WTI原油価格は50ドル台で値固めできるか?! [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/11/15(水) 22:00

OPEC総会を目前に原油価格も神経質な値動きとなってきましたが、それでもWTI原油価格は50ドル台での推移。11月6日には57ドル台に乗せ2年4カ月ぶりの高値を示現。この原油高は今後も続くでしょうか。


皆さんご機嫌いかがでしょうか、大橋ひろこです。

今日は資源・食糧問題研究所 代表 柴田明夫氏にお話を伺いました。


まずは2年4カ月ぶりの原油高の背景について柴田さんに伺いました。

① 石油輸出国機構(OPEC)の減産延長
② 中東地政学リスクの高まり
③ 中国の原油輸入の増加など
―石油需給が再び均衡(Rebalance)することへの期待。

サウジのサルマン国王とロシア・プーチン大統領が10月5日、
モスクワで会談、「世界の原油市場の安定に向け、
ロシアとの協力を継続する」と表明したことが材料視されています。
2018年末まで協調減産が延長される可能性を示したことで、
市場には供給過剰解消への期待が高まりました。

また、OPECのバーキンド事務局長も「ロシアが減産期間の
9カ月延長方針をあきらかにした」と発言しており、
11月30日開催予定のOPECおよび非OPEC11カ国との閣僚会議で、
協調減産の延長(2018年4-12月)が合意される可能性が高まっていることが
足元の原油高の動力となっています。

今回の協調減産の遵守率は高くOPECの10月月報では
6月に加盟した赤道ギニアを除く加盟13カ国の9月の産油量が
日量3261万バレルで、3カ月連続のマイナスであることが確認されました。

一方で、米国シェールオイルの活動が8月以降鈍化しており、
10月29日時点の原油・ガスのリグ(掘削装置)稼働数は909基。
直近のピークである7月末の958基から減少傾向にあります。
しかし、米エネルギー情報局(EIA)によれば、2017年の
米国のシェールオイル生産量は日量600万バレル超と過去最高水準で
(原油全体の生産量は日量930万バレル)。
今後、原油価格が50ドル台を定着するようであれば
再びリグ活動が活発化する可能性があることには留意しておく必要が。


OPECが、2018年の世界石油需要見通しを前月から上方修正し、
日量9819万バレルとしたことも好感されているほか、
中国の9月の原油輸入量が日量900万バレルを超え過去最高に
なったことも強材料視されています。
2017年1-9月平均では日量850万バレルで、戦略備蓄を積み上げているとみられます。

このほか、中東でイスラム国(IS)掃討作戦で力を発揮した
クルド自治政府の治安部隊とイラク中央政府軍が対立しており、
イラク軍が北部油田都市キルクークに部隊の増派を続けていることから、
原油供給に混乱が生じる懸念も。

また、サウジではムハンマド皇太子をトップとする汚職対策委員会が、
王子11人と現職閣僚4人を含む閣僚経験者数十名を拘束するなど、
同国内の政情不安も懸念されています。こうした地政学要因も
原油の下値を支えているとみられます。

ではここからのポイントは?!
柴田氏に伺っています。詳しくはオンデマンド放送で柴田氏の
解説をお聞きくださいね。