CRBインデックス逆三尊形成、コモディティ本格上昇なるか [大橋ひろこコラム] [マーケット・トレンド]
2017/11/09(木) 20:33

コモディティ全体の値動きを統括的に示すCRB商品指数のチャートが逆三尊を形成しています。11月6日現在で一時192.83ポイントまで上げ、今年2月上旬以来9カ月ぶり高値をつけると同時に、6月の直近安値166.48ポイントからは16%もの上げ率に及んでいます。

ベースメタル群である非鉄地金が続伸していることが大きく寄与しています。銅はLME3カ月物が10月中旬に一時7134ドルまで上昇したが、これは今年の安値である5500ドルから30%上昇しただけでなく、2016年1月の最安値を起点として65%の大幅な上昇。
アルミニウムは、11月1日に一時2200ドルまで上げ、今年に入ってから30%上昇、2015年11月の大底からは53%上昇となっています。

皆さんご機嫌いかがで消化、大橋ひろこです。
トーキョー・トレーダーズ・タイムズ代表 小針秀夫氏にお話を伺いました。


また石油相場の値上がりもCRBインデックスの上昇に寄与しています。
WTI原油先物は11月に入って57ドル台にまで上昇。
11月30日のOPEC定例総会に向けての期待があるようです。

サウジを代表とするOPECと、ロシアを代表とするOPEC非加盟国は、
昨年11月に日量170万バレルの協調減産で合意し、
現在はこれを来年3月まで延長しています。
原油価格の更なる引き上げを図るため減産期限はさらに延長される見通しであり、
これが11月30日開催のOPEC総会で決まるのか、
それとも来年1月に決定されるのかが市場の焦点。
減産延長は既定路線ですので、11月30日の定例総会にそれが発表されなければ、、、、。
また、米シェール生産もポイント。
今後の見通しを小針さんに伺っています。

また、一連の商品全体の上昇の流れ、足元の米中の自動車販売台数の
堅調な数字を見るとゴムを含む産業素材商品の値動きが上向きとなると
考えるのが自然ですが、ゴム価格は軟調です。


原油相場とゴム相場とは高い正の相関があるのですが
(2002年1月~2017年11月までの相関係数は0.759、
 0.7を超えると高い相関があると言える)
 密接な連動性があることを示しているのですが、足元では
 原油高、ゴム安で逆相関となっています。

 
 ゴムの需要は伸びているのですが、生産国の増産がそれを上回っていることが
 ゴム価格軟調の背景。ゴムの下落相場が長期化していることから
 生産国らの生産調整の試みが6月と9月にあったのですが、、、
 インドネシアが減産に反対して物別れに終わった経緯が。

 
 また生産国らが生産調整に向けて動き出すか否か。
 ここからのゴム相場のポイントとなりそうです。

詳しくはオンデマンド放送で小針さんの解説をお聞きくださいね。