、コバルトの上場を決めたとのニュースをご存じでしょうか。なぜリチウム・コバルトの上昇なのでしょうか。ピンと来た方は自動車通。それも、「次世代自動車」。バッテリー素材としてのメタル需要の拡大を読んでのものと思われます。今年は銅やニッケル、アルミニウムなどのコモディティ価格の上昇が話題となりましたが、5年に1度の中国共産党大会開催への思惑なども相場上昇の背景にあったかと思われますが、よくよく考えてみると、全て自動車関連素材という点には注目しておきたいですね。


皆さん、ご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。
今日は金融貴金属アナリスト亀井幸一郎氏にゴールド、そしてベースメタルなどについてお話を伺いました。

今秋開催された「東京モーターショー2017」やはり話題は次世代自動車。
自動運転にEV(電気)自動車、どのような産業構造の変化があるでしょうか。
亀井さんの東京モーターショーレポートは必聴ですよ。

そしてゴールド。

好調な米国指標、株高の中でゴールド価格は1200ドル後半を維持。
リスクオン環境の中で、なぜ金価格は高止まりなのでしょうか。
亀井さんは、その背景を3点解説くださいました。

① 過去最高値の更新を続ける株式市場に対する警戒(ヘッジ)

② 地政学リスクへの警戒
・北朝鮮情勢への警戒
・中東情勢・・・サウジ(スンニ派)とイラン(シーア派)にらみ合う両イスラム大国
         そこに影を投げかける米トランプ政権+イスラエル・ネタニヤフ連合体

③ FRB利上げ政策でも上がらない米長期金利
12月のFOMC追加利上げ織り込まれているが、2.4%キャップ。

2015年~2016年は米国FOMCの利上げそのものが材料視されてきましたが
現在は、利上げによって米長期金利がどのように動くのかが重要。
金利は株式市場のとってもポイントとなってきます。

ここからのポイントはオンデマンド放送で是非亀井さんの解説をお聞きくださいね。